Lime JuiceLimeの活動日記
アウトドア・鉱物採集・鉱山探索・自然観察・廃墟・ガラクタ収集、その他なんでもあります。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
2018年 冬型の多肉植物 21:10
0

    ここ最近、かつてないほどの最強の寒波で襲来で、雪がチラチラする日も多く・・・何となくすぐれない日が続いていました。

    でも今日は強い高気圧が来ているので、私たちの住む地域でも久しぶりの好天・・・朝は放射冷却現象で寒くなりましたが、日中はいつもより気温が高め・・・

     

    それでも南アフリカの植物たちは、季節の変化を知っています。 みずみずしい葉を出しているので、こういう日は外の雨除けのビニールハウスに出してあげます。

    室内管理ばかりだと、きちんとした光合成ができなくて、このまま夏を迎えると、この植物たちの夏場の休眠期で調子を崩すことがあります。

    このあたりは夜間はさすがに寒過ぎて出せないので、室内に入れますが・・・気温が低くてもこういう、快晴の日は朝からきちんと太陽の下に出してあげます。

    IMGP1530.JPG

    俗に言うコーデックスと呼ばれる「冬型の塊根植物」

    でっぷりとしたその幹や、細かな毛が生えた独特の形状の葉・・・それぞれ魅力がいっぱいの植物たちです。

    手前の白いカゴの中は、ケープバルブと呼ばれる球根物、クルクルの葉っぱやネジネジの葉っぱが魅力的です。 この子たちもこうやって寒風を当ててあげないと現地のような締まった本来の姿には育ってくれません。

    IMGP1529.JPG

    パキポディウム・ナマクアナム 多肉植物の好きな人には説明が要らない・・・南アフリカのナマクアランドといわれる地域がそのまま学名=名前になっています。

    長く上手に育てるとこのように素晴らしい形に成長します。

    IMGP1528.JPG

    暖かな室内管理ばかりだと、細かな毛が生えた波打った葉がダラダラと長くなってしまいますので、天気さえ良ければ多少寒くても寒風にさらした方がこのように締まった形になります。

    IMGP1526.JPG

    こちらは、ペラルゴニウム・トリステと呼ばれる種、葉が生えてない時は、植木鉢に流木がぶッ刺さったような物しか見えない

    その細くなった所から、まるでニンジンのような葉が次から次へと生えてきます。

    IMGP1525.JPG

    息子が見つけた海外論文では、現地ではこのようなフサフサの葉が大きくこんもりと茂って塊根部分が見えなくなるような状態で生育していると書いてあったそうです。

    私が学生の時に勉強した理屈では、こうやって生育と休眠を繰り返す植物は、とにかく生育期にできるだけ太陽に当てて光合成を促進させることが重要と言われています。 そうやって休眠の時に必要な養分や、復活時に使うためのエネルギーを溜めこんでいるんです。

    IMGP1527.JPG

    こちらはオトンナ・クラビフォリア・・・

    こいつも南アフリカのナマクアランドに自生しています。 室内管理だとこのようにぷっくりした葉が長く伸びてしまいます。

    天気さえよけれがこうやって、外で管理するのが本来の姿なんです。

    キク科なので、このように黄色いキクのような花が咲きます。 

    国内管理では、時期的にポリネーターとなる花粉の送粉昆虫がいないので、もう一つある株の花と強制的に受粉させています。

    種が成熟すると写真にあるような、タンポポの綿毛状のような「飛翔種」が出来上がります。

     

    山に行くと落葉が進んでちょっとさみしいですが、うちの南アフリカの植物たちを見ると日本の春が待ちどうしく感じます。

     

    ではでは・・・

     

     

    | 植物 | comments(2) | - | posted by Lime (ライム)
    正月の楽しみ・・・ゼンマイ料理 00:17
    0

      正月は家内の実家にお食事を頂きに行きます。(比較的近くの場所)

      子どもがまだ小さな時は、何日か泊ってきましたが、最近は御呼ばれを頂いたら帰ってきますが、いつも私たちの為に義母がおいしい物を沢山用意してくれています。

       

