Lime JuiceLimeの活動日記
アウトドア・鉱物採集・鉱山探索・自然観察・廃墟・ガラクタ収集、その他なんでもあります。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
カーリング日本代表 女子すごい! 22:55
0

    やっと天気が良くなったと思えば、風が強くて体感温度が低く感じる一日でした。

     

    オリンピツクが行われているピョンチャンはもっと寒いらしい・・・そんな中で活躍している国内代表の選手たちを応援したい

    先日、カーリング女子のプレーを見た・・・初めて見た時はルールも知らないが、見ているとなんか自分でもやれるような気がしてきた・・・たぶんそんな簡単ではないと思うが・・・なんとなく不思議なスポーツです。

    所で日本女子代表の方、みなさんチャーミングな方たちばかりですね・・・韓国でも話題になっているとニュースでもやってました。

     

    あの転がしている?それとも滑らせていると表現した方が適切だろうか? 初めて見たときには、あの「ストーン」に釘ずけになった。

    花崗岩には間違いないが、どこの石だろう?

     

    数年前には、アフガニスタンかどこかの岩場から中継してくる、アルジャジーラの放送に写った「ビンラディン」の犯行声明の中継放送にも釘ずけになった事がある・・・

    あれっ!!「後ろにでかいペグマのガマ写っとるやんけ!!」

    おい!もっちょっと右に振れよ、「おいラディンそこのけ・・・後ろ見えんぞ・・・」「おまえ!かぶるなって!!」と怒ったりしていました。あれどこの場所だったんだろう! 

     

    今回は懲りずにカーリングの石です。

    ぱっと見は花崗岩というのは解かりますが、私の見立ては花崗閃緑岩だろうと思いました。

    いろいろ調べると出てくる出てくる!「カーリングの石」と調べれば誰でも詳細な情報を得る事ができます。 興味ある方は調べてみてください。

     

    まず価格は、1個10万1チームで16個使うんで、160万也

    スコットランドのアルサグレイグ島でしか採集できない、地中のマグマが岩盤を貫いて上昇してできた、貫入型花崗岩らしいです。

    カーリングストーン.jpg

    この島は無人島らしいですが、柱状節理から均一な原石が採集できるらしいんです。

    たぶん・・・急速に冷えて固まっている花崗岩なのでペグマタイトは無いと思います。 まぁぶつかった時のカコーンという硬そうな音を聞けば、いかに緻密質なのかわかりますよね!

     

    相手のストーンに当たった瞬間、割れて中から煙水晶が出てきて氷上に散らばるシーンを想像して何故かニヤニヤしてしまいます。

    アナ1「あれ!ストーンが割れちゃいましたよ・・・」

    アナ2「選手が!何か手に持ってますね!」

    アナ1「あれっ!テリテリの煙水晶ですね!」

    とか・・・絶対にそんな事にはならないと思いますが・・・

     

    ではでは・・・

     

     

    | 自然観察 | comments(2) | - | posted by Lime (ライム)
    恵那方面探索 21:44
    0

      引き続き写真のアルバム整理から、思い出したように書きました。

      本来こういったブログは、日数がたってしまうと本来の日記ではなくなってしまう、でもある意味自分が行った場所のログにもなっているのでそれは残しておきたい。 でもそのまんま直接その場所を書けば、苦労して見つけた貴重な産地をさらすことになってしまう・・・

      時系列に沿った物は、その日の天候を入れるようにして、なるべく記憶が追えるようにしていが、覚えているには限度がある。

       

      「トレーサビリティー」もしくは日本語読みで「トレサビリティー」という言葉がある。 ご存知の方も多いと思う・・・

      会社などで生産した製品にトラブルがあった際に、その時の生産状態や原料までさかのぼれる、いわばトレーサー(追跡)できる方法論を品質管理上求められる事を言います。

      良く知られるのは、ロット番号と言われる製造した時の日時が入れられている事、普通の人はその数字を見て、「そこからあと数カ月までに使わないかんなぁ〜」と思う程度・・・・

      でもそれ以上にその製品の出所に関して、より複雑な事までも解かるような数字が書いてある物も実は存在しています。

       

      食品だと日時など記載されたデイト以外に、末尾にちょっとした英数字、たとえば「W3S4」という記入があるとする・・・

      消費者にはただの数字だが、その会社の見る人が見れば、「W=関西工場、3=第3工場、S=南 4=4ライン」で製造された製品と解かるような記載がされている。

      そのため、製品で問題が出て、回収しなければならないという事態に陥った場合、その製造したラインの「W3S4」された物だけを回収すればいいという事になり、企業としては最小限の損失ですみ、なおかつ不良品の発生した場所を的確に知る事が出来るのである。

       

      なので、製品に記載されている普通の製造年月日にも当てはまらない、ぱっと見ランダムな数字が記載されていても、その数字はその会社で決められたアルゴリズムで暗号化されている場合があり、そちらの数字の方が実は企業にとって大切な場合があるということなんです・・・

