Lime JuiceLimeの活動日記
アウトドア・鉱物採集・鉱山探索・自然観察・廃墟・ガラクタ収集、その他なんでもあります。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
材料を買いに・・・近くの道具屋まで 16:51
0

    低気圧が周期的に列島にやってくるので、その都度天気が大きく崩れたりしています。

    今日朝も少し肌寒かったです。

     

    目下、私の住む地域にもコロナウイルスに関する「非常事態宣言」というものが出されてしまって、何となく外出しずらい雰囲気が漂っています。

    なので採集はあきらめて、製作モノに精を出すことにしました。

    材料を色々と集めているうちに、足らないものがいくつかあるのが判ってきたので買い出しに行くことにしました。

     

    ここは工場関係や土建屋さんが使うような工具から、はたまた消耗品までほとんどあらゆるものが入手できるお店です。

    ただ町によくあるような、一般向けしたモノが多いホームセンター形式のお店でなくて、各種の職人さんや修理屋さんが使うようなモノを販売している、完全なプロショップなんです。

    なので一般人でも現金で購入はできますが、こういったものに疎いジジイや一般人が興味本位に行くと迷惑が掛かります。

    本職の忙しい方たちが入れ代わり立ち代わり色々なものを買いに来るため、シロウトさんを相手にしていると店の方たちも、対応に追われてかえって邪魔になってしまいます。

    また、暇つぶしに「何か面白そうなものないか?」と、フラフラしながら入れる店でもないので、行くときは何が必要でという事をまず明確にして出かけないといけません。

     

    平日の昼間は、お世辞にも広くない駐車場に、斜め駐車で車を止めるのですが・・・大体いついっても、小型のトラックや、職人さんが乗っている大きなバンが止まているので、ちょっとでも駐車場の空きを見つけたら、すぐさま機転を利かして、頭・ケツ構わず駐車スペースに車を駐車するところからすでに高等な技術が必要になります・・・笑

     

    それもこの場所、往来の激しい県道に面しているので、忙しい職人さんたちは反対車線からもグイグイ突っ込んできます、私のようなDIYヤーなんかは来店二の次・・・まず職人で飯食ってる忙しい方に譲るくらい気を利かせないといけません。

    なんで駐車場でもモタモタ車を切り返しているようなジジイがいると、とても迷惑になってしまいます。 そんなんで私も駐車するスペースが空いてないときは、空くまで周囲を一周回ってくるようにしています。

     

    でもなぜ、そこまでこの店が使われているかというと、ネジは1本からから購入できて、工具類その他消耗品なども、売り場面積に以上に品数が豊富で、「地元の職人さんの間では、まずここの店に行けば売っている」といわれるからなんです。

     

    購入するには独特の暗黙のルールみたいなものが存在していて、目に見えるところに置いてある工具類は、そこから持ってて購入すればいいのですが、例えばネジやベアリングなどの部品関係はお店の人に品番や個数などを伝えて、取ってきてもらわないといけないんです。これに高度な知識と専門用語が必要となります。

     

    車を駐車してお店に入ると、まず奥まで進んでいきます。 そうすると店の通りの中心付近のレジの前に、必ずおばちゃんがいるのでその方に、何がいるのかを伝えることから始まります。 もし自分でわからないときは、ポンチ絵をかいていったり、取り外した現物を持って行っていいかもしれません。

     

    おばちゃんに顔合わせると何が必要になるのか必ず聞かれます。見た目普通のおばちゃんですが、ほぼ毎日プロの職人相手にバチバチやりあっているだけに、知識と店のどこに何が置いてあるかなどは、キレッキレっで対応してくれます。

    その内容を対話形式で書いてみますが、これは、ここではごく普通の会話です・・・笑 さて皆さんはわかりますか・・・??

     

    因みに私が欲しかったのは、「ネジ部分の直径が5mm、軸の部分の長さが20mmで、ネジの頭の部分から5mmさがったところからネジが切り始めてあるものを言ってます。 形状は頭が出っ張ったキノコ状のプラスドライバーで回す、よく見かけるネジです。」

    これを注文します・・・

     

    店員「注文聞いてる?」とても気さくに話しかけてくれます・・・

     

    Lime「あっ!いえ!まだです・・・笑」

     

    店員「じゃぁ教えて・・・」

     

    Lime「エムゴ(M5)のピッチは並目コンマハチ(0.8)の全長ニジュウ(20)のくびした(首下)15を正ネジで200本」

     

    店員「サス(SUS)それとも鉄?」ネジの材質です※SUS=ステンレスのこと。その他アルミや真鍮などもあったりする

     

    Lime「鉄でおねがい!」

     

    店員「あとメッキは??ユニクロ、それとナベコ?でいいの?トラスもあるよ!」※ネジの頭の形状 トラスはナベよりも平たい形状をしています。ユニクロはユニ・クロームメッキの事、安物服のファーストリテのユニクロではありません・・・笑

     

    Lime「面処理はクロゾメ(黒染め)で・・・ナベなければトラスでもいいよ・・・」※クロゾメ=鉄に黒い酸化被膜を形成させて錆止めをした表面処理・・・黒色している。

     

    そういうと店員はさっそうとダンジョンのような店の奥に消えるのです。

    通り幅60cmもないような両側に天井まで、沢山の種類のネジの入った箱が山積みされているのに圧倒されます。

    私の言ったキーワードから該当するねじを探してくれます。

    基本ここへは関係者以外は入ることができません。 素人の私が入ったとしても、目的のネジがそもそもどこにあるかなんて絶対探しきれないほどの種類です。

    A型の脚立が置いてありますが・・・開けて設置できないので、半分に分解されてます。

    私の注文したネジは、一番上の段の奥にあるらしくて、脚立を使いましたが奥までととどかなったみたいです。

    そんな時は・・・

    2分割したのをもう1つ後ろにかけて、それに足をのっけて探りを入れてます。

    ロッククライミングのムーブのステミングみたいでかっこいいです・・・笑

     

    ほかの場所にも、所狭しとネジや色々な部品が置いてあります。

    面積当たりすさまじい荷重がかかてんだろうなぁ〜とか考えてしまいます。

    ここは細目(さいめ)のボルトナットのコーナーです。 ネジには並目と細目が存在していて、通常よりネジ山が狭いものを細目と呼びます。なので10mmのボルトでもネジのピッチが細かいものが細目です。 当たり前のことですが・・・細目のボルトに並目を入れても回りません・・・笑

     

    そうこうしているうちに、箱を持ったおばちゃんが奥から出てきました。※文章にすると時間がかかっているように思いますが、探すのは5分とかかっていないんです。

     

    店員「ナベコあったんでナベでいい? そういえば、”組み”でなくていいの?」※この場合、ワッシャーとスプリングワッシャーを組んで取りつけることを指しています

    Lime「じゃぁ!ナベで大丈夫です。組でなくてネジのみで大丈夫で〜す」

    でもプロは違う! すでