Lime JuiceLimeの活動日記
アウトドア・鉱物採集・鉱山探索・自然観察・廃墟・ガラクタ収集、その他なんでもあります。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
雪が降っても楽しい坑道内採集 01:24
0

    気温が低いが雪は降りそうにない・・・強い寒気がいったんは引いている。

     

    先日訪問した鉱山は、積雪があって靴の中まで濡らしてしまい散々な結果に終わったが・・・

    「よしっ!あそこなら外は寒くても中は快適な適温で採集ができるぞ・・・」と思い立ちいつもボウズにも懲りずに同行してくれるmoriさんに連絡! ぜひ一緒に!!と同行してくれる事になった。 今回は息子と3人での探索になる。

    山を登る時は寒いけど、体が温まってくると暑ささえおぼえる。

    北斜面なのだが稜線に登ると多少の風があるが日差しがあって暖かい・・・暑がりの私はすでに「暑い!」

    登山用ジャケットのベンチレーターだけでは、間に合わないので、現地に到着した途端に思わずTシャツになった・・・

    汗が引いてくると今度は寒くなる・・・何をやってんだか?

     

    昔の素掘りの坑道の中というのは基本的には通気が無い、そのため湿った空気が何となく暖かく感じる。 外よりも気温が一定なのでそう感じるのである。 しかし通気が無い分、切羽がどんずまりの小さな坑道は酸欠に気を付けなければいけない・・・入口付近は大丈夫だが、内部に入ると急に酸素の薄さに気が付く事がある。 こういった場所は長居は禁物! 壁にいるカマドウマよりも人は酸素を消費する。 

    まぁ最近の鉱物採集では、竪坑に入る猛者はいないので大丈夫と思うが、下方向になだらかに下っている斜坑などや、坑道内部の凹地や、古い坑道にありがちな、入口が狭い枝坑には特に注意をしてほしい、こういった場所は酸素が行きわたっていない可能性があるので・・・

    酸欠は突然きます・・・ホント危険なので、状況をあまり知らない方は坑道には入らないようにしてほしい・・・北アルプスなど高所に登っている私や息子は特にこの酸素感には敏感になる。(フィールドの中では空気=酸素をちゃんと読める大人なので・・・笑)※通気が無い坑道内部にも、長年カビなどの微生物が繁殖しているので・・・こういった微生物が坑道内の少ない酸素を消費している場合があり、こんな状況も重なって酸素が薄くなっている可能性がありホント危険です。

     

    ここまで危険と言っておきながら、坑道はええよ! 

    もう鉱物やるなら坑道は魅力です。何と言っても脈に直接アタックできる・・・実際に掘っていた状況が解かる・・・鉱石の貯鉱や、「ズリ詰め」=採掘の際、坑道内で出た低品位鉱石を、坑道から外に出さずに、採掘が終わった枝坑に捨てる方法(再利用目的の場合もありました。)があったらそこは宝の山になっている場合もある。

    そして・・・今の季節のような寒い日の坑道採集はあったかくて最高! 夏も「ひんやりした冷気」に「微妙にゾクッとするような霊気」も混じって、奥にいる石友さんに声かけたつもりが、その人は実は外に出ていたなんて話はよくある。 

    誰もいないはずの坑道の奥からタガネを打つ音が聞こえてきたら、もうこの際なりふり構わず、声かけて・・・いい脈を教えてもらった方が手っ取り早い場合もある・・・(笑)

    因みに私は、石のパワーは全く感じないので、ミネショーに売っている「色が付いたガラス」などには、ピクリとも反応しませんが・・・坑道内や山の中の、なんともひんやりした霊気はちょっと感じます。(逆にこっちの方が胡散臭いってか!)

     

    さてさて、やっと本題に突入・・・

    ここの坑道はこんな感じです。「おわかり頂けただろうか? 採集者の奥の暗闇に顔らしき物が・・・」が写ってたら少し嬉しい・・・(笑)

    IMGP2182.JPG

    とにかく狭い・・・私は腰痛持ちなので、すぐに腰が痛くなる。

    IMGP2183.JPG

    これ全部石英脈・・・脈の走行は、東方向から西へ坑道内幅10m程度。

    野球のボールサイズからソフトボールサイズの、若干の鉄分が混じった、熱水残留物が詰った晶洞内から透明の水晶が採集できる。

    IMGP2181.JPG

    ここが・・・ガマだよっていうような説明はいらない。

    結晶が見えている所を見つけて、粘土から指でつまんで水晶を引き抜く・・・

    IMGP2192.JPG

    3cm程度が平均サイズ

    IMGP2193.JPG

    moriさんもガマを攻める・・・

    IMGP2184.JPG

    フラッシュを使うと何かいい感じ・・・

    IMGP2186.JPG

    柱面がスリムの、錐面が先細りタイプが多い。

    IMGP2187.JPG

    ガマが当たれば、小ぶりなクラスターも含めてどんどん出る。

    IMGP2191.JPG

    これは比較的大きな物!