      たとえば、そのランダムそうな数字から、たとえば自社の「会社の創業年月日」を引くと、その食品を作った時の原料の受け入れた日などが出てくるというものなのだ・・・

       

      昔、日本軍は無線機の盗聴を恐れて、独自に暗号化された符号を使って通信していた事が知られている。 

      その中でも、「薩隅方言」と呼ばれる今の鹿児島県方面の方言が一部の暗号として実際に使われていた事が知られています。

       

      で・・・何が言いたいのかということなのだが・・・

      私の文章を読んでいて、文章の「揺れ」にちょっと違和感を感じる時が無いだろうか? 韻を踏む記述などなど、主語と述語の表記や修飾語の表記がおかしかったり??と思われるような記述などなど・・・「Limeの文章は何か読みにくいなぁ」って思うやつです。

      実はここには「言語乱数関数暗号」を用いて、「ここには書けないが書いておきたい採集場所の覚え」などを文章中にちりばめているため、微妙な「文章の揺れ」や「表記のゆれ」がおこってしまうわけなんです。 

      測位データーなど「漢字や言葉」は、暗号化した時に特に揺れが大きくなるため、まずは「英語に訳して」、それを関数化してから「和訳して文章を起こす」ので、どうしても記述に微妙な揺れが起こってしまいます。 

      解読には独自のアルゴリズムが必要なので、普通に読んでいただければ全然問題ない範囲と思いますので、あえて気にはしないでくださいね。(笑) 

      へったくそ!!な文章やなぁ〜と思っていただければいいです。

       

      さて・・・このブログ内の産地に行きたい時は、うまく解読すれば測位データを見る事ができて、私の行った産地の後追いができるわけなんです。 これはあくまでも自分自身の覚書きとして書いている物なので、興味が無い方はスルーしていただいて結構ですよ・・・(笑)

       

      では本題・・・

      恵那方面の探索に行きました。

      昔、川だったと思われる砂礫層に堆積した場所で鉱物を探します。水晶やトパーズなど・・・

      このような場所は森の中にありますが、普通ではなかなか発見できないと思います。

      IMGA0447.JPG

      そんなんで小指程度の水晶は採れますが、大きなものほど擦れてます・・・綺麗ではありませんが・・・

      たまにいい物も落ちてます・・・↓

      IMGA0450.JPG

      これとか・・・・

      全面ありましたが、ポイントは鈍角になって・・・大きな物はやはり擦れていますね・・・川に流れてきた証拠ですね・・・

      IMGA0449.JPG

      やっと出た!! 何故か・・・くそ重たい透明な結晶

      これ欲しかったヤツ・・・でも擦れてます(笑)透明感が無いのがいけません!

      IMGA0448.JPG

      昔、川だったんでドンブラコっと・・・大きなガマが崩れて流れてきたんですねきっと・・・

       

      まだまだ寒い日が続きますね! みなさん体調管理・・・風邪ひかないように、気を付けてくださいね

      | 鉱物採集 | comments(0) | - | posted by Lime (ライム)
      滋賀県南部某所 18:46
      0

        寒い日が続いています。

        写真のアルバムを整理してたら、昨年の記事がアップされていない事が判明しました。

        私のブログにコメントを頂ける、滋賀県在住の「黄色いゲッコー」さんとの探索報告になります。

         

        「黄色いゲッコー」さんは、虫屋さんなんです。 以前に鉱物採集行きたいということで私のブログにコメント頂いたのが出会いの始まりになります。 

        なにしろ彼は「虫屋さん」です。 いわば昆虫採集を趣味とする方なんです・・・私も虫が好きですが、採集をするまでのめりこむことはありませんでしたが、とある本を読んでその凄さを知る事になりました。

         

        虫屋の世界もこれまた奥が深くて・・・のめり込むと、鉱物の世界と変わらないくらいに底なし沼が待ちかまえていると、日本の解剖学者の「養老孟司 先生」も言っておられるくらいです。 虫屋の奥深さはその何万種類もいる虫を扱うわけなんですが、地域別に変化する個体差などもあって、そんなんをやりだしたらそれこそ、日本全土を歩きまわらなければいけないような壮大なスケール感になってしまいます。

        ゲッコーさんに色々とお話を聞くと、虫屋の世界でも意外と細分化されていて、甲虫類でもカブトムシやクワガタとかでなく、オサムシ系とか言ったように、ある種を追っかけるのが普通のようです。それでも個体差なんかが入ってくるとこれまたすごーく奥が深いようです。

        そんなかんだで、とても貴重な標本を頂いたのでちょっと載せてみました。

         

