Lime JuiceLimeの活動日記
アウトドア・鉱物採集・鉱山探索・自然観察・廃墟・ガラクタ収集、その他なんでもあります。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
人工水晶への誘い(いざない) 00:10
0

    明日は折角の休みだが、前線が通過するので雨が降るようです。

     

    「天然モノ」と言うのはホントいい響きがある・・・天然水晶などなど・・・

    しかし世の中には人工的に作られた物でも、とても卓越した技巧にて作られたものになると、それは天然モノを凌駕するがごとく、素晴らしい物を生む事がある・・・

    陶芸家が作る素晴らしい芸術品・・・火と粘土や様々な鉱物が生み出す形や文様が人々を魅了するような物がそうだ!!

     

    そうした人工物の本来の目的は、日常の人々の生活を支える物の原料や製品になるが、それは人工物と言っても・・・鉱物が元々持っているその素晴らしい特性を最大限に生かすために作られた「究極の鉱物」なのかもしれない。

     

    実はそんな物が作られている事は、その分野によほど精通していないと知る事も無く、身近に手にしている物にそんな製品が使われている事もひょっとすると一生知らないまま過ごす事になってしまう・・・それでは何ともさびしい気がする。

     

    いつもこのブログを見ていてくれる方々は少なからずも、鉱物や科学の事に興味がある人が多いと勝手に考えさせてもらっている。

    それがよくわかったのは、先般の「坩堝ネタ」でもかなりのアクセスやコメントを頂いている事もあり、みなさんのそんな興味を今回もちょっとくすぐってみたいと思います。

    そんな!こんな!で、これから今しばらくのお付き合いをよろしくである・・・

     

    意外と知られている鉱物の代用的な物に、人工水晶っていうものがある、私のブログでも過去に特集を組んだ事があるが、こういった人工物でも美しさは天然に勝るものがあり私は好きだ・・・それは簡単に入手ができるものから、普通では入手困難な珍しい物まで存在しています。

    水晶は天然のガマから出た物に限る・・・と言われる方もいるが、下記にリンクしたこの動画を見れば、そんな人工に合成された水晶でも、ちょっとは魅力的に感じるれるかもしれない。

    まさに釜上げの様子は圧巻だ・・・

     

    「もう!この動画知っているよ・・・」ってな方もいると思いますが、知らない人の為にリンクを張っておきますので、ぜひこの美しいプロモーション動画はお勧めである。

    ※「音声を出して高解像度版」で見ていただく事をお勧めしたいです。

    https://www.youtube.com/watch?v=mfnoswtaprE

     

    「水晶は生きている」まさにそれは生き物のように思えてくる・・・

    それは金属の精錬に通じるような感じもしてとても面白い・・・

    IMGA0270.JPG

    私が持っている人工水晶は、ブックエンドになっている。

    これは中国で作られていた物・・・何十本も持っていたが今では手元にはあまり残っていない、ほとんどが石好きの知り合いにあげてしまった。

    IMGA0273.JPG

    手で持ってもかなりの重さがある。

    IMGA0274.JPG

    表面に独特の蝕像ができているのが、この合成品の特徴にもなっている。

    それこそ水晶を坩堝に入れて高温にさらせば、溶けてドロドロにする事は意外と簡単だ・・・しかしこのまま冷やせばそれは結晶形を持たない、ただ単に結晶形を持たないアモルファスの「石英ガラス」になって固化するだけだ。

    動画にあったように、まるで太古の熱水に溶けた石英の状態を再現し作られたものだけが、本来の水晶の結晶形を持つ事になる、それは溶けて冷やして固めるだけでなく、成長をはぐくむことで産まれてくる。

     

    これはこれで悪くない・・・何かの物語に出てきそうな特殊なエレメントみたいだ!

    人工物でもこんな素晴らしい物がある、それは洗練された芸術品にも思えてならない・・・さて皆さんはどう思われただろうか?

     

    ではでは・・・

     

    | 科学・実験 | comments(8) | - | posted by Lime (ライム)
    Comment








    とても興味深い映像の紹介、どうもありがとうございます。
    最新技術と職人技の融合ですね。最後に出てくる技術者のコメントや、自分の仕事に誇りを持っている感じって、カッコいいですね。
    水晶の間に挟まれたLimeさんの専門書に目がいきました。冶金学や結晶学。私には知識のない分野ですが、鉱物に興味を持つようになって、最近ようやく少しずつ勉強を初めています。
    人工水晶に蝕像ができる原因って、何なのでしょうか?結晶成長速度が自然と比べて速いからでしょうか?
    posted by えな | 2018/11/17 2:05 PM |
    僕の持っている人工水晶(のカケラ)も広い2面が水滴が付いたような蝕像になっていて、
    失敗作だから出回ったのだと思ってました。

    大きな結晶なんだから削ればどうとでも使えますよね。
    むしろ光学・電子部品には不純物が有ってはいけないから
    形まで揃ってる人工水晶の方が天然水晶より良いんでしょうね。

    あと、これ結晶系どうなってるんでしょう?
    posted by 草喰ひ猫 | 2018/11/17 10:09 PM |
    えな様

    いつもコメントありがとうございます!

