Lime JuiceLimeの活動日記
アウトドア・鉱物採集・鉱山探索・自然観察・廃墟・ガラクタ収集、その他なんでもあります。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
東濃地方の水晶産地へ・・・ 22:46
0

    朝晩は秋らしくなってきましたが、昼間は日差しが強くて意外と暑い・・・そんな季節

    恵那や中津川でない東濃地方にある、ペグマタイトの産地を訪ねてみました。

    同行者はMORIさん・・・いつもはご主人とご一緒される事が多いのですが今日はお一人での参加・・・私たち含め3人での探索です。

    はじめは地図で目星をつけた場所に行こうと思ったのですが、細い林道には夏草が生い茂りちょっとあきらめて・・・・

    花崗岩のガレを目指す事になりました。

    小さなガレですが、ハンターのMORIさんが早くもペグマタイトの痕跡を察知して、果敢にガマ堀を開始

    IMGA0168.JPG

    かぶっていた帽子もかなぐり捨てて、縦に続くガマを掘りこんでいました。

    でも2面や3面の光沢がある煙水晶の破片は沢山出ましたが、中々完全体が採集できず・・・

    IMGA0169.JPG

    まぁこの程度の物

    IMGA0170.JPG

    息子が掘っていた所、大きなペグマ片がゴロゴロ出るが本命は出ない。

    IMGA0171.JPG

    長石も形のいい物も出ない・・・

    そのため、別の場所に移動、ここはほんと出るかどうかも分からないような場所

    広大な斜面を下を見ながら歩きます。

    IMGA0175.JPG

    MORIさんが拾った携帯電話、かなり古いもの・・・

    ここは面白いものが沢山出ます。

    IMGA0187.JPG

    埋まっていた古いキリンレモンの瓶

    MORIさんは、最近ボトルディギングも始めたらしく、古い瓶もコレクションしていると聞いてたのである意味これも収穫の一つ・・・

    そしてついにレアものを発見

    IMGA0186.JPG

    戦時中に使われていたといわれる「統制陶器」といわれるドンブリ

    大きな欠けや割れもなくほぼ完全体・・・私はこの器の裏に記された記号を見て、まったく検討が付きませんでしたが、

    何となく特殊な物なんだろうという感じはしました。

    MORIさんに診てもらったら、「戦時中に使われていた統制品」ということを教えてくれました。

    いつの間にそんなサブカルな知識を得ていたのか、ん〜何とも素晴らしいです。

    なのでこれはMORIさんにプレゼント・・・

    IMGA0177.JPG

    ここはそこらじゅうにペグマが露出してますが、大きなものは採集できず苦戦中

    IMGA0173.JPG

    でもたまに拾えるものはこのような珍しい形の煙水晶

    これは先端が折れているのではなく、いびつな形に成長した完全体、ダンブリ形状?のような水晶

    釘頭状カルサイトの結晶にも似ていますが、水晶には間違いないです。

    IMGA0179.JPG

    崖に転がるペグマの破片を追って、崖の駆け上がり部分のガマを発見したMORIさん

    ここも果敢に攻め込みます。

    苦戦したらしいですが、1〜2面程度の物が採れただけだそうです。 

    この産地は意外と難しい場所です。

    IMGA0180.JPG

    その頃向かいの崖にて、大きな石英脈を発見した息子

    硬くて苦戦中・・・平板状の水晶の破片が沢山出ました。

    IMGA0181.JPG

    MORIさんも合流して採集開始

    IMGA0182.JPG

    MORIさんが見つけた、キラッキラの柱面がほぼ見当たらないような、ハーキマー状の両錐タイプが登場

    小さいけど何か感動!!

    IMGA0184.JPG

    なかなかこれは!というような物は採れず・・・結局時間切れで撤収になりました。

    IMGA0185.JPG

    ペグマタイトは豊富に存在するので当たればきっといい物が出ると思います。

    再度チャレンジをしてみたいですね!

     

    ではでは・・・

     

     

     

    | 鉱物採集 | comments(4) | - | posted by Lime (ライム)
    Comment








    こんばんは☆
    この場所は思ってもいない物がいろいろ拾えて面白かったですね!

    統制陶器は、Limeさんは何でもよくご存知なので知ってるかと思ってました。知らなかったのに裏を見て古いものと感づくなんて、それもすごいですが(^^)
    posted by MORI | 2017/09/26 9:05 PM |
    MORI様

    こちらこそ探索に付き合って頂きありがとうございました。
    ほんと、目的の物以外の収穫が多いのも面白いです。

    統制陶器は面白かったですね・・・
    >Limeさんは何でもよくご存知なので知ってるかと思ってました。
    私でも知らない事は沢山ありますよ・・・買い被り過ぎ・・(笑)
    特に骨董の器などは、解からないので、こんな面白いものがあるとは知りませんでした、ほんとノーマークでしたね!
    でも今回はこの陶器の事を色々と勉強できたので、知識を得るためにはありがたかったです・・・
    こんどこういう官製品について知っている先生にあうので、診てもらおうかと思ってます。

    ではでは・・・
    posted by Lime | 2017/09/26 10:35 PM |
    なるほど、写真で何処行ったのか見当ついてしまいました。
    自分もここへは2日間歩き回りましたから・・・

    ところでTakさんに言われたのですが、マニアで電動ドリルのビットをタガネとして
    使用している方をチラホラ見かけますが、何故なんでしょうか?
    posted by まに屋 | 2017/09/28 8:46 PM |
    まに屋さま

    コメントありがとうございました。
    ここは私的には面白い所ですね・・・鉱物さがし行くのですが、結構周りの自然に目が行ってしまい、鉱物採集どころではなくなることが多いです。(笑)

    ドリルビットはヘリカル・スクリューになっているのですが、ここでMORIさんが使っているのは、エアーハンマー(ブレーカー)用のチゼルです・・・手持ちタガネに対して、コンパクトでかなりの衝撃にも耐えるので誰かが使い始めたのでしょうね・・・(^O^)

    これは私の推測ですが、この強度を手持ちタガネに置き換えるとかなりの太さになり重たくなるのですが、このビットを使えば同等の強度比で太さもコンパクトになり、長いので深い作業にも適しているのという事からではないでしょうか?
    あとコストパフォーマンスにも優れていると思ってます。

    難点といえば、打撃点がタガネに比べて小さいので、ハンマーの打撃面が小さいと、打ち込みスカを食いやすいですね・・・(笑)
    まぁ慣れれば結構簡単なんですが・・・

    ちなみに私もテンカワクリスタルのSさんに教えてい頂いてから使うようになって、とても使いやすく感じています。

    ではでは・・・
    posted by Lime | 2017/09/29 8:35 AM |
    << NEW | TOP | OLD>>