      食事を頂くと「山の物」と呼ばれる、山菜料理が出されます。 

      これは、山菜シーズンに取ってきて塩漬け保存されたものを、戻して味付けされている物もあれば、乾燥保存された物を戻して調理された物もあります。

      素朴な物ながら、その独特の歯ごたえや味にはちょっとした中毒性があり病みつきになりそうな物ばかりです。

      国内での山間部や田舎に行けばさほど珍しいものではありませんが、ブログ・ネタ的に面白いので書いてみました。

      IMGA0441.JPG

      これは調理済みの物

       

      山菜採りに行くと初心者が比較的簡単に採れて、簡単に調理できる物にワラビがあります。

      ワラビは比較的簡単にあく抜きができて、野趣あふれるその味に人気があります。

      そんなワラビも、大きくなると立派なシダ植物になる事は意外に知らない人がいますが・・・良く似たものではコゴミやこのゼンマイもシダ植物の若芽を摘んで食べているのです。

       

      でもそんな簡単に採れる山菜でも、このゼンマイだけは処理が大変で、簡単に食べれないのが逆に貴重価値を高めている山菜の一つなんです。(末端価格でキログラムあたり数万? ホントに・・・?)

      残念ながら私は、これを直接売っているの見たことないので、本当の所は不明なんです。

       

      ここであえてゼンマイの写真を使っても面白くないので、ゼンマイの実物はネットで調べてくださいね・・・。

      ゼンマイは、採ってきてすぐに食べれない、ほとんどが2次加工が必要な山菜だそうで、たとえ山で大きなザックにいっぱいに取ってきても、加工して乾燥すると両手にぎゅっと握る事ができる程度になってしまいます。

       

      私もこの作業は見たこともやったことも無いので、家内の義父に聞いた事を書きますので、実際の作業とはかけ離れているかもしれませんのそのあたりはご容赦願います。

       

      〆里辰討たゼンマイはまず、大きな釜でゆでます。

      ∵Г辰燭蘓紊鮴擇蝓△修譴鬚天気のいい日に天日に干して乾燥します。

      H省くらい乾燥したら、手で捩るようにもんでゼンマイに付いている綿毛などを落とします。

      ぃ験笋ら9割ほど乾燥したら、再び釜に入れてゆでます。(この時にカビの発生に注意しないと行けないらしいです)

      イ修侶り返しを3〜4回ほど行い、最後はカラッカラッになるまで天日で干します。

      そうなると次の写真のようになります。

      IMGA0444.JPG

      左は昨年の物、そして右は2年ほど前の物

      これ自体は、乾燥したウーロン茶の茶葉のような、独特の芳香(けっしていやな匂いではない、なんかどこかで嗅いだ事があるニオイ)がします。

      IMGA0445.JPG

      よく観察すると、よじれた跡が解かります。

      手で折り曲げても独特な弾力があって、繊維質のせいか引っ張ってもちぎる事はなかなか難しいです。

      IMGA0442.JPG

      その年の物によって色が違います。 あと古くなれば色が黒くなってくるらしいです。

      IMGA0443.JPG

      この部分はクルッと巻いた部分で、綿毛が残っています。

      ゆでれば落ちるので、付いていても問題は無いそうです。

       

      このままゆでると、水を吸って3倍程度に太さも長さも大きくなります。

      下の写真がゆでた物・・・

      IMGA0446.JPG

      ゆでた状態でも冷蔵庫の中なら数日間は保存が効きます。

      これに醤油と油、ミリンなどで味付けをして調理的には完成です。

      茹でるのも、コツがあってゆで過ぎるとダラダラになってしまい、食べる事が出来なくなるそうです。

       

      独特の歯切れ良さとその風味で、うちの子どもたちもみんな好きです。

       

      もう食物繊維の塊なので、これを食べるとお通じが良くなる現象が起きますよ・・・

       

      ではでは・・・

       

      | その他 | comments(6) | - | posted by Lime (ライム)
      ペグマタイトを探しに・・・東濃地方某所 23:15
      0

