Lime JuiceLimeの活動日記
アウトドア・鉱物採集・鉱山探索・自然観察・廃墟・ガラクタ収集、その他なんでもあります。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
地元小学校の科学クラブ講師 14:49
0

    自宅のパソコンが調子悪い・・・なので、会社のPCにて更新・・・

    私たちが住む地方、なんと今日も雨! そして今日は出勤日。

    それにしても寒い・・・まだ時雨れてはいないが、今年は、気温の変化が大きいように思えます。 テレビ番組で「黒潮が蛇行しているので雪が多くなる」などという話をしていたので、今年の冬は、雪がたくさん降るかもしれない。

    雪が多いとフィールドにでれないので、ちょっとストレスが蓄積しそうだ。

     

    たまにブログ内でも紹介している、地元小学校科学クラブでの講師のボランティアの様子・・・

    ルーティンで回している課題もありますが、たまには珍しい課題に取り組むこともあります。 そんな中今回は新しいネタをやりましたので紹介したいと思います。

     

    それは「チリモン」 えっ「ポケモン」のまちがいじゃあないの?と言われるかもしれませんが、このチリモンはちゃんとした「登録商標」まで取得しているすごいやつなんです。

     

    たぶんどこかで、気にもかけず見ていると思いますが、この時期スーパーマーケットには、シラス干しや釜揚げシラスがパックに入って鮮魚コーナーに並んでいると思います。

    地域によってはこれらを「チリメン」とか「チリメンジャコ」などと呼ばれ、みなさんの食卓に並ぶ機会も多いのではないでしょうか・・・

    ご飯に乗せて醤油をかけるだけで、贅沢な一品になるアレです。

     

    海がない岐阜県に住む私は、このような海産物にはちょっと疎いという弱点があります。(これは私だけかも・・・)

    でもさすがに、最近の小さな子供のように「切り身がそのまま泳いでいる」というほど、鮮魚の事を知らないわけではありません。

     

    このチリメンジャコやシラスを買ってきてよく見ると、本命のシラスに混じって、小さなエビやタコなどが稀に混入していることがありますよね! 実はこのシラスが水揚げされた時は、それ以上の「シラス以外の海生生物がたくさん混入しているそうなんです」

    、シラスを食用とするには、この他の夾雑生物のほとんどを選別し、分離されたものを食べているという事なんです。

    そんな中、シラス干しを製造しているある企業さんのブログがきっかけとなり、そのシラス以外の生物を、総じて「チリモン」と呼んで、理科教材にしたものが、この「チリメンモンスター=チリモン」と呼ばれているものなんです。

     

    チリモンを買うと、よく入っているチリモンの図鑑がついてくるので、グループごとにお気に入りのチリモンを探してもらう研究をやってもらいました。

    家からピンセットを持参してもらい、紙皿にそれぞれお気に入りのチリモンを探していくんですが、私はすでに老眼が始まっているんで、こんな作業は到底無理・・・

    でも子供たちはちょっとした宝探し気分で、紙に広げられたチリモンの群生から図鑑に載っているものを探し出してゆきます。

     

    ものすごく数が多いのは、小さなエビ類や小魚・・・その中に混じってさらに3mm程度のイカやタコもいます。

    みんなが一番探したいのはレア・チリモンの「タツノオトシゴ」や「熱帯性のチョウチョウウオの稚魚」

     

    こればっかりは、グループによっては入っているところと、そうでないところに分かれるので、この中から目的の物を探したときは、子供たちから大きな歓声が沸き上がります。 

    なんにでも夢中になれるのはいいことです。

    それにしても、図鑑にも載っていないものも見つけ出す眼力も発揮してくれます。 この用紙に記載されているものは、ほんの一部であり、ネットには自分の探したチリモンを同定できるようなサイトも運営されています。

    もし、図鑑にも無い珍しいチリモンが見つかれば、写真を送れば、専門家による同定と図鑑に掲載されるという取り組みまでされているんです。

    http://www.chirimon.jp/

     

    あるグループの女の子が見つけたチリモンです・・・

    右にタツノオトシゴをゲットしています。 

    気にいったものを数匹探したら、紫外線で硬化するレジンに封入して持ち帰ってもらいました。

    チリモンの群生も班の人数で割って、家でも探せるようにと、各自持ち帰ってもらいました。 

     

