Lime JuiceLimeの活動日記
アウトドア・鉱物採集・鉱山探索・自然観察・廃墟・ガラクタ収集、その他なんでもあります。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
アマゾナイトの産地へ・・・合同採集 04:03
0

    7月16日の記事

    願いがかない、お天気にも恵まれ・・・暑いのを除けば絶好の採集日和

     

    以前の合同採集会の時に息子が放った「アマゾナイトが採りたい」そんな言葉から、それがきっかけで、テンカワクリスタル:Sさん・ミラクルKさん・いつもお世話になっている、マホガニーDaliy のMaさんご夫婦が動いていただき、そのご厚意で・・・こんな素晴らしい産地を案内していただけることになった。

    これこそ鉱物採集の醍醐味であり、国内でも採れる場所がじつに限られている物だけに、その産地に行くことがかなった感動はこの文章だけでは、けっしてうまく伝わらないと思う。

    皆さんに感謝であり、標本の素晴らしさにこれまた感激した一日でありました。

     

    とても貴重な産地の為、場所詳細は省かせていただき、写真も限定させていただいた。

    ご覧になられる方には、かなり物足りなさを感じるかもしれないが、ご理解をいただきたいと思います。

    IMGA0015.JPG

    急な斜面をどれほど登っただろうか、息切れが激しく・・・ばてる寸前で、目の前に落ちている岩石に目が釘ずけになった。

    長石の一部分がまるで、海の色を落としたかのように半透明なブルーに染まっていた。

    決して大げさの表現ではなく、久しぶりに震える手で標本をつかむ・・・

    IMGA0014.JPG

    どれくらい登っただろうか?・・・これからさらに高度を稼ぐと、そのなんの変哲もない林間部が産地になのに驚いた。

    採集の仕方をSさん・ミラクルKさんに教えて頂く・・・

    コツがわかってくると、歓声が飛び交う・・・

    IMGA0019.JPG

    写真では薄く見えるが、一部結晶面が付いたものを拾った。

    IMGA0020.JPG

    比較的、日が入る場所ではその色がひときわ素晴らしく目に映る。

    IMGA0021.JPG

    時にはブルー、そして緑色にも見える、長石の結晶に色が注し写真で見るよりひときわ鮮やかな色である。

    思わず・・・日が差し込む場所を探して、かざしてみたくなる一品に感動を覚える。

    ミラクルKさんが言った「チョコミント」という、そんな表現がぴったりだった・・・

    IMGA0022.JPG

    これも結晶面があった標本・・・白い長石とのコントラストが素晴らしいかった。

    IMGA0023.JPG

    昼食後まで楽しんだ後は、別のポイントへ移動することに・・・

    途中・・・かなり急な斜面をトラバースしながら移動をしました。

    私たちは、こういう山歩きありの過酷な産地は大好きで、とにかくワクワクが止まらない・・・それに格別な標本が付いてくるのだから、もうなにも言うことはない・・・すばらしいの一言です

    ただ感動があるのみであります。

    IMGA0025.JPG

    若干みんながお疲れ気味で、冗談混じりの話を色々としていると、先きほどから急斜面の上部に探索に行った、息子から声が上がった「ガマが開いた」と・・・・

    これまたものすごい急斜面を上がって行くと、方状節理状に大きな花崗岩が重なった場所・・・Sさん達が以前、ガマを開けた横線状に当たるような場所・・・

    すでにガマ粘土から、テリのある煙水晶が出てきているところであった・・・

    IMGA0026.JPG

    とにかく斜面の角度がきつくて、立っているのがやっと・・・Sさんが足場を作ってくださいました

    IMGA0027.JPG

    上部の文象花崗岩部分がアマゾナイトになって青く色付いている・・・国内でこんなの見たのは初めてだ・・・

    下に突然穴が開いた・・・

    IMGA0029.JPG

    マホガニーdailyのMaさんにガマ堀を交代してもらい、Sさんは携帯で動画を撮影してくれました。

    IMGA0030.JPG

    ガマの粘土が出てきて、粘土に覆われたテリのある水晶が出てくる感動の瞬間です。

    IMGA0034.JPG

    うっすら青く見える長石の頭付き結晶がガマから出没・・・もう鳥肌です・・・

    実はこの後、ちょっとしたアクシデントが起こって、それをきっかけに採集は終了しました。

    谷を滑るように降りてゆき、無事に道に帰れた事はなによりです。

    IMGA0036.JPG

    IMGA0039.JPG

    IMGA0040.JPG

    IMGA0041.JPG

    IMGA0038.JPG

    小さな破片でも、ブルーが素晴らしいです。

    IMGA0043.JPG

    このほかにも、白い長石と一緒にアマゾナイトがついた物なの数点を持ち帰りました。

    この吸い込まれるようなブルー・・・曇った心の時に手に取ると、晴れが訪れるような気がする素晴らしい物でした。

     

    謝辞・・・

    テンカワクリスタルのSさんには、ほんと貴重な産地を惜しげもなく教えてくださり感謝感激です。今回も色々と参考になるお話が聞けまして、実践的なテクニックを勉強することができました事で、私も息子もとても喜んでおります。

    そしてミラクルKさんには、今回も採集中の息子の様子を気づかって頂き、待望のガマ開けをこの場でも経験することができました事・・・とても感謝です。

    そして、このような機会や日程を含め、いろいろと調整してくださった、Maさん・ご主人のtakさんにも御礼申し上げます。

     

    皆さんありがとうございました。(^O^)/

     

    ではでは・・・

     

     

     

    | 鉱物採集 | comments(8) | - | posted by Lime (ライム)
    | 1/43 | >>