Lime JuiceLimeの活動日記
アウトドア・鉱物採集・鉱山探索・自然観察・廃墟・ガラクタ収集、その他なんでもあります。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
極めるという事・・・1 「池田学・The Pen」 金沢21世紀美術館 10:35
0

    今年は梅雨入りしたというのに、ホントに梅雨に入ったのか?と思わせるような、とても過ごしやすいお天気が続く・・・まさに連発の五月晴れ(さつき晴れ)状態 

    五月とは書くが旧暦なので、実際は6月の事・・・梅雨時期に晴れる事、梅雨の合間の晴天をいう・・・

    この記事は6月10日(土)の記事になります。

     

    半年ほど前、本屋で見た、とある美術雑誌で「池田学」の事を知ることになった。

    そのページを見開いた時、その凝縮された感性の宇宙に心が奪われたのを今でも覚えている。

    10cm角を描くのに8時間以上の時間を要し、丸ペンや顔料インクを使って超細密画を描く・・・その絵には小さな動物も描かれ、時には想像上の動物や妖怪にような物、時には海洋生物までもが、細かく書いてはあるが、とても精工に表現がされていて、子どもが見てもそれは何か識別できると思う・・・現代美術なのだが、前衛すぎて・・・絵の前で困惑するような事は絶対にないと思う。

    丸ペン.jpg

    あえてネット記事の転載は割愛している・・・詳しく知りたい方は検索してみてください・・・

    展示されている美術館には、幼少の頃の絵や、駆け出しの頃の作品も展示されている。

    子どもの頃から自然に親しみを抱いていたことが、このような素晴らし良い作品を生み出す原動力になっているのかもしれない。

    山登りが好きで、クライミングも趣味にしているところに、なぜか親近感を覚えざる得ない

     

    IMGP1303.JPG

    展示されている作品は撮影ができないので、ネットで検索すれば大凡の絵を見る事が出来る。

    参考リンク http://eirnavi.jp/en17002/

    国内の個人所有も含め、今回は「誕生」という作品が目玉だ・・・今後これだけの集大成を間近で見れることは無いのではないだろうか? 出生地、佐賀県で行われ、金沢では7月09日がタイムリミットとなる。その後は東京だが、首都圏になるほど混雑が予想されるので、この際お近くの方は、この機会で絶対見ておいた方がいいと思われる。

    予兆(HP用).jpg

    津波に災害にインスパイアされた新しい作品

    これ以外でも、沢山の作品があるので必見である。

    子供でも「ウォーリーを探せ」気分で、作品中にある色々な物を探しても面白いと思う。

     

    何かを極める・・・決して簡単な事ではない・・・そこに達するまでには長い時間や経験、誰かと競うというより自分との戦いがあり、模索し苦悩することが多々あるのではないだろうか?

    誰かのやっていることを真似たり、類似のスタンスを構築するだけでは、絶対に人には感動してもらえない、しょせんマネなのだ・・・独自のスタンスを構築した先に得られる事だけが、人を感動させる事が出来ると思う

    「人が人に惹かれるのは自分には無い感性の部分」というくだりを何かの本で読んだことがある・・・まぁそういった部分が、その人の魅力になっているのだろう・・・

     

    後日談だが、この誕生という作品は、佐賀県が1億3200万円相当で購入する意向があるようだ、現代美術で作者存命でのこの価格は凄いと思う。しかもまだまだ安いぐらいではないだろうか?という意見もある。

    池田学さんが生まれた出生地が、そのまさに「誕生」という作品を購入する、ここで購入しておかなければ、必ず海外に流れてしまう可能性はありそうだ・・・

     

    「誕生」以外の作品は、「低反射ガラスで額装」されて、作品は目の前まで近づいて拝観できる。線の緻密さ作者の頭の中に広がる宇宙をこの目で確かめれる機会だと思う。

    「誕生」はメイン展示ルームで飾られている・・・そのダイナミックに迫りくる感性の作品を是非、自分の目で見て欲しい・・・

     

    ではでは・・・

     

    | お出かけ | comments(0) | - | posted by Lime (ライム)
    | 1/6 | >>