Lime JuiceLimeの活動日記
アウトドア・鉱物採集・鉱山探索・自然観察・廃墟・ガラクタ収集、その他なんでもあります。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
温室作りのつづき・・・Vol.2 15:59
0

    コロナの緊急事態宣言が解除されたとはいえ、ニュースでは感染者がいまだにポツポツと出るところを見ていると、何となく外出がしにくい雰囲気がまだまだありますね・・・笑

    さてそんな中、「おうち時間」の有効利用で始めた「温室づくり」が着々と進んでいます。

     

    解説文章少な目で、写真でさらっと流そうと思いまます。

     

    前回は材木に、ホゾ穴を開ける作業で終わっていますが、棟上げを行いました。

    屋根は隣の借家の屋根をこのあと解体して、続きにしてしまう計画です。

    下の写真、右側の部分が借家につなげた新しい屋根の梁

     

    基礎に柱を組み終わりです。

    ここからが細かい作業が多いので大変です。

    この部分、ホゾ穴だけでなくて梁を受けるように、下に対しての荷重を支えるために斜めに切って柱を受けています。

     

    透明なポリカーボネイト製の波板屋根が乗っかったので、この日は雨でしたが中での作業がしやすくなりました。

     

    さてさてこれから、耐震と強度を持たせるために、自作で鉄のフラットバー(艶消しブラック塗装)で作った筋交いを埋め込むための窪みを付けます。

     

    そのまま付けても問題ないのですが、柱から出っ張るので・・・ひと手間入れることで見た目にもよくなります。

    「こういう異素材を入れることで、インダストリアルデザインのようなアクセント!」にもなるのを狙います。「あえて見せる加工ってヤツですね!」

    取付用の「木ネジ」も強度を兼ね備えた特殊なものを使用しました。

    自分でやると、このような一見無駄と思われるような部分にも、こだわって手を入れれるのがいいですね! 外注に出せば勿論、費用として乗っけられます・・・笑

    作業中は、工具の切れ味も作業性を左右します。

    なので刃物はよく研いで使います。

    息子が一人で、柱に8か所に彫り込みを入れたら1日あっという間に過ぎてしまいましたね…笑

     

    さて今度は、屋根の波板との隙間をコーキング剤で埋める作業です。 この隙間があることで、熱が外に逃げてしまうのと、外部からの風の侵入を防ぎます。

    綺麗にマスキングテープを張って、波板屋根と軒柱の間にコーキングを充填します。

    ヘラで綺麗に面を出しながらの作業になります。

    細かくて根気がいる作業なので、向き不向きがありますね・・・でもこういうところにちゃんと手を入れておくことで、後々の管理としっかりした精度を出す事ができます。

    専門業者では対応できない部分に特に力を入れて出来上がりのクオリティーを目指します。

     

    さてここからは私の得意分野の熱力学の出番です。

    ここは温室なので、この屋根に使っているポリカーボネイト製の波板だけでは、夜や冬場の放射冷却には熱が逃げて行ってしまいます。 なので更に室内に「中空ポリカ板」という透明なプラダンのような形状の板を内側に設置します。

    中空ポリカの注意書きに「温室など」が書いてありました。

    これで屋根との間に1層そして「中空ポリカ」自身が持っている空間で、更に2層の断熱層を形成して温室内の熱の逃げと、冬場の屋根が冷えることでの冷気の侵入、室内の対流による温度の低下を防ぎます。

     

    夏型の高価な多肉植物にとって冬は過酷な環境でした。

    なので少しでも冬場の管理をしやすくする目的もあります。

     

    下の写真、右側の屋根は中空ポリカ板が貼られてないので、屋根の波板ポリカが見えてます。

    息子がビスのメーキングをしています。

    内側に張った中空ポリカと屋根の隙間にも、コーキングを施して熱の逃げを極力抑えこみます。

    それぞれ違った形の素材を通して太陽光が入ってくるので、光が散乱して内部がとても明るいです。

    板で押さえておいて、ビスで設置してゆきます。

    柱の組付け部分には、耐震補強金具を取り付けました。

     

    そして昨日、待望のサッシが入りました。

    サッシはさすがに組めないので、こればっかりは業者さんで行います。

    当初、窓ガラスもペアガラスにするという計画案もありました、さすがに費用面で流れましたね・・・苦笑

    多分、このサッシに一番費用が掛かっていると思います。

     