    この動画は3ヶ月ほど前に見つけてましたが、実は最近まで忘れていたんですよ
    おっしやる通り、日本人の仕事に対するこだわりが、鉱物が好きな人から見た感覚に絶妙にリンクしてくるので、この際紹介させてもらいました。
    やはり動画でみる方が、この人工水晶がどうやって作られているかがよく解っていいですね!

    これだけ情報に溢れるネット環境に有りながら、以外と深く掘り下げるとなると、情報が少なく行き詰まることが多いので、このような本に頼ることになりますね! なので専門書を扱うような本屋や古書店には頻繁に出入りしていますよ…夏場暑くて中々採集に出掛けられないので、ここは夏のフィールドになってますよ…(^_^)v

    鉱物採集は初めは採ることに重きを置きがちですが…科学好きな方になればなるほど、色々と疑問が湧いて、それが解決できるとまた次というように…知らぬまに勉強したくなりますので、是非とも頑張って下さいね!

    ご質問頂いた件ですが…
    人工水晶の場合の、この独特な蝕像には諸説有って、おっしゃる通り、成長スピードや熱水溶媒の関係など、自然界よりも大きな対流によるものや、結晶の成長させる面による影響等が有るようです…実際の水晶による基礎研究は古くからされているので、それについてはまた特集を組みますね…
    面白いネタ振りしてくださりありがとうございました…(^-^ゞ

    ではまた宜しくお願い致します。

    ではでは…

    posted by Lime | 2018/11/17 11:10 PM |
    草喰い猫 様

    いつもコメントありがとうございます…(^-^ゞ
    人工水晶お持ちなんですね!…(^_^)v
    それなら話が早いです!折角なので、色んな方向から光を入れて倍率の高いルーペで覗いてみることをお薦めしたいです。
    面によって蝕像の様子が違う事がわかると思いますよ…
    失敗作と言うよりも、中に小さな歪みがあったり、微細なインクルが入っている場合や、種結晶から均一に成長していない物なのかも知れませんよ

    やはりこれはあくまでも製品であり、一定の条件を満たした原料の一つでしかありませんので、天然の物とは大きく考え方が違ってくると本で読んだことかありますね

    それでも戦時中は、できるだけ純度の高い天然の水晶を使って無線機や色々な電子デバイスを作っていたという事は知っています。

    そうですね!結晶形の各面の配置に関しては後日ブログ内で書いてみようかと思いますした。面白そうなブログネタ提供下さりありがとうございました。

    明日はひさしぶりにフィールドワークに行ってきます。
    状況はまた報告させて下さいね…

    ではでは…
    posted by Lime | 2018/11/17 11:37 PM |
    うちの人工結晶は中に吊り下げたワイヤが残っていました
    エプソンの人工結晶出来損ないでいいので売って欲しいです
    posted by まに屋 | 2018/11/18 11:45 PM |
    まに屋様

    いつもコメントありがとうございます。
    おぉ人工結晶作っていらしたんですね! 凄いです!
    このエプソンの工場は、最新鋭の管理をしているそうなんで、できる結晶は良さそうですよね・・・・
    今出ている、とある雑誌にも取材記事が載っていましたね!

    やっぱり日本の工場は素晴らしいですね!

    ではでは・・・
    posted by Lime | 2018/11/20 10:30 AM |
    購入品です^^

    でも工場ではフッ酸の回収のために蛍石にして回収しているとか。
    ちなみにフッ酸が体に付着すると血中のCaと反応して蛍石ができるそうで・・・
    posted by まに屋 | 2018/11/21 6:55 PM |
    まに屋様

    いつもコメントありがとうございます。
    半導体の基板のドライエッチングをやっている所では、石灰系のフッ素系ガスの除外装置として、フッ化カルシウムにして処理してますよ・・・会社に入ってからは私は長くそういった物の研究をしてましたよ・・・

    フッ化水素酸は体にはとても有害ですね・・・骨とは言わずと、とにかく体中のカルシウムと結合しますので、神経伝達用のカルシウムイオンとの結合すると神経伝達機能が阻害されて、低カルシウム血症により死亡します。 
    マジで怖いですね・・・なのでフッ化物に関してはうちの会社では特別講習扱いになりますね・・・

    ではでは・・・
    posted by Lime | 2018/11/23 9:05 PM |
    << NEW | TOP | OLD>>