        今日は気温が上がって雨の日・・・連休最後の日

        年末にテーマ別に書きためていたブログをちょっと遅れて更新しました。

         

        以前から目を付けていた場所・・・出るかどうかは不明

        標高があるので、随分前に降った雪がまだまだ残っています・・・積雪の恐れもあって冬用の車に替えての出発

        IMGA0400.JPG

        標高を稼ぐほどに、林道にかかる橋にはこのように圧雪した雪が残っています。

        IMGA0405.JPG

        水路から飛び散る水で、アイスモンスターができてました。

        IMGA0402.JPG

        森に入りこのようなガレを探します。

        IMGA0403.JPG

        全くのあてずっぽでは話にならないので、息子があらかじめ地質図で知らべておいた場所

        いつもはサラサラのマサ土が、まるで永久凍土のごとくカチカチに凍っています。

        歩きにくい事この上ないし、滑ったら危険! まさにアイゼンが必要な状態

        IMGA0382.JPG

        数か所ほど回った場所でめぼしい場所を見つけて掘ってみました。

        IMGA0388.JPG

        ペグマタイトを掘ったら、すぐにガマ粘土に到達

        真黒なガマ粘土に包まれた水晶が出てきました。 しかし中々全面結晶している物が無い

        IMGA0397.JPG

        ガマは息子が掘っていますが、場所が悪いのと寒さで足の先が冷たくなってきます。

        あぁ〜しもやけになりそう!!

        IMGA0392.JPG

        いつもはガシガシ掘りこむ息子ですが、なんか異常に慎重に・・・よく見るとガマ粘土中に大小の黒い結晶が含まれています。

        小さなものはシャープペンシルの芯程度から、大きなものになると4Bの鉛筆の芯程度の太さまで、すぐそこに大きな水晶の頭が見えているのに、急きょ鉄電気石の太いものだけを選んで回収しながらの作業に入ります。

        IMGA0395.JPG

        手袋をしていると受け渡し時に、落としてしまいそうになるので、素手で受け取りますが、すぐに指先が冷たくなってしまいます。

        出てきたのはこれ!!

        黒い粘土をぬぐうと、久しぶりに眩しい結晶面が・・・

        IMGA0387.JPG

        柱面が無いものも登場

        何とか採れるだけ取ったら、すでに15時を回っていました。

        道が凍ると怖いので、早々に山を下りました。

        IMGA0399.JPG

        家に帰って新聞紙に広げてみます・・・

        ただの泥団子・・・(笑)

        IMGA0398.JPG

        洗う前に見てもなかなか完全体が少ない感じ・・・

        ここからは洗浄後の写真から・・・

        IMGA0410.JPG

        人工水晶のような形の平板状の煙水晶

        IMGA0411.JPG

        息子が実体顕微鏡で観察・・・形の良くない水晶は、成長の途中で電気石の結晶が貫入している事が解かりました。

        黒いものはすべて鉄電気石

        IMGA0413.JPG

        こいつがその原因・・・

        IMGA0409.JPG

        なのでこうなるともうこれ以上は成長できない感じ・・・

        IMGA0457.JPG

        稀に、このように水晶の結晶に鉄電気石の結晶が付いた物もありました。

        IMGA0412.JPG

        柱面は電気石が付着して荒れた感じの物

        IMGA0408.JPG

        別のアングルから

         

        このガマから出た比較的大きなもの・・・ポイント部分の下にある白い部分は、いったん山入りになっていて

        長石がインクルしています。 これは電気石が見当たらない・・・

        きれいな物は数少ないガマでした。

         

        みなさんが採っている物に比べれば、品質も良くありませんが・・・

        なんとかこのクセを解析すれば、ここの産上が解かる貴重なサンプルになりました。

         

        春になったらもう少し広範囲に探索できれば面白いかもしれません。

         

        ではでは・・・

         

        | 鉱物採集 | comments(6) | - | posted by Lime (ライム)
        | 1/51 | >>