    貸している借家側は、上にらんま状の換気窓が入れてあります。

    この後、ステンレス製の網が張られた網戸が入る予定です。

    日が沈んで夜になっても、この中はすごく温かいと感じることができます。

    この後、外壁の板金作業と、外と中のコンクリートのブロック塀&床のコンクリートに防水塗装をして、栽培棚を設置すれば終了になります。

     

    これを見て「温室ってDIYで建設できるものなんだぁ〜」って思ってくれればうれしいです。

    私たちはDIYって言っても、いつも強度やクオリティー、使い勝手は最高のモノを目指したいと思っています。

    もし自分で建てたい人は、参考にしてもらっても大丈夫です・・・笑

     

    しっかりと構想を練って、建設計画を立てれば、ある程度素人でもできると思います。まぁ人が住むようなモノとなれば少し難しいですが、こういう作業小屋や温室ならちょっと大きな工作と思ってやってみるのも面白いと思います。

     

    何しろ、工務店にそのまま頼むと、特殊な物だけに費用はかさみます。

    そして、国内で市販の温室では冬場の管理は暖房や電気ヒーターを入れることが前提となっており、地域によっては電気代がバカにならないと聞いたこともあります。

     

    やはりその特殊性のため、趣味で持つにはコストの問題もあると思います。

    市販のガラス温室では、特に屋根のガラス面と枠の部分からの放熱が大きいので、こうして自分でできる優位性としては、断熱できる構造にしたり、木材を使うことで少しでも断熱を効果を持たせて、立地に合ったものを安く建設できるメリットはあると思います。

    そして少しでも、見た目もいいものを目指したいと思い計画を立てました。

     

    数年で壊れてしまうものは、最終的に費用にも労力にも無駄になります・・・そして近年来る大きな台風にも備えられるような強度を持たせました。

     

    コロナの「緊急事態宣言」の「おうち時間」・・・私たちにとっては、とても有意義な時間となりました。

     

    ではでは・・・

    | DIY | comments(2) | - | posted by Lime (ライム)
    #おうち時間・#stayhomeの暇つぶし Vol.2 ドゥルージーじゃないよ?これはスムージー? 01:07
    0

      さて、今日はお休みなのに・・・早朝に轟いた雷鳴は、ちょっとびっくりするような目覚ましアラームになりました。

      実はこの季節、日本では気象の上では、大きな季節の変わり目で、太平洋側からの暖かい空気と、大陸からの冷たい寒気が交わることが多くて、結構ダイナミックな気象イベントが起きる季節でもあるんです。

      時には雹(ひょう)が降ったり、竜巻が起こるようなこともあるので注意が必要な時期でもあります。

       

      鉱物関係で海外の文献などを漁っていると、検索条件でその語句の条件では検索に引っ掛かりにくい言葉があります。

      その一つとして、晶洞を表す言葉として海外では多用されている言葉に、「ドゥルージー」」があります。

      そのほかにも、「ポケット」、石英に覆われた空洞の隙間を「ジオード」などと分けて表現されることもあるので、検索の際はこのように単語を変えてみると、目的としている条件にたどり着くことができるかもしれませんね。

       

      さて我が家のラボデスクが今日は娘に占領されています。(私を除いて家族は、食卓って言ってますが・・・)

      それも何か面白そうな機械が出てきて、しかも娘のかなり上から目線から「今から旨いもん作ってやるので、ここでおとなしく待っているように」と注意を受けました・・・笑

      おぃおぃ・・・こんなミキサー!いつの間に購入してたんだ・・・ワクワク!

       

      マジかこれがあれば「生の大豆」からイソフラボンを抽出して、フィトエストロゲンを濃縮してエストラジオールを合成するときにも使えるじゃん!!・・・なんて頭の中に浮かぶ「ホルモンの化学構造式」を妄想でこねくり回しています・・・なんともワクワク!

      なんて・・・悪いことなんかを、待っている時間に色々と妄想しながら、その飲み物のできる過程をまったりと観察することにしてみました。

       

      どうもこれから、「シャレオツなスムージ」ってヤツができるらしい・・・なのでブログのカテゴリー分類は「DIY」であってるか少し不安!

      因みにスタバでは、「○○○○フラペチーノ」って、最近は注文するのに、舌噛みそうな名前が付けられているのもあって、公衆の面前で、出てきたモリモリにしたホイップクリームが乗っかった飲み物を、おじさんが飲むのは恥ずかしいので、こんなんが家で飲めるのは少しうれしい!

