Lime JuiceLimeの活動日記
アウトドア・鉱物採集・鉱山探索・自然観察・廃墟・ガラクタ収集、その他なんでもあります。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
海外の鉱物同好会はすばらしい! 10:19
0

    秋晴れの過ごしやすい気候が続いている。

    しかし朝晩が随分と涼しい!を通り越し、寒いと思うような日もあるので、体調管理は気を付けなければいけない時期になりました。

     

    私のつたないこのブログでも結構なアクセス数があります。ほんといつも見てくれている皆さんのおかげで、何とかここまでやってこれました。 もういつも感謝の気持ちでブログを書かせてもらっている今日この頃なんです。

     

    また、このブログをきっかけにして、鉱物に限らず色々な分野の方々と交流が始まる事も楽しくて、新しい物事の考え方などを勉強させてもらえることも、ここまで続けてこれたモチベーション維持に一役買っているわけなんです。

    勇気を出して?・・・(笑)アクセスしてくださった皆様、ほんとうにありがとうございます。

     

    特に今までの傾向を見てみると、鉱物採集の記事に高いアクセス数が付くようで、植物関係やほかのネタでは結構伸び悩む事もあります。 

    先日の記事でも書きましたが、このブログ内でも産地が荒れる事を恐れて、写真を含め詳細は随分と差し控えて書いていますので、折角見てくださっても産地が分からなくて、やきもきするような内容になってしまっている事はほんと申し訳なく思います。

     

    あとこれは自分自身のスタンスなので誤解がないようにしたいですが、ブログ内で採集品の自慢話だけになるのはイヤなので、採集品もあえて2〜3流品の写真を掲載させてもらっています・・・このスタンスは続けるので、今後もご容赦頂き見てくれると嬉しく思います。 なのでインスタも今のスタンスを続けるうちはやらないと思います。

     

    地元の小学校で行っているクラブ活動の講師でも、今までは鉱物や地質の事は一切取り扱ってはきませんでした。

    これは、自分の中で「全て鉱物に染まる事」をあえて避けていた結果でもあります。 

    しかし最近になって、このブログを知る親さん方からも、「子供たちに地質や鉱物の事を教えてほしい」との要望があったので、これからは少しづつでも地質鉱物ネタを入れていこうかと考えています。(限られた時間内にフィールドに連れ出すわけにもいかなく、とっかかりが難しく思い、只今考え中ですが・・・)

     

    今のこの日本では鉱物採集を続けてゆくには、なかなか難しい状況になっています。 特にフィールド採集に重きを置くと、採集禁止や枯渇の問題がいつも前に出てきます。 それと「物を蒐集する趣味」自体が、若者に人気が無くなってきていると・・・なにかの情報誌の記事で読んだ事がありました。 

    あと初心者の方が踏み込みにくい環境もあるように思えます。「よく言われる、とっかかりが解らない・・・」といった現象が起きているわけで・・・

    それをいうと頭ごなしに「初心者は同好会に入って・・・」とかよく言われますが、現実はとてもシビアです。

    私の知り合いもとある同好会に入っていましたが、高い入会金を払って、そこでモチベーションを継続するのは中々難しいと嘆いていました。あえていうと「費用対効果」の問題らしいです。(訳は教えて頂きましたが、ここではあえて理由は書きませんが・・・)

     

    そんな中、昔から見ている海外の同好会のページを紹介しておきたいです。 たぶん知っている方もいると思いますが、改めて紹介する機会も無かったので、この際リンクを貼っておきます。

     

    内容は英語ですが・・・採集風景や採集場所の写真多いので、日本とは違ったその風景を見るだけでも、一見の価値はあると思います。

    英語表記でも鉱物名くらいは誰でもわかると思いますし、そんな難しい英語でもないので、それを見印にページをめくってみるのも面白いと思います。

     

    随分昔に私も海外の石友(採鉱学者)からこのページを教えてもらった際、この冒頭の文章を見て思わず笑ってしまいました。

    ページ冒頭にある「99% Digging 1% talk」というふれこみが、如何にも楽しそうな感じがします。

    まあ直訳すると「じじいの長話はいらないので、とにかく掘ってみよう!!」の裏返しなんでしょうね・・・(笑)

    http://www.wncrocks.com/magma/magma.html

     

    まぁうらやましいくらいに、フィールド採集の多さと、採集できる鉱物の大きさと素晴らしさは、ちょっと国内では難しいような物が多いですが・・・。 逆にここまでやってくれれば、年会費高くても入る価値はあると思います。

    「費用対効果・顧客満足度ナンバーワン!」というようなどこかの保険会社のキャッチフレーズがぴったりです。

    稼働鉱山や休止鉱山にも許可を取って入っているようなので、アメリカではこういった風土が根付いているのが・・・なんでも禁止にしてしまう、リスク回避第一主義の日本と違うところなんでしょうね・・・そんな環境がうらやましい限りだと思って、いつもみています。

     

    では月のきれいな秋の夜長を、海外の採集風景をネットで見ながら、楽しむのもいいかもしれませんね・・・(笑)

     

    ではでは・・・

     

    | その他 | comments(8) | - | posted by Lime (ライム)
    Comment








    Limeさんこんにちは♪
    何これ〜本当にうらやましすぎます!
    採れてるもののスケールが凄すぎて、USA!o(^o^)oって感じですね。
    面白いページを教えて下さってありがとうございます。
    posted by mori | 2018/10/25 3:42 PM |
    やってみて、教えてもらって気が付く事ですが、鉱物採集ってとても特殊な事をしてる訳でも無いですもんね。足下に落ちている鉱物を探しながら山登りをすればそれも立派な鉱物採集(もちろん知識や見るべきポイントはありますが)。
    虫捕りもそうです。
    ただ、日本に限らないのかもしれませんが、野山から何かを持って帰るハードルが高いですね。何処にどのように許可を取ればいいのやら。
    虫の場合は公的な採集禁止の場所を調べるだけで一苦労です。
    その辺りが明確に、持続的に鉱物採集出来る環境になるといいですね。
    posted by 黄色いゲッコー | 2018/10/25 8:42 PM |
    mori様

    いつもコメントで盛り上げて頂きましてありがとうございます。

    まままままっさに!!UUUUSA! USA!ですね・・・肉食の国はスケールもでかいですね・・・(笑)ほんと楽しそうです。

    重機で崩させてもらっているシーンもあるので、稼働中の鉱山に入っているのでしょうね! 鉱山からコネクションを見つけてくる上手な人が会の中にいるんでしょうね!

