Lime JuiceLimeの活動日記
アウトドア・鉱物採集・鉱山探索・自然観察・廃墟・ガラクタ収集、その他なんでもあります。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
オペルクリカリア・パキプスの植え替え 10:02
0

    とても蒸し暑い日が続きます。

    この所、大気の状態が不安定で、各所でゲリラ雷雨が発生している所が多くなっています。

    そうそう子供たちの夏休みも後半戦に突入ですね・・・

     

    興味のない方にとってはどうでもいい事なんですが、今世の中は多肉植物(以下;多肉・・・)ブームです。 それも結構長く続いています・・・

    私も昔から着生蘭や多肉を集めていますが、これにもやはり流行が有ったりします。

    若い方は、チランジアなどちょっと前まではエアープランツと呼ばれていた植物に興味を持たれる方がとても多かったです。

    インテリアなどと相まって、お部屋のアクセントとして購入される方が多いと聞きます。

    それと見た目のいい所と、種類の多さから収集欲を駆り立てられるハオルシアと呼ばれる植物もあります。 こいつは鉱物でいうと水晶のようなもので、コレクション意欲が湧く植物です。

    種類や形が変わった物、色の変化がある物が沢山あって値段も手ごろなこともあり、育てやすさもさほど難しくないとことに、男性から女性に至るまで、万人受けして人気があります。

    でも、物によっては1つの株が数十万や数百万とする物も有って、巷には色々とざわついた事件などももうかがえ始めています。

     

    そんな中、男性陣に人気があるのは、コーデックスと呼ばれる、塊根植物の類・・・

    丸みや柱型などのサボテンとは違い、樹のような幹があって枝があるように見える不思議な形状、そして一番の魅力はそのでっぷりとした安定感ある太った塊根とよばれる部分が特徴です。

    解り易い表現をすると、マダガスカルにあるバオバブの樹形を想像されると解り易いかもしれません

     

    とにかく入手が難しく、通常の多肉植物に比べると、成長が遅く・・・そんでもって育てるのにクセがあるヤツが多いです。

     

    なので国内で種から育てる物では無く(一部はそういった物も有りますが)海外の自生地からコンテナに積まれて輸入されてきたものを入手することになるんです。

    しかし、ここが問題で・・・日本には、めちゃくちゃ厳しい植物検疫という関所があって、基本・・・泥が付いているようなものは、その関所を通ることが出来ないんです。 なので現地で、根の部分からバッサリと切り落とされて、洗われて輸入されてくるので・・・国内でそのまま鉢に植えても、根が生えていないので、蓄えていた養分を使い切ったら枯れてしまいます(ちょっと乱暴な言い方ですが・・・)

    なのでその養分が残っている間に、色々なテクニックを使って発根させる作業が伴います。 そしてこれがかなりの難関、「植物は土に植えれば育つ」程度にしか解らない方では100%失敗してしまうでしょう・・・

    何も知らずに、安いからと言って(それでも十分に高価な物なんですが)勢いでネット販売などで未発根の物を買うと、結局枯らしてしまい、数万を捨てる事になります。 たぶん出品者は、説明文には「未発根」と書いてあるはずなので、リスクを承知で自分の力量に合有った物を購入したいものです。 ここで出品者にクレームいうのはお門違いも甚だしいというわけです。

     

    私の持っているコレクションの中でもキングであり、まさに塊根植物の頂点に立つのが、この「オペルクリカリア・パキプス」とい言っても過言ではないのかもしれません。

    この植物い関しての詳細は、調べれば何ぼでも出てくるので、ここでの説明はあえて省かして頂きたいと思います。

     

    元々の鉢の底から、根が出て来てたので・・・今回はそのパキプスの植え替えをする事にしました。

    IMGA0080.JPG

    長い年月が経っているので、十分な発根している株です。

    斜めにしてもがっちりと鉢に固定されています。

    IMGA0079.JPG

    これからも株を太くしてほしいので、一回りほど大きな鉢に植え替えてみます。

    IMGA0081.JPG

    観賞用としては、小さな鉢に植えた方が見栄えがいいのですが、本来の植物の姿を発揮してもらうのは、やはり余裕を持って植え付けてあげたいです。

    IMGA0082.JPG

    細い根を切らないように、鉢から植物体を取り出します。

    植物体の根の部分に、くびれた部分があり、輸入時にこの部分から切り落とされて輸入されてきます。 もともと現地では、オペルクリカリアは、このクビレの下にもう一つイモがあって、その部分にイザと言う時の養分を備蓄していると聞いたことがあります。

    でもそんなところまで掘り下げる事も無く、かさばる事もあってか、バッサリ切られて出荷されているようです。

    写真では見えませんが、底のクビレ部分にカルス形成した部分があって、その部分から発根しているようです。

    IMGA0083.JPG

    主根となる太い根も多く、白い若い根も多いので十分に育っている様子です。

    用土は元々植わっていた物を一部流用して、篩にかけて細粒やミジンを取り除いた赤玉土に軽石を入れてから、遅延性の肥料と固形の植物活力剤を混ぜ込みました。

    IMGA0085.JPG

    元気に育ってくれることを祈りたいです。

    なにも無ければこの先何十年も生きる事が出来ます。

     

    ではでは・・・

    | 植物 | comments(2) | - | posted by Lime (ライム)
    Comment








    良い腕の筋肉ですね!
    ラピュタを思い出す根っこの形と土の付き方にみえます(笑)
    長く生きていくといいですね。
    posted by さすらいの鉱物ハンター隊長 | 2017/08/19 2:17 PM |
    さすらいの鉱物ハンター様
    ご無沙汰しております…久しぶりの記事にコメント頂きまして、ありがとうございました(^_^ゞ

    写真に写っているのは、息子なんですよ…
    まだまだ若いので筋骨隆々ですね…私ではこうまでいきません(>_<)

    そうなんですよ…この株は、ラピュタの最後のシーンに出てくるような出で立ちをしております。
    私もあの映画は好きなので、テレビで放送されると、この歳になってもついつい見てしまいます…(^_^)v

    シーズンインしたらロープワークの講習会をやりましょうね
    ではこれからも宜しくお願いします。
    posted by Lime | 2017/08/21 12:07 AM |
    << NEW | TOP | OLD>>