      今回は凍ったイチゴを使うらしい!

      「絶対そのまま食たほうがうまいだろ!」って落ちは無しにしてほしい!

      なんかバナナも入るらしいが、「そんなバナナ!」っていったら完全に無視!大丈夫か?

      でも31アイスに「バナナ&ストロベリー」っていうフレーバーもあるので、バナナは相性がいいんかもしれないと、黙って納得してみることに・・・笑

      イチゴを黙って1個食べてみたら、見事に凍っていて、久しぶりに「かき氷頭痛」がした。

      とにかく、変な実験より、こっち方が写真映えするのに少しジェラシーを感じる。

      私としてはこれは予想外!それも入れるの??

      「甘めに!」をオーダーしたら大量の砂糖が投入されました。

      この後、牛乳も投入されて、氷も入れてました。

      結構な爆音だよミキサー!!

      夜中にコッソリとスムージーが飲みたくなっても、この音はいただけない!

      それにバナナのおかげで、粘性が出ています。

      蓋を開けた瞬間にストロベリーの芳香が素晴らしい!

      息子は、バニラエッセンスを入れてた。

      何となく・・・スタバの雰囲気を味わいたくて・・・このグラスに注いでもらった。

      味は結構うまいなぁ〜 これからもいろんな果物でやってほしいものだ!

      ミキサーっていままで登場しなかったけど、結構面白い!

       

      多分、粉砕熱がすごいので、ミキサーのガラスの容器に冷水ジャケットとか付けたら、海外のように個人で遺伝子改良薬を作るために、いろんな生物からDNAを抽出したり、植物からアルカロイドの抽出したりと、ちょっとアレゲな実験に流用できそうな気がしてきた。考えただけでワクワクする。

       

      中古を買って、実験に使うのも悪くなさそうかなぁ〜

      #おうち時間を使って、こういう妄想する時間も悪くないと思いました。

       

      うまいぞスムージー、タピオカ入れるんなら後からのほうがよさそうです・・・「当たり前やろ!」って娘が言ってました・・・笑

       

      ではでは!

       

       

      | DIY | comments(2) | - | posted by Lime (ライム)
      #おうち時間・#stayhomeの暇つぶし 何ができるかな?? 02:51
      0

        さて皆さん・・・おうち時間満喫してますか? もうストレスが溜まってしょうがないって!

        でも今回はホント、人類が最近経験してないほどの一大事なので、それを守って少しでも感染リスクを除く努力が必要ですね。

        でも悩ましいがごとく、このお天気! ほんと少しでもストレス解消に出かけたくなるのも解らない気がします。

         

        国内ではわざとそうしているのか知りませんが、この感染症へのすさまじい病状が伝えられていません。

        前の記事にも書きましたが、何となくそのことが小出しで発表されてきてます。

        「新型コロナウイルス感染症で、血液中に血栓ができるという珍し事象が発表されています」

        海外ではすでに、この合併症の影響での死亡例や、若くてかろうじて命を取り留めても、血栓症による壊死で四肢の切断や、脳に血栓が詰まることでの重篤な意識障害の報告事例も多数あがってきています。

        これではせっかく病気が治って意識が戻っても、こんな絶望的な状況は勘弁したいもんです。

        多分・・・同じようなことが国内でも起こっていると考えられますが、詳しい報告がなかなか上がってきてないのが不思議に思えます。

         

        さて、いずれは感染するといっても、治療薬・治療方法が確立してから感染するのと、いま未知のウイルスとの臨床試験の実験材料にされるのとでは全然違います。 海外の論文でウイルス自体が微妙に変異しているという事も報告されているので、数か月前の状況とはどんどん違っていく可能性もあるんです。 だから若いから大丈夫だという考えは捨てるべきであります。

        なので、極力今の体制を維持して不必要な外出を避けて、自分さえよければいいという考えは捨てて、罹患しない罹患させないを持続できるかが正念場だと思っています。

         

        なので、少しでもこの「#おうち時間」を充実させましょう?

        普段は面倒でやれないことをやるのも時間の有効利用です・・・・

         

        なので今回は、前から買っておいた薬品類を引っ張り出してきて「あるもの」の合成を試みました。

         

        ヒント!