    IMGP2194.JPG

    「おわかり頂けただろうか?背後にぼやっと写っているのが同行者のmoriさんです!! 水晶は粘土で汚れてはいるが、透明度が高くて、事故で亡くなった鉱夫の怨念が宿ったかのように透明感が半端無い水晶です・・・もうとにかく色々とガクブル!!です。」

    ガマの内部では、粘土に浮いている物は両錐で出るし、結晶の側面には小さな水晶も存在する。 ガマの側面にも水晶が張り付くように成長しているので、ゲスごと上手に採集すると透明感があるいい物が採取できる。以下の写真を参考に・・・

    IMGP2195.JPG

    これ洗う前・・・・

    酸洗浄も必要なしで・・・透明で綺麗な結晶が得れる。

    IMGP2209.JPG

    水だけで洗浄後、サイズはそんなに大きくはない。

    IMGP2205.JPG

    あまりいい物を載せると、それこそ「空気読めない感が丸出しなので・・・」

    適当な物を数点ほど・・・

    IMGP2196.JPG

    粘土付き・・・洗浄前

    IMGP2197.JPG

    IMGP2198.JPG

    最大サイズで小指程度の太さ、長さ6cm程度の物が採取できる。

    IMGP2199.JPG

    先細りの錐面が短い物

    IMGP2203.JPG

    水で洗った物、水洗いだけでこれだけの透明度が出ます。

    IMGP2202.JPG

    完全な両錐タイプ

    IMGP2207.JPG

    ちょっとした変わり物、側面から豆水晶が立ち上がります。

    IMGP2208.JPG

    このサイズなら、1か所のガマが見つかれば、そこから何十本と採取できます。

    IMGP2211.JPG

    ガマ粘土中から出てくる微細な水晶は、このような両錐になっている物が多い。

    IMGP2206.JPG

    内部が濁っているように見える物は、内部に再成長線がある場合が多いが、普通の照明では解かりにくい場合がある。

    俗に言う「ファントム化」している物も多いようだ・・・

    「グリーン・レーザー干渉照明」を利用したファントム部分の明瞭化をして写真を撮ってみました。

    角度によって2山に見えてたのが・・・

    KIMG1059.JPG

    レーザーの照射角度を変えると・・・

    KIMG1060.JPG

    上の写真と同じ水晶なのだが、方向によっては山が3つある。

    成長過程で、何らかの息継ぎ現象があったと思われますが、最終的にはちゃんとした水晶に育ったようです。

    ん〜何とも興味深いです。

     

    まだまだ脈は続いていましたが、時間も無くなって来たので寒空の下、今回は靴もズボンの裾も濡らさずに山を降りる事が出来ました。 3人とも坑道から無事に帰還できています。 事故も無く帰路につけたのが何よりでした。

    こんな得体の知れない産地に同行してくださったmoriさんにも感謝です。

     

    その日の夜に、ヘッドランプを付けた顔が潰れた鉱夫が布団に乗って来ても、私は疲れで爆睡してたので何も気が付きませんでした。

    是非ともそういうイベントは、別の日に振り替えてくれるとありがたいです。

    その時には何を採掘していたのか聞いてみたいなぁ〜

     

    坑道内採集のよくある責任逃れ的注意です・・・鉱物採集の本には載ってません

    々F擦砲六劼匹發世韻任脇らない(今時そんなガキいない・・・こんな寒い日はみんな家でゲームやってる)

    ⊃討醗貊錣貌っていても、崩れたら終了!

    ベテランの採集者さんと入っていても、崩れたら終了!

    ぅ悒襯瓮奪箸蓮⊂さな落石と頭をぶつけるのを防ぐだけ、崩落したら有っても無くても同じく終了・・・

    ナ匹砲い襯マドウマと仲良くすること・・・でもこいつ怖い寄生虫を持っている可能性が半端無いので生で食ったりしない事

    坑道内でさりげなくオナラをしない・・・同行者が中毒になり危険

    ЧF仔盧僚犬魯魯ぅ螢好ですが、表向きには決してハイリターンではありません。(場所によってはハイリターンもあり!)

