Lime JuiceLimeの活動日記
アウトドア・鉱物採集・鉱山探索・自然観察・廃墟・ガラクタ収集、その他なんでもあります。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
岐阜県洞戸村 「阿部鉱山」の探索 16:24
0

    森の木々が深く色付き、鉱物採集にはもってこいの季節が到来です。

     

    岐阜県の関市にある洞戸村は県内でも有数のスカルン鉱床の産地で、昔はいくつかの金属鉱山がありました・・・

    有名どころは、かつて透輝石の良品が採れる洞戸鉱山(杢助坑)は、鉱物マニアには一度は訪れたい場所でした。 でも最近は小さな物でも中々見つけられなく、ボウズで帰る人も少なくないと聞きます。

     

    その周辺にも、柘榴石の産地や、「梅保木鉱山」や以前ブログ内でも紹介させてもらった「恵比須鉱山」が近くにあります。

    30年ほど前に、この周辺にある「阿部鉱山産」のちょっと変わった柘榴石の標本が市場に流れたことが有りましたが、当時では場所が定かではありませんでした。

    とにかくこのあたりは山の中は無数の試掘坑道が所々にあって、名前も無く・・・記録も無い小規模の鉱山跡も多く点在しています。

    最近になって地元の猟友会に所属している方から、その鉱山の大体の位置がわかったので訪問してみました。

    IMGA0569.JPG

     

    国道256から、林道を上がった場所に、ひっそりと鉱山の神様を祀った祠が目印になります。 ここに車を駐車して向かって右側の谷沿いの荒れた道を進むと、100m程度で谷に道が消えてなくなります。 実際の鉱山まではこの先400mほど先になります。

    この時点で、90%くらいの人が、「やめた!」と断念したくなるような光景が目の前に広がってます。(笑)

    植林された杉の、間伐材が谷に無数に倒れていて歩きにくく、夏場は蛭の巣窟です。 倒れた杉を乗り越えながら、時々見え隠れする獣道程度の山道を探しながら上流に向かいます。

    IMGA0571.JPG

    今の時期は、このようなスギヒラタケが生えた倒木もかなり目にすることができます。

     

    やがて左手に植林がまばらな場所で、上部に大きな岩屋があり、握り拳大の石が無数に落ちている場所が見えてきます。ここが「阿部鉱山」のズリです。

    ズリでは柘榴石や緑色の水晶など、一般的なスカルン鉱物が拾えますが、長年の落ち葉の堆積と土砂の流れ・・・無数に生えた山アジサイが邪魔して、表面採集がしにくい状態になってます。 鉱物採集がメインの方は熊手や小さなスコップを持ってきた方が作業がし易いかもしれません。

    とにかく・・・ズリが北斜面なので、天気が悪いと薄暗い中での採集になりますので、ヘッドランプがあると探しやすいかもしれませんね! それでも、かなり目を凝らさないと見つけにくい場所なので、苦労した割にはいい物が入手しずらいかもしれません。

    因みにこの日は、ズリでの観察のみで・・・坑道は確認できてません。たぶんこの上部にある岩屋周辺に坑道があるか、もしくは埋没している可能性があると思います。

    IMGA0568.JPG

    この写真にあるような林間部を歩いてゆきます。

     

    たまたま出たモコモコのカルサイト結晶が付いた物を1個持ち帰りました。

    IMGA0572.JPG

    杉は間伐や枝払いがしてあり、きちんと管理された植林地みたいですので、むやみに木を切ったり派手なズリの掘り返しは厳禁です。

    歩きにくいので予想以上に時間が掛かりました。 慣れない方は特に時間に余裕を持って入山することをお勧めします。

     

    ではでは・・・ 

    | 鉱山 | comments(10) | - | posted by Lime (ライム)
    | 1/19 | >>