         々枴好きならまず知っている鉱物

        ◆(石にもなります。

         宝石質では無いものは、意外と国内でも採取可能

        ぁ\言構造的には、違う鉱物としても魅力的

        ァ〃觜修△蠅佞譴晋義任農り立っています。

         

        さて何だかわかりますでしょうか? 実際にこの方法に近い方法で合成されて商品化されているモノもあります。

         

        用意するもの・・・

        ビーカーと液体を撹拌できる装置

        それとそれを含む薬品

         

        さてこの緑色したチェックテーブルクロスがアクセント! ここが我が家のキッチンラボ(私が勝手にラボにしている場所です。)家族はなぜか?食卓と呼んでいますが・・・笑

         

        どこかの企業が推奨している「5S」なんていう、もっともらしい「綺麗ごと=実際に見た目はきれいになるのですが・・・笑」そんな理論ばかりでは、新しいモノなんて生まれてきません。

        カオスな世界から新たなるモノが生まれるんです。

         

        たまたま机に置いてあったビーカーの薬品を間違えて入れたら、今までにない強力な接着剤ができてしまったり、画期的な試薬が開発されたのも、実は偶然ではなくて綺麗に整理整頓されてない状況から生まれた産物なんです。使わない薬品で捨ててしまっていればそんな事は起こりません。

        でもこんな私でも会社では、5Sを守りましょう(苦笑)・・・整理整頓しましょう・・・と口先では言ってます。

        本音はとしては・・・

         \依・・・そんなものいつも遅れ気味!まともに来た日がないらしい(笑) これじゃやないけど

        ◆\案棔ΑΑΔ修鵑併できてりゃ、もっといい会社に入っています。そんなこと始めたらもう生きてないかも

         清掃・・・業者に任せます

        ぁ\況蕁ΑΑΔ擦瓩読呂には毎日入りましょうってこと

        ァ″拭ΑΑΑΔ修發修癲他人に言える立場ではない

        5S=きれいごとと覚えましょう!

         

        古き良き、あいまいなコンプライアンスが、これまた適当に行き届いていた昭和の研究室では、教授の使っているデスクはまさに、研究のためのデスクであったり、時には実験台になったり、ある時は探しにくい本棚でもあり、時にはすごい文献が置いてあるライブラリーであり、時には居酒屋のテーブルになったり、ピザの空箱の置き場であったり、実験が深夜に及び、疲れて隣のソファに横になれば、まさにホテルに備え付けられた、瀟洒な文卓にも変わる場所でした。

        まぁ〜見る人が見ればここもそう見えてくるはずです。

         

        この機械・・・研究をしている方にとっては一般的です。 この箱の中にモーターで回転する磁石が入っていて、1枚目の写真のように、この白い「回転子」という棒を溶液を入れたビーカーにセットすると、磁石の吸引力とそれを回転に換えた方法で、回転子が回ることで、間接的に液体を撹拌できる優れものです。正式名はスターラーといいます。

         

        ハイ!めんどくさいコンプライアンスのことは抜きにして、免許証もってけば薬局で買えます。

        しかしエタノールは今の時期色々と騒がしいので入手が難しいかもです。

        鉱物を洗浄する塩酸を含めて、こういうものがいつも怪しまれずに買える薬局と仲良するほうが、高いスキルが必要になります。

        なので、購入してからはすべて自己責任です。塩酸をひっくり返して重度のやけどを負っても、薬局のせいにしたらいけません。

        家にいる認知症のジジイが間違ってエタノールをグビグビやって救急車で運ばれても、シラは通しましょう・・・販売した薬局さんには関係ないんです。

        試験研究用以外に何に使うのか教えてほしいのですが、ケイ酸エチルっていう試薬、これがないと始まりません、この実験の主役です。

        酸化ケイ素が入っているので、ズシリと重い液体です。

        昨日から鉱物採集を始めた小学生にも、ムダ金払って旧態依然の同好会に入っている方にもわかりやすく説明すると、

        実に大雑把に言うと、エタノールというアルコールに、あの水晶がドバドバ溶かし込んである液体です。 まぁ考えても解るように、水晶が簡単に溶けるわけもなく、色々な工程を得て工業的に合成されたもので・・・

