Lime JuiceLimeの活動日記
アウトドア・鉱物採集・鉱山探索・自然観察・廃墟・ガラクタ収集、その他なんでもあります。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
恵那方面探索 21:44
0

    引き続き写真のアルバム整理から、思い出したように書きました。

    本来こういったブログは、日数がたってしまうと本来の日記ではなくなってしまう、でもある意味自分が行った場所のログにもなっているのでそれは残しておきたい。 でもそのまんま直接その場所を書けば、苦労して見つけた貴重な産地をさらすことになってしまう・・・

    時系列に沿った物は、その日の天候を入れるようにして、なるべく記憶が追えるようにしていが、覚えているには限度がある。

     

    「トレーサビリティー」もしくは日本語読みで「トレサビリティー」という言葉がある。 ご存知の方も多いと思う・・・

    会社などで生産した製品にトラブルがあった際に、その時の生産状態や原料までさかのぼれる、いわばトレーサー(追跡)できる方法論を品質管理上求められる事を言います。

    良く知られるのは、ロット番号と言われる製造した時の日時が入れられている事、普通の人はその数字を見て、「そこからあと数カ月までに使わないかんなぁ〜」と思う程度・・・・

    でもそれ以上にその製品の出所に関して、より複雑な事までも解かるような数字が書いてある物も実は存在しています。

     

    食品だと日時など記載されたデイト以外に、末尾にちょっとした英数字、たとえば「W3S4」という記入があるとする・・・

    消費者にはただの数字だが、その会社の見る人が見れば、「W=関西工場、3=第3工場、S=南 4=4ライン」で製造された製品と解かるような記載がされている。

    そのため、製品で問題が出て、回収しなければならないという事態に陥った場合、その製造したラインの「W3S4」された物だけを回収すればいいという事になり、企業としては最小限の損失ですみ、なおかつ不良品の発生した場所を的確に知る事が出来るのである。

     

    なので、製品に記載されている普通の製造年月日にも当てはまらない、ぱっと見ランダムな数字が記載されていても、その数字はその会社で決められたアルゴリズムで暗号化されている場合があり、そちらの数字の方が実は企業にとって大切な場合があるということなんです・・・

    たとえば、そのランダムそうな数字から、たとえば自社の「会社の創業年月日」を引くと、その食品を作った時の原料の受け入れた日などが出てくるというものなのだ・・・

     

    昔、日本軍は無線機の盗聴を恐れて、独自に暗号化された符号を使って通信していた事が知られている。 

    その中でも、「薩隅方言」と呼ばれる今の鹿児島県方面の方言が一部の暗号として実際に使われていた事が知られています。

     

    で・・・何が言いたいのかということなのだが・・・

    私の文章を読んでいて、文章の「揺れ」にちょっと違和感を感じる時が無いだろうか? 韻を踏む記述などなど、主語と述語の表記や修飾語の表記がおかしかったり??と思われるような記述などなど・・・「Limeの文章は何か読みにくいなぁ」って思うやつです。

    実はここには「言語乱数関数暗号」を用いて、「ここには書けないが書いておきたい採集場所の覚え」などを文章中にちりばめているため、微妙な「文章の揺れ」や「表記のゆれ」がおこってしまうわけなんです。 

    測位データーなど「漢字や言葉」は、暗号化した時に特に揺れが大きくなるため、まずは「英語に訳して」、それを関数化してから「和訳して文章を起こす」ので、どうしても記述に微妙な揺れが起こってしまいます。 

    解読には独自のアルゴリズムが必要なので、普通に読んでいただければ全然問題ない範囲と思いますので、あえて気にはしないでくださいね。(笑) 

    へったくそ!!な文章やなぁ〜と思っていただければいいです。

     

    さて・・・このブログ内の産地に行きたい時は、うまく解読すれば測位データを見る事ができて、私の行った産地の後追いができるわけなんです。 これはあくまでも自分自身の覚書きとして書いている物なので、興味が無い方はスルーしていただいて結構ですよ・・・(笑)

     

    では本題・・・

    恵那方面の探索に行きました。

    昔、川だったと思われる砂礫層に堆積した場所で鉱物を探します。水晶やトパーズなど・・・

    このような場所は森の中にありますが、普通ではなかなか発見できないと思います。

    IMGA0447.JPG

    そんなんで小指程度の水晶は採れますが、大きなものほど擦れてます・・・綺麗ではありませんが・・・

    たまにいい物も落ちてます・・・↓

    IMGA0450.JPG

    これとか・・・・

    全面ありましたが、ポイントは鈍角になって・・・大きな物はやはり擦れていますね・・・川に流れてきた証拠ですね・・・

    IMGA0449.JPG

    やっと出た!! 何故か・・・くそ重たい透明な結晶

    これ欲しかったヤツ・・・でも擦れてます(笑)透明感が無いのがいけません!

    IMGA0448.JPG

    昔、川だったんでドンブラコっと・・・大きなガマが崩れて流れてきたんですねきっと・・・

     

    まだまだ寒い日が続きますね! みなさん体調管理・・・風邪ひかないように、気を付けてくださいね

    | 鉱物採集 | comments(4) | - | posted by Lime (ライム)
    Comment








    ブログにそんな秘密が隠されていたんですね!きっと私には読み解けないですが(;´д`)
    車横付け産地のブログにてアドバイス頂いたポンです。その節は本当にありがとうございました。あの後もブログを読ませて頂きながら自分にできる採集を行っています。先日、採集に行き、花こう岩?に入っている?鉄電気石ではないかというものを拾い、勝手に決めつけ喜んでいたのですが、調べると黒雲母が長細く見えているのか、普通角せん石がそう見えるのか他のものなのか全くわからないのです。素人でおかしな事を言っていたらすいません。三重博物館に石鑑定をしているか問合せをしたけれど、なしのつぶてで…。こういう場合、Limeさんはどのように石を見分けていますか?質問ばかりで申し訳ありません。しかも長々とすいません…
    posted by ポン | 2018/02/25 8:05 PM |
    ポン様

    コメント頂きましてありがとうございます(*^^*)
    そして寒いのに採集お疲れさまです!(^-^)/
    良いものが採れましたでしょうか?
    鉄電気石と風化した雲母、小さな結晶だと初めのうちは目視では慣れないと見分けるのが難しいですよね…

    まぁある意味こうして、間違いに気付きながら学んでいくのが、この鉱物採集の楽しみなのかも知れませんよ…(^_^)v
    焦らずにやっていきましょうね

    私も昔は「思い込み標本」を一杯持ってましたね…トパーズであってほしい石とか…(。>д<) 海岸て拾った翡翠じゃない石とか…やっぱり翡翠じゃあなかったりしました(笑)

    先ずは、ガイドブックや論文で過去にその辺りて電気石が採集できているかですね…
    採れると書いてあれば、期待できますね…
    あと花崗岩だと思っている母岩が、実は花崗閃緑岩や閃緑岩だと、物によっては立派な角閃石がついてる場合が多いですね、母岩となる岩石を覚えるのもある意味近道になるかも知れませんよ…

    あと私の場合は拡大して観察してみる事をやります。そして拡大したまま虫ピンなど細い針でつつき硬度を調べることもします
    それでも解らなければ、奥の手…会社の分析装置にかけることもよくやってますね…

    後は色んな標本を見て場数を踏むのが一番勉強になります。
    多分、雲母か風化した角閃石だと思いますが、鉄電気石なら、やっぱり鉄電気石らしい風格がありますよ!

    ミネラルショーは行かれますか? 買わなくても色々な標本を見るだけでとても勉強になりますよ…
    安い物でもいいので、基本となる標本を持っていると、判定の決め手になりますので参考にしてください! 例えばトパーズとかもその一例です…

    採ってから右往左往するのではなくて、先ずはこの母岩ならどんな石が採れるのだろうがとか、推測しながら挑まれる方がいいかも知れませんね…頑張ってください

    こんな感じでいいでよろしかったでしょうか?

    ではでは…
    posted by Lime | 2018/02/26 12:41 AM |
    早速の返信ありがとうございます!そうですねまず母岩ですよね…勝手に花こう岩だと思い込んでいました。一応、鉄電気石が採れる産地ではあり、なおかつ近くにその地域の鉱物標本が見れる施設がありそれを見てからだったので大興奮してしまいました…。
    川原や海辺で探せる…という本を参考に川原で採集したものです。拡大してよく見てみます!爪で削っても剥がれないならLimeさんのおっしゃる通り角せん石なのかも!そうだとしても黒雲母でも、私にはとても嬉しい気がします。今までそんな標本すら拾えていなかったので…
    ミネラルショー大好きです、春の大阪にも参加します!色んな標本をたくさん見て勉強します!
    でもLimeさんに見ていただけたらすぐ何かわかりそうですね笑
    夜遅くに失礼しました。
    ブログの更新、楽しみにしています。
    posted by ポン | 2018/02/26 1:36 AM |
    ポンさま

    お返事遅れてすみませんでした。
    鉄電気石が採れる地域ならば、その可能性は高いと思いました。
    電気石は角閃石と比較しても、独特の光沢と縦の条線があるので、見分けられるかもしれませんね。

    >私にはとても嬉しい気がします。今までそんな標本すら拾えていなかったので…
    初めはそうですよね・・・私も始めたばかりのころには5mm程度の水晶を拾えるだけで喜ん出ましたが、最近は欲望に駆られてダメになりそうです・・・あはは(苦笑)

    >でもLimeさんに見ていただけたらすぐ何かわかりそうですね笑
    名古屋のミネショーで、とある同好会が鑑定をやっているので、持ち込んでもいいかもしれませんよ・・・

    >夜遅くに失礼しました。
    >ブログの更新、楽しみにしています。

    夜は遅くても大丈夫ですよ・・・ブログも楽しみにしていただきまして、ありがとうございます。
    こうやってお言葉いただけると、更新意欲がわきますよ! ほんと感謝の言葉しか見つかりませえんね・・・(^O^)/

    ではまた何かあれば気軽にコメント入れてくださいね
    よろしければメールアドレスもお願いします。

    ではでは・・・
    posted by Lime | 2018/02/27 2:07 PM |
    << NEW | TOP | OLD>>