    この時、生徒さんから「食べれるのか?」という質問を受けましたが、チリモンの注意事項には、食用禁止と書いてあったよ・・・と伝えておきました。

    棘のあるものや、毒のあるフグの仔魚なんかも混入している事もあったり、また毒の有無も判別できていない生物も混入している可能性があるためだそうです。

     

    2時間の授業があっという間に過ぎてゆきました。

     

    ではでは・・・

    | ボランティア:小学校科学クラブ講師 | comments(4) | - | posted by Lime (ライム)
    合同採集 2017年11月03日 21:33
    0

      最近PCの調子が悪くて・・・ブログの写真がアップできない状態が治っていない・・・写真は職場のPCでアップして自宅で編集するという方法で何とか更新しました。

       

      2017年11月03日の記事になります。

      皆さま合同採集お疲れさまでした・・・

      遠方からお越しのテンカワクルスタルのSさん、ミラクルKさん、Y君、今回初めてお会いしたSさんの師匠のTさん、そしてコメントではいつもお世話になっているJさん・・・初めてお顔合わせでよかったです。 皆さま遠いところありがとうございました。

      そして、いつもお世話になっているMaさん、そしてMORIさんご夫婦までまで・・・

       

      でもね・・・

      ん〜誘った本人としては、もう少しいいものを取ってもらいたかったのですが、なかなか厳しい産地でした。

      IMGP1498.JPG

      息子が先導して、けもの道や、道とは言えないような斜面を駆け上がると、そこに到着します。

      IMGP1500.JPG

      快晴の青空をバックに、白砂青松の広大な斜面が続きます。

      場所によっては、すさまじい崖になって落ち込んでいるところもあって、かなり危険なところもありました。

      IMGP1501.JPG

      ミラクルKさんが拾った白い玉・・・T先生の解説では、石英の粒が固まった所に、再度、ケイ酸が付着してゆき丸くなったものといお話をしていただきました。

      IMGP1502.JPG

      私は、お話を聞いて石灰ノジュール(コンクリーション)みたいなものを想像していたました。

      太陽光に透かすと、メノウのような光の通し方にちょっと感動しました。

      周辺の斜面を捜すと、大小の同じようなものが落ちている場所があって、鳩が豆をついばむかの如く・・・懸命に探してみました。

      IMGP1505.JPG

      ペグマタイトを探してます。いい物がなかなか見つかりません・・・

      IMGP1504.JPG

      この雄大な景色だけは素晴らしかったです。

      IMGP1503.JPG

      大きな石英脈が見つかり、採集しているところを遠目に撮影してみました。

      ズルッと行ったら、崖に転落してしまうような危険な場所もあります。

      IMGP1508.JPG

      ペグマタイトはありましたが、ガマが開きません・・・かなり苦戦しています。

      IMGP1507.JPG

      石英脈周辺からは、2〜3cm程度の水晶がついたクラスター見つかりますが、大きな物が見つかりません。

       

      一通り見ましたが、あまり有望な産地ではなくて、この後別の場所に移動することになりました。

       

      実は、このあと下山後しましたが、私の車のキーが無いのに気づいた!! あわわ・・・

      皆さんに、次の産地に向かってもらい、もう一度この場所に戻ってくるとは・・・車のキーはザックを置いた場所に落ちていて一安心でした。 ほんとご心配おかけいたしまして、すみませんでした。

       

      Jさんに・・・「今日の一番の収穫は、車のキーですね!」と言われた時は、お恥ずかしくて・・・開けたガマに入りたい気分でした・・・ほんとうまいこと言ってくれました・・・

       

      皆さんありがとうございました。

       

      ではでは・・・

       

      | 鉱物採集 | comments(4) | - | posted by Lime (ライム)
      台風の洗礼 22:07
      0

        久しぶりに大きな台風が接近した・・・場所によっては上陸した場所もあるが、さほど大きな被害もないまま通過したのは、まさに不幸中の幸いということなのかも知れない。

         

        私としては面白い事があった・・・不謹慎と言われるかもしれないが、テレビの放送がとんでもないことになっていた。

        この日は選挙の結果放送と台風通過が重なり、番組によっては、画面左端に台風情報、下に選挙の結果速報、上部には時々チャイムと同時に表示される各種の気象警報や避難情報・・・肝心な画面の中心には候補者が映し出され、器用にも時々台風情報が流され、今後の台風予想が表示される・・・、なんじゃこれ!!テレビ放送でこんなマルチタスク放送をみたのは初めてだった。 おぃ・・・これ全部盛りやんけ! テレビ局の方向性の無さが露呈された結果なのかも知れない・・・ある意味面白すぎである。

