Lime JuiceLimeの活動日記
アウトドア・鉱物採集・鉱山探索・自然観察・廃墟・ガラクタ収集、その他なんでもあります。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
「うきぐもケイビング・クラブ」コラボ記事 19:01
0

    さてさて、ものすごーく、お久しぶりです。どこかの坑道に閉じ込められていた訳ではありません(笑) 

    「さくら餅ネタ」の記事を掲載してから随分と経ちますが、今年は気温が低いせいもあって私達の地域では場所によってはまだまだ桜の花が木に残っている所もあります。

     

    鉱山探しに行って・・・山をさまよって見つけた坑道は、そこに鉱山があった事がわかる偉大な?存在です・・・(笑)いきなりわけわからん!!

    古い鉱山なんかは、鉱山施設なんぞ・・・すでに無くなってしまっている所が多いですが、残っていた坑道を見つけると、アタリ感があって・・・なんかとてもテンションが上がります。(でも普通に生活している人のほとんどは、そうならないので、安心してください)

     

    yahoo知恵袋に「自分は鉱山の坑道を見ても興奮しないのは、何か病気なんでしょうか?」とか質問しなくても「たぶん興奮する人の方が病気」なので心配いらないです・・・(笑)

    それは同じ病に冒されている、ケイバーさん達にも該当するのではないでしょうか?

     

    日ごろそんなアングラ系!??でなく・・・「穴ぐら?系=ケイバー」のブロ友さんと仲良くしてもらっている事もあって、穴つながり??で鉱山に関する色んな情報も頂きます。

    そんなこんなで・・・「うきぐもケイビングクラブ」のリーダーのkimさんから、以前に調査した鉱山の探索記録を頂き、そこにある鉱物や施設の件で色々とご助言させてもらう機会がありました。

     

    詳細はこちらのブログを参照してください。

    http://ukigumocave.blog.fc2.com/blog-entry-120.html

    こちらのページにも調査記事がありますので紹介しておきます。

    http://moguranosettin.blog.fc2.com/

    とにかく写真が素晴らしいので一見の価値はあります。

     

    ケイビングは洞窟を「めでる趣味」です。(あえて、きれいな言葉を使いました) そして様々な登攀技術を駆使するのは、クライミングと変わりありません。 クライミングはオープングラウンドですが、しかし同じフィールドでもこちらは地下に伸びる天然の洞窟を攻める方です・・・地下と言っても縦横無尽の張り巡らされた洞窟なので、クライミング以上の危険を伴い、天候の急変による増水で閉じ込められる危険性もある、これまたワクワクするようなスポーツなんです。

    でもやっている姿を見ると、ドロドロに汚れたツナギや女性が洞窟内でドロドロになった髪の毛を洗ったりするシュールなシーンも満載! 普通の人がこれを見るとちょっと抵抗感が出てしまうのですが、多分ある所で踏ん切りがつくもんだということなんでしょうか??

     

    そんなんで!そんでもって!もうざっくりと・・・基本は石灰岩が雨水の浸食で溶かされて出来たものです・・・海岸にある波の力で出来たものとはちょっと違います。

    石灰岩が溶けて大きな穴が開き、鍾乳洞になります。 そして溶かされたカルシウム分が再析出して鍾乳石などになります。

    因みにカルシウムの溶解度は温度が低いほど水に溶けやすいという、他の物質には無い変わった性質を持っています。

     

    IMGP2433.JPG

    私の家にある大きな鍾乳石です。 私の祖父が当時勤めていた石灰石鉱山から出た物をトラックと10トンクレーンで運んで庭石にしています。

    IMGP2434.JPG

    IMGP2436.JPG

    私が幼少のころはピカピカ、ツルツルの肌をしていましたが、長年の風雨にさらされてコケなどもはえてこんな醜い姿になってしまいました。

    IMGP2435.JPG

    こちらは比較的大きな洞窟のような場所の水が流れた場所にあったものだそうです。

    鍾乳洞の中で綺麗な方解石が2次的に再析出した物です。

     

    いづれは現地調査に参加してみたいと思いました。

    洞窟内や坑道などこんな穴ぐらでは多くの生物や微生物が暮らしている事も解かっています。ほんと興味深いです。

     

    最近はなんでもかんでも「危ない!危険!とかいって」敬遠する世論がはびこる中、こういうある意味エキストリームスポーツを果敢に攻める人たちを「Lime Juice」は応援します・・・(^O^)/

    鉱物採集を無理やりエキストリーム化してますが・・・!!

     

    ではでは・・・

     

    | 自然観察 | comments(2) | - | posted by Lime (ライム)
    Comment








    こんにちは。
    此度はお忙しい中、記載頂いた記事の内容に関して色々とご教授頂き誠にありがとうございました。
    お陰様で今回の記事はいつになく気合が入ったものになりました。

    それにしても鍾乳石や方解石、大きくて立派ですね。発見当初の姿を想像するとワクワクします。

    そして、、、大変恥ずかしながら、この記事で初めて知ったのですが、カルシウム(炭酸カルシウム)の溶解度って温度が低いほど大きいんですね…!いやはや…普段洞窟に入って可能な限り学術的な事も後輩や初心者の方へ教えている立場なのにお恥ずかしい…。
    「洞窟内で河川が合流する地点で、それぞれの河川の温度が異なる場合空間が広がり易いんだよ。というのも、温度の異なる河川が仮に飽和の飽和炭酸カルシウム水溶液だとしても、2つ混じり合うと不飽和になるので、炭酸カルシウムを溶かす能力が向上して空間が広がるんだよ。面白いよね〜」
    なんて後輩たちに教えてたのに、根本的な所を知らなかっただなんて…! 今後は「炭酸カルシウムって実は温度が低い方が溶けやすいんだよ。面白いよね〜!」も解説レパートリーに加えさせて頂きたいと思います。笑

    今後とも色々とご教授頂きたく、宜しくお願いいたします。
    posted by もぐら(kim) | 2019/04/20 5:43 AM |
    もぐら 様

    この度はこちらこそありがとうございました。
    異分野ですがお互いに、新しい物の考え方ができるようなコラボに感激しています。 私も嬉しいです。

    >洞窟内で河川が合流する地点で、それぞれの河川の温度が異なる場合空間が広がり易いんだよ

    まじか!! そうなんだ! これは私も初めて知りました。
    ここですでに実例で証明されてるじゃん! さすが自然は正直ですね・・・(^O^)/

    私もこのネタぜひ使わせてください。色々と刺激されるお話で感激しております。
    詳細はメールの方で・・・
    ではでは・・・

    posted by Lime | 2019/04/22 1:02 AM |
    << NEW | TOP | OLD>>