Lime JuiceLimeの活動日記
アウトドア・鉱物採集・鉱山探索・自然観察・廃墟・ガラクタ収集、その他なんでもあります。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
過去の痕跡を探しに・・・Vol.2 00:06
0

    ちょっと春の気配、朝晩はまだまだ寒い日が続きますが、日中は日差しがやわらかく暖かくなってきました。

     

    さて前回の続き・・・時間が出来たのでまたまた懲りずに「過去の痕跡を探しに行きました・・・」

    今回の場所は、地元でも知る人が余りいない、ちょっいっとマイナーな鉱山!! 鉱区指定は昭和30年代で比較的新しいが、鉱脈が枯渇して早々に休止鉱山になった場所・・・

     

    昭和40年代にかけては結構盛んに採掘がおこなわれていた場所!

    鉱山保安法がまだまだユルユルだった昭和初期のころの珍しい遺構も残っています。(私は鉱物よりもこっちの方が面白いかも)

    いたずらに荒らされている様子もなく、昔のカルバートやベルトコンベアーや選鉱機も保存良く残ってました。

    なんとも興味深い・・・来てみてよかったです。

     

    地質は堆積岩を基本とする岩石が主流、なのであまり面白いものは少ないかも?

    何よりも、過去に採集されたその鉱物には程遠い地質構成なので、若干軽めの探索にしている。

     

    IMGA0340.jpg

    もう鉱山と言えば火薬庫! 色んな意味でこれがある所は面白い鉱物がある。岩盤が固い事も推測できます。

    そして、今日までこれがこういった感じで残っている事はひじょうに稀 土塁に守られたこの先に保管小屋があるのが一般的

    火薬庫の設置には色々と面倒な規則があって、民家はもちろん、鉱区内であっても事務所や変電所などから何十m以上離しなさいなど細かな規定が沢山あります。 もちろん防犯上の設備も必要です。

     

    IMGA0341.JPG

    ここのズリで採集できる水晶の産状は、2タイプ・・・このように鉄分が多い茶色い石英質リッチな岩石のガマに剣山のように生えるタイプ

    採集しても塩酸で洗わんといかんヤツ! でも洗ったあとはピッカピカの剣山になりますよ・・・

    IMGA0342.JPG

    もう一つは、この鉱山の堆積岩中に入った大きな石英脈にのってくるタイプ

    IMGA0343.JPG

    とにかく周りに落ちている、眩しいくらいの白い石を拾えば、この程度水晶なら必ず付いているくらい!!

    でもこれが目当てでは無い

    IMGA0344.JPG

    それでも先日行った場所よりは、水晶になりにくいタイプ!

    IMGA0345.JPG

    ズリの堆積は膨大で、とにかく流れるので歩きにくい。堆積岩が散らばる中の白っぱい石を拾えば小さな水晶は必ず付いている

    IMGA0346.JPG

    もう少し大きいと面白いんだが・・・

    IMGA0347.JPG

    本来はこれが目的ではないので、ほどほどにして周り探し始めるが・・・「それが」とにかく見つからない

    石英にのってくる可能性が捨てきれなくて、とにかく白い石を拾ってしまう・・・

    今日は日差しが強くて、特に水晶のキラキラが眩しい!

    IMGA0348.JPG

    ズリでひと際目立っていたヤツ、それもここでは比較的珍しい変成受けたヤツ!

    ここにある堆積岩でもちょっと感じが違う所から産出する。

    これは特に銅鉱物の2次鉱の鉱染があってなかなかいい感じだった。

    よく見ると真黒い重たいヤツも所々に転がっているのでちょっと面白くなってきた。

    まぁそうそう遠くの場所では無いので、今日は早めの退散・・・

     

    IMGA0350.JPG

    帰りに遺構をちょっと眺めてみました。

    これ古いよ! 結構貴重かも? 多分「日立」さんが戦後量産始めた頃のヤツ!

    でも・・・企業名が右書きじゃないのでちょっと疑問!

    それでもこのころの吹き物(鋳物)は無骨ながら絵になります。

    IMGA0349.jpg

    ちょっと引いてみた感じの全景がこれ・・・圧縮機は2気筒・・・奥のエアーレシーバ・タンクは思っていたほど大きくないので

    これで削岩機は回していないかも? ただ単に計装エアーの供給用かも?(あくまでも私の勝手な推測)

    ダイナマイト用の穿孔は何でやっていたんだろうかな? ピックの先でも落ちてたら判明するのだがそれは見かけなかった。

    この形のモートルはたぶん「東芝製」!! モータバックのルーバーが斜めのヤツは古いヤツ

    残念だが銘板が腐蝕してモートルの型が解からんかった。

     

    会社で「特高受変電」いじっていると、こうやって電設で余計な所まで詮索したくなる・・・ただのスクラップなのに・・・(笑)

    しかしこの大きさのモーターでは初期駆動に負荷がかかり過ぎるかも?って勝手な疑問が湧く? 

    昭和30年代でも「スターデルタ接続」ってあったのかなぁ〜結線を追ってみたけど・・・隣の変電所のキュービクルが撤去されてて解からんかった・・・とても残念!

     

    探しに来た鉱物はここでは採集できなさそう! でももう少し回ってみても面白そうだ!

    また機会があったら来てみたい場所でした・・・(^O^)/

     

    ではでは・・・

    | 鉱物採集 | comments(4) | - | posted by Lime (ライム)
    | 1/90 | >>