    ┘悒奪疋薀ぅ箸鯏静瑤擦困法急に奥から出てこないように・・・みんなビクビクなんだから・・・

    まぁそんな事を気を付けていれば、坑道内採集も悪いものではありません。

     

    ではでは・・・

    | 鉱山 | comments(8) | - | posted by Lime (ライム)
    Comment








    いやあ、透明な水晶って本当にいいもんですね なんて思っていたら内部が濁った水晶にそんな秘密が隠されていたとは!!
    何でも無いような物でも幸せな物かもしれないのでちゃんと見ないとダメですね。
    なーんだ外れだと投げ出さない事、それが1番大事。
    LIMEさん見習って今年こそは雑な性格をなんとかせねば。。。
    posted by 黄色いゲッコー | 2019/01/07 8:50 PM |
    そうか、潜るって手が有ったか!
    夏は涼しいんで坑道入った事あるけど、冬は考えてなかった。
    選択肢の一つとして参考にさせてもらいます。
    まあ、空気読めないし、単独行なので 行ける場所は限られますが。

    シ觜 ムシ喰ってる僕でもべんじょコオロギは生では食べません。
    お尻からハリガネ出したくないんでwww
    火を通せば意外と おいしいらしいですが・・・
    posted by 草喰ひ猫 | 2019/01/07 9:38 PM |
    ishikawagoldこと、AUです。こちらこそご丁寧にご挨拶有難うございます
    今後ともよろしくお願いいたします☺
    よろしければ鉱物採取に御一緒したいですね
    posted by AU | 2019/01/08 12:22 PM |
    黄色いゲッコー様

    いつもコメントありがとうございます。
    透明できれいな物は人気がありますね〜でも私の場合こうやって細部まで観察してみたい人なので、中に違う鉱物がインクルされていたり変化に富む成長線があるものもすごく興味を持ちます・・・

    そうすることでこの水晶が育った産地で、熱水中や気成で何が起こったのかと想像するのもすごく楽しいですね・・・まぁ人それぞれあるので、押し付けはしたくありませんが、綺麗な大きな物ばかりがいい!みたいな事は言いたくありませんので・・・その産地ならではの個体差があってこそがこの鉱物採集の魅力なんですよね!!
    どこで採っても同じ水晶だったら、遠くまで行く意味なくなりますよね。
    あはは!私を見習ったらもっと雑になるので、見習う方向がすでに違っているようです・・・(笑)

    ではでは・・・
    posted by Lime | 2019/01/08 1:38 PM |
    草喰い猫 様

    いつも面白いコメントありがとうございます。想像を掻き立てられますね!

    坑道入りましたか! 夏はひんやりでホントいいですよね! 
    中に地下水の流入があるようなところは、夏の暑い日は坑道の入り口から白い冷気が上がっているようなところもありますよ! ズリで暑くなったら坑口前に逃げてくる事もよくやりました。
    内部が極端に涼しいと言う訳では無くて、温度が一定なんですよね! 坑道内で採集が可能な所ならば、冬でも快適ですね

    空気読めないのは一緒なので・・・(笑) 機会があればぜひご一緒させてください。

    昆虫食いってますか・・・!? ん〜凄い勇気です。 
    ハンドルネームが「虫喰い猫さん」だなぁと思って笑ってしまいました。 
    そうそう!通称が便所コオロギって言うんですよね! 私はそう嫌いではありませんが、まだ舐めるまでにも行ってません。
    最近どうも喉が渇くと思ったら・・・水辺に行ったらお尻がムズムズは想像しただけで、恐怖を感じます・・・(笑)たぶんそれよりも悲惨な事になるそうですが・・・

    坑道採集の時「いざ閉じ込められたという時」のために、携帯コンロとマグカップとサラダオイルは必需品になるかもしれませんね!でも昆虫食にちょっとアレルギーな私にとって最終手段ですので・・・ちょっと考えておきます。

    ではでは・・・ 
    posted by Lime | 2019/01/08 2:02 PM |
    AU様

    こちらこそ、コメントまで頂きましてありがとうございます。

    私は砂金はやっていませんが、多分ご存知の場所だと思いますが、岐阜から福井に抜ける有名な鉱山を色々と調べたことがあります。
    でも一か所も坑道を見つける事が出来ていません。

    お互い遠くなさそうなので、どこかでご一緒できればうれしいく思います。

    これからもそちらのブログにもちょくちょくと遊びに行かせてもらいますね・・・(^O^)/
    では今後とも宜しくお願い致します。

    ではでは・・・
    posted by Lime | 2019/01/08 2:13 PM |
    Limeさんこんばんは!
    先日はありがとうございました。
    坑道の中は本当に暖かかったですね。出た時に外の寒さに驚きました。
    あれだけ快適だと、誰か住んでないか心配になりますね…熊さんとか(^^;
    posted by mori | 2019/01/08 11:06 PM |
    mori様

    お返事が遅くなってしまいすみません・・・f(^O^;)

    こちらこそ・・・ありがとうございました。
    外に出た時の寒さは相当な物でしたね・・・それほど坑道の中が暖かかった事ですね。

    あれだけ快適だと、冬の鉱物採集でも寒さ知らず、ホント!思わず長居できそうですね・・・(^o^)
    そうですね! 
    いままで坑道でアナグマと出会った事は有りますが、それでも腰抜かしそうになりましたので・・・マジで熊は勘弁です・・・(笑)

    ではでは・・・
    posted by Lime | 2019/01/10 10:15 PM |
    << NEW | TOP | OLD>>