Lime JuiceLimeの活動日記
アウトドア・鉱物採集・鉱山探索・自然観察・廃墟・ガラクタ収集、その他なんでもあります。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
格好いいナタの鞘を作る・・・ 16:45
0

    日差しが無いせいか、外はジンわりと寒いです。 今年は寒くなるのが早いように思えます。

    少し前まで、PCが調子が悪くてブログ更新ができなく、写真がアルバムに溜まってきたので少しづつアップしてみました。

     

    林業の学校に行っている息子が、倒木した山桜から、皮を剥いできたので、それを使ってナタの鞘を作ってみることにしました。

    購入した時についてきた鞘

    合皮が巻いてあるだけの味気ない物でした。 収まりも悪くかなりガタもあってかえって危ないという事で・・・

    家に保管してある樫の木の板を加工して、その上から桜の皮を巻く本格的なものに挑戦しました。

    普段は「真田紐(さなだひも)」で巻き結びをして、抜け防止として使っています。

    この真田紐は、寄生虫のサナダムシの由来になった紐で、サナダムシの平たい恰好が真田紐に似ていることから、そう呼ばれるようになったと聞きました。

    これ自体も決して悪い作りではありませんが、刃厚にたいしてガタが大きいそうです。

    倒木した桜の木があったので、そこから皮を採ってきました。

    これを伸ばして表面を丹念に削ると、とても丈夫な桜の薄皮を挽くことが事ができます。

    保存してある樫の木を鞘に使うので、ナタの身に合わせるようなサイズを切って、刃が収まる部分については、片方をコの字型に下ずります。実際には一枚板をえぐらないといけないので、この部分はフライス盤にセットして、フェイスミルとエンドミルを使ってくりぬき作業を行います。

    途中の写真が無いので、もういきなり張り付けたものですが、柄の部分と上下の部分は銅板巻きにして完成です。

    桜の皮は張るのがものすごく難しいことがわかりました。

    本来は膠を使うのですが、今回は化学系接着剤を使用しています。

    こういう物はちょっと手をかけるだけで、個性を出せるので面白いです。

     

    | DIY | comments(2) | - | posted by Lime (ライム)
    Comment








    いやはや、何とも羨ましい技術です。。。桜の樹皮を挽く工程とか、銅板を取り付ける工程など、大変興味があります!そんな、立派な鞘があると刀身も打ちたくなりますよね(笑)しかも、たたらの季節がもうすぐやってきますし。
    posted by ちゃーん | 2017/11/29 7:49 PM |
    ちゃーん様

    いつもコメントありがとうございます。
    作業途中の写真を携帯から誤って消してしまったので、何かいきなりできたように見えますが、試行錯誤の連続でしたよ・・・

    桜の皮を、クリーニングして薄く削るのが思った以上の大変で、何か工夫をしないといけませんね・・・
    こういった天然素材の素晴らしい所が、薄く削っても十分な柔軟性と強度を持ち合わせている所がなんとも素晴らしいですね・・・

    板金は特に難しさを感じています。 初めは金切り鋏でまっすぐ切っていく事さえできませんでしたよ・・・(苦笑)
    誰かに聞ければいいのですが、そんな事も簡単にはできないので、まぁ回数をこなし、コツをつかむ事しかないと思う今日この頃ですね・・・

    「たたら」ですか・・・いちど現地の訪れた事はありますよ・・・あれは凄い技術です。到底真似できるものではありませんね!

    ではでは・・・
    posted by Lime | 2017/11/30 10:34 AM |
    << NEW | TOP | OLD>>