        オサムシと言うと、クワガタ採集の時に突然枯れた木から真黒いヤツがチャカチャカっと出てきて、ウワッと思うくらいのイメージしかありませんでしたが・・・

        頂いた標本から・・・写真上下はオスメスの違いですが、右から「本土」、右から2番目九州、真中から左に3個体は北海道にすむものらしいです。

        自分の中で「オサムシは黒いもの・・・」という既成概念が完全に崩れた瞬間でした。

        IMGA0453.JPG

        もうタマムシと見違うくらいの構造色が素晴らしくて、光を当てるとギランと虹色やメタリックに輝く・・・「そりゃ・・・こんなん採れたら夢中になる事間違いない」と思わずいられない瞬間でした。 貴重な標本を頂きありがとうございました。

         

        さてさて相変わらず前置きが長いですがこれからが本題・・・・

        そんな、黄色いゲッコーさんお住まいの場所に比較的近くて、雪の影響が少ない場所を選んでみました。 ここから少し離れた場所に、かの有名な田之上山があります。 地図でみて近くの道路から稜線を伝っての徒歩でのアプローチです。

        IMGA0415.JPG

        もうこのあたりの山自体が花崗岩帯なので、固められたマサの登山道が心地よいウォーミングアップになります。

        私は、鉱物はさておき・・・どんな過酷な藪になるのか内心ワクワクしています。(そっちかよ・・・)そう・・・「実はそっち」なんです。(笑)

        IMGA0416.JPG

        この時期の藪こぎは下草が少なくてあまり楽しくないですね・・・そう思っているのは私だけかも・・・もう藪が無さ過ぎて周りが丸見えすぎます。

        そんな丸見えのヤブから前方にガレが見えますので、ここに向かいます。

        IMGA0417.JPG

        出たのは白いガレ場の一番上・・・結構な急斜面に足がすくみます。

        IMGA0418.JPG

        所々に美味しそうなペグマが出てました。息子に教えられてペグマを掘るゲッコーさん

        IMGA0419.JPG

        立っているのもやっとの斜面

        IMGA0420.JPG

        おぉ、ここはすでに長石が丸見えの状態 でもこれがなかなか水晶に続かない・・・

        IMGA0421.JPG

        こうやって無駄にでかい石英脈は発達していますが、ここも出ないヤツです。

        IMGA0422.JPG

        全景出すと場所がばれちゃうんで、巧妙にトリミングしてみました。

        横はありますが、単独が少ない・・・

        IMGA0424.JPG

        写真の中心部、あの場所には単独のペグマがあるんですが、めちゃくちゃの急斜面で、さすがの息子も足がすくんでいます。

        そうそう、今日はザイルも忘れているんで・・・(笑)

        それにあっても確保するための支点も取れないんで、体一つで頑張ってくださいね! 50度位の斜面でも20mくらい滑落すれば平地なんで大丈夫だと思います。(笑)

        私は上から高見の見物です。

        IMGA0425.JPG

        なんとか降りると、とにかく足をかけるところも見当たらず! 誰でもこういう体制にならずしてはおれないような、斜面!

        そのうち、足が勝手にビートをとり始めます。(笑)

        IMGA0426.JPG

        私は比較的安全な所から、ズームで写真を撮ってます。 ゲッコーさんも大変そうでした。

        IMGA0427.JPG

        二人が攻めている場所を遠景から撮影、息子が降りようとしていた場所は、右上に見えるリッジの部分

        私は安全な場所から眺めています。 前の写真の場所と同じですが、ゲッコーさんの姿が見えませんね

        良く見ると、息子はスリングをかけているみたいです。

        ガマ粘土に当たったという声が聞こえてきましたが、何が採れたかはここからは見えませんでした。

        IMGA0432.JPG

        そこらじゅうこんな場所なので、探索してても飽きる事がありません。

        IMGA0434.JPG

        ガレを後にして、周辺の地図を確認しながら近くの林間部を移動中に、何かの飯場跡を見つけました。

        IMGA0435.JPG

        そこらじゅうに瓶が落ちてましたので、めぼしいものを拾います。

        たいして古いものは無く、昭和60年代くらいの物が中心

        IMGA0436.JPG

        天然のコケボトル化した牛乳瓶

        IMGA0437.JPG

        今のオロナミンCはこのデザインじゃあなかったような??

        でもお持ち帰りは無し・・・古ビンコレクターのMORIさんの為にもそのままで残しておきました。

        IMGA0439.JPG

        森の中の巨石を見ながら歩いていると、ため池に出ました。

        池のほとりにも白いガレ場が見えている・・・ちょっと幻想的な場所に到着です。

        このまま、池のほとりをぐるりと巻いて、この先のガレ確認しながら登り、もと来た森の中の稜線に戻りました。

        めぼしい標本はすべてゲッコーさんにもらってもらいましたが、収穫としてはいまいちだったかもしれませんね。

        ではまたご一緒できればと思います。 でも今年はどこも雪がすごくて雪解けを待たないとだめそうですね。

         

        ではでは・・・

         

         

         

        | 鉱物採集 | comments(2) | - | posted by Lime (ライム)
        | 1/53 | >>