        ファンタジーの世界では道具屋で買える「水晶」を作る魔法の液体のような存在です。

        アルコールのような揮発性の高い有機溶媒は、金属と反応してこうした「アルコキシド」という複合有機金属酸化物を作ります。

        化学屋の世界では、結構いろいろなものに使いますし、半導体の製造なんかでもバンバン使われています。なので正式名の「テトラエトキシシラン」っていう名前の頭文字をとって、TEOS「テオス」って呼ばれることもあります。

        この「シラン」っていうのが、シリカで合成された有機ケイ素化合物のことになります。

        簡単に事を返せば、有機溶剤と一緒にすれば、シリカ=ケイ素もこういった液体で持つことができるという事です。

         

        もちろんアルコール系なので、燃えますし扱いを誤れば火事になります。

        あとあまり知られてない危険性としては、飛び跳ねた飛沫や揮発したヒュームなどが目に入ることで、眼球内部へ比較的簡単に侵入します。そうすると目の中で体液(水分)と反応して、加水分解することでマイクロメートル単位の球状のシリカが析出し始めます。そうすると外から分解は止められずに、眼球の内部で多量のシリカ粒子が析出することで、硝子体などの透明な部分がシリカにより白濁して、ひどいと白濁失明することになります。 でもシリカは光を通すので、完全にブラックアウトするわけではなくて、昼夜の判別くらいはできるかもしれませんが・・・笑

         

        まぁビビっててもしょうがないので、ちゃんと目を保護する「ゴーグル=保護メガネ」などを付けて、いま不人気度No.1のコロナウイルスのように危険性を知って、うまい具合に綱渡りして扱うテクは必要とされます。

        こんだけわかりやすく書いたんだから、まぁ「なんかあっても、あんたの自己責任」だよって言うことね・・・笑

        こいつも目に入ると簡単に失明するので、アルカリ性溶液は要注意!!

        あとこいつの臭いに免疫がないと、キャップを開けた途端、この場があっという間に「古い公衆便所にトリップした感覚」に陥るので要注意です、必ず換気がいい場所や、あらかじめ家族に「いいか!お前らを今から公園の古い公衆便所にトリップさせるぞ!」って言っておいたほうがいいと思います。それと、食事中とかはできれば避けたほうが、一家の大黒柱の地位は守れるかもです。

         

        あと希釈したりする工程は、家族に迷惑にならないように、必ず換気のいい場所、できればこのような「ドラフトチャンバー=通称ドラチャン≒のび太の母がドラえもんを呼ぶアクセント」で行いましょう

        ゴメンなんか生活感あふれてますが・・・笑

        なんか?おい、いきなりタオル映ってるけど・・・セコンドが放り投げても試合放棄しないから・・・

        ケイ酸エチルを計量開始!!

        エチルアルコールを入れます

        ケイ酸エチルからシリカを取り出すのは、加水分解反応なので、先ほどのエチルアルコールに水を必要量入れます。

        この後にアンモニア水を少量添加します。アンモニアは析出したシリカの表面にOH基を付加することで、ファンデルワールス力による凝集作用を抑制させます。

        アルコールと水が撹拌されて十分に混ざったところに、先ほどにケイ酸エチルを投入します。

        そして溶液を入れて約15度以下で反応を開始します。

        5分ほどすると溶液が何となく濁ってくるのが判ります。

        これからどんどん反応が進みます。

        赤色レーザー光を通すと、このような見事なチンダル現象が見れます。

        光が手前に分散して、反対側に届かなくなっています。

        これで約30分程度経過

        1時間ほどで反応が終了! 

        では何が起こっているのかなんです・・・実はこのビーカーの中に、数ミクロン程度の小さな球状シリカの球が漂っている状態です。それは屈折率も水晶と変わらない透明な球です。

        それは有機溶剤のエチルアルコールに溶けていた、酸化ケイ素が水によって少しづつ分解されて、このアルコールと水の溶液中に出てきたものなんです。

        少し難しく言うと、アルコール基に手がつながっていたケイ素の部分が、水によって切り離されてしまったので、それがケイ素の粒となって出てきた感じです。

         

        さてこれからが大変!

        数日間かけて、この細かい粒子がビーカーの底に沈殿(ゆっくりと沈む)事でその鉱物のもととなるモノが出来上がります。

        では続きは沈殿してからです。

         

        もうここまでこれば、わかった人がいるのでは?

         

        では続きはまた・・・ではでは

         

         

        | DIY | comments(2) | - | posted by Lime (ライム)
        | 1/108 | >>