    これなら年会費100ドル以上払っても入りたいですね!

    しかしこの同好会の活動って凄すぎますよね! 参加者のスケールも普通でないですよ・・・よくある普通の採集会なのにキャンピングカーとかで乗り付けているので・・・

    即売会もやっているようなので、世界を飛び回っているテンカワさんが買い付けに行ってくれると、きっとレアな物が入手できそうですね・・・

    ではでは・・・
    posted by Lime | 2018/10/25 10:51 PM |
    黄色いゲッコー様

    先日はお疲れさまでした。

    そうなんです・・・言うほど特殊な事をしている訳ではないのですが・・・しかしいい物を採ろうとするとなると、その取っ掛かりが何となく雲をつかむがごとく・・・初心者の方が困るのはそういったOJTの場が少ない事ですよね!
    地質を追うように慣れれば、色々と解かってきてほんと奥が深いと思いますね!

    ではでは・・・
    posted by Lime | 2018/10/25 11:00 PM |
    同好の会を活用できるかどうかは本人の問題かと

    独力では得られない知識(鑑定力)が得られるのは同好のつながりの良さだとは思っています
    産地情報などもある程度の図々しさも必要ですし
    最近の動向見ていると中途半端に興味持っているのがタチが悪いように感じますね
    きれいな鉱物だけを求めて同じ産地に通いつめて結果産地を荒らす事が多いように感じます
    posted by まに屋 | 2018/10/25 11:16 PM |
    まに屋様

    いつもキレのあるコメントありがとうございます。

    まぁ結局どこまで深入って活用していけるか?が問題なんでしょうが・・・? たぶん情報欲しさだけでは難しいんでしょうね・・・まに屋さんとは違って・・・ただ簡単に採集ができると思っている人たちは多いのではないでしょうか?

    >産地情報などもある程度の図々しさも必要ですし
    まぁ・・・それもスキルかと思います

    >きれいな鉱物だけを求めて同じ産地に通いつめて結果産地を荒らす事が多いように感じます

    そうですね事に水晶などヒカリ物を求める人は多くなるばかりなのですが、産地が追いついていないように感じています・・・
    私の好きな金属系鉱物なんかは、最近ではあまり見向きされないので時にさびしく思いますね・・・(笑)

    まぁ色々と制限が多い中でやっているので、いつもみんなが楽しめれる何かいい方法が無いかと、ついつい考えてしまいますね・・・

    ではでは・・・
    posted by Lime | 2018/10/26 12:29 AM |
    はじめまして
    最近、鉱物に興味を持ちようになり、Limeさんのブログを見つけました。
    面白いページのご紹介ありがとう御座います。
    先々週、皇海山に行ったのですが、登山口までの2時間弱の林道には、「林道は荒れているので自己責任で判断し、利用して下さい」という主旨の看板が20〜30もありました。最近特に増えたとの事。理由を宿泊したペンションのオーナーに確認すると「パンクやじこを起こして、村役場に苦情を言ってくる人が後を絶たないので、看板を増やした」とのこと。
    昨今のリスク回避主義には、息苦しささえ感じますが、我々一般市民も自己責任という意識を強く持つ必要があると感じた次第です。
    ブログの更新、楽しみにしています。
    posted by えな | 2018/11/07 12:57 PM |
    えな様

    初めましてこんにちは・・・ブログ見てくださりありがとうございます。
    鉱物採集を始められたんですね! 色々と行かれていますか? ハンドルネームが「えな様」なので、勝手に鉱物では有名な、岐阜の「恵那=えな」方面の方と思っていましたら、すかい山に登山に行ってらっしゃるという事は、ひょっとして関東の方でしょうか?
    足尾がありますよね・・・(^O^)v

    関東なら秩父や山梨にも近いので、鉱物産地は多いので立地条件的には最高ですね・・・
    この趣味コツさえつかめれば、国内でもまだまだいい物を採取できるので、ぜひ頑張ってください。

    >リスク回避主義には、息苦しささえ感じますが、我々一般市民も自己責任という意識を強く持つ必要があると感じた次第です。

    ほんと!いつもそう思います。 えな様と同じで私も登山の趣味があるので、自己責任にはいつも強い意識を感じて行動するようにしています。
    ただ最近の自治体や官公庁の言う「自己責任論」には自分たちへの「責任のがれ的」な意味合いも強いと感じる事もあるので、この言葉に必要以上に振り回されたくないという気持ちがあるのも事実なんですよね・・・(苦笑)

    登山ができると、鉱物採集でも高成績を上げる事ができると思いますので、かなり期待が持てますね・・・ぜひ頑張ってください

    メールアドレスを頂いておりますので、後日そちらにも自己紹介を含めてご連絡をさせてください。
    では今後とも宜しくお願い致します。

    ではでは・・・
    posted by Lime | 2018/11/08 9:26 AM |
    << NEW | TOP | OLD>>