         

        私が住んでいる地方は、昔から大きな洪水にあっていた地域と言うことあって、堤防に挟まれた輪中と呼ばれる地域がある。 今になっては相当な雨にも耐えれるように、各拠点には大きな排水機場が設けられて、そう簡単には水が着かなくなっている。

         

        実は大きな台風がやってくると、活躍するこの地域ならではのちょっと「難読」な読み方をする設備がある。

        それは・・・「陸閘=りっこう」と呼ばれる堤防の切通し部分にかかる大きな堰の事である・・・川を渡る橋は、普通堤防の上から反対側の堤防にかかる事が多いのだが、場所によっては昔からある堤防の一部を切り欠いて、そこに対岸に渡る橋や、道路をつけた場所がある。

        そのような場所は、無論堤防を切っているので、その先にある川が氾濫すると、その切り欠き部分から水が入ってくるわけです。

        なので、今回のようなあらかじめ川の増水が予想される場合は、その道を通行止めにして、その堰を閉じて水の流入を防ぐ施設の事を言う・・・

         

        その大きな設備の一つがあるのは、金華山のふもと「長良橋」の両端に作られている・・・しかもこの地域には数百か所の大小の陸閘が存在すると言われている。(小さなものは手動の場合が多い)

        この蔵にような建物の中に、鋼鉄製でできた大きな扉が収納されている。 この写真では確認できないが道には軌道(レール)が引かれていて、閉鎖作業となれば、パトカーが道路封鎖して、ステンレスのシャッターが開き、独特な警報音を発しながら、陸閘のご本尊がじわじわせり出してくる姿は圧巻であるらしい・・・(私も見たことはありません)

         

        下宿先から家に帰ってきていた息子を送るついでに、この設備の横を通る・・・大きな台風が来ている、雨も多い・・・いよいよ来るかと踏んで、その瞬間を目撃したくて、この陸閘をまたぐ国道256号線にルートを取ることにした。

        しかし、今回はそのような判断はされておらず、陸閘の閉鎖作業はみることはできなかった。

        国道256号線は、大きな道路である。 この上の写真、この先に、長良川を渡る長良橋がある。

        この大きな道を陸閘で封鎖するので、封鎖作業は某邦画の「レインボーブリッジ閉鎖できません!」では済まされないのである。

        こちらは、長良陸閘と呼ばれる施設、橋を渡った金華山の城下町、中心市街地側には国内でも最大とさsれる、「大宮陸閘」がある。 この両側を一度に観察することは不可能で、閉鎖されるような大きな台風が来た場合は、ちょっとした大きなイベントになる。(陸閘閉鎖!と翌日の新聞にも掲載されるくらい)

        電気式のモーターと不測の事態に備えて、発電機も用意されている言う・・・開閉作業には国土交通省の職員が、軌道の清掃作業から開始し、ゆっくりと陸閘が閉まって行くらしい。

        対面している受け部分には、強固なステンレスの鋼板でできた溝が設けられており、最後にここで密着作業が行われるらしい。

        高さは横の信号機と比べれば、その大きさが理解できると思う。

         

        近年では2004年(H16年)10月の台風の時に全閉された経緯がある

        ここまで振っておいて、閉まった映像が無いのかと言われそうだが、「閉鎖訓練」の時の動画がyoutubeに上がっていたので、その様子はこの動画を見てもらうといいだろう・・・

        以下にリンクを貼っておきました。(動画画面下にある設定で、スピード調整できるので、お好きなスピードでお楽しみください)

        私的には、エヴァンゲリヲンのシーンを何となく思い出してしまう・・・カッコよさがあるので好きです。

         

        長良陸閘閉鎖訓練 動画

        https://www.youtube.com/watch?v=_Vkwj0htNME

        https://www.youtube.com/watch?v=B8P7TzKpFds

        2017年06月03日に行われた訓練の様子

         

        まぁ今回も台風は大きな被害がなかったのでよかったですね・・・しかし、太平洋上には新たに22号が発生するみたいです。

         

        ではでは・・・

         

        | 自然観察 | comments(0) | - | posted by Lime (ライム)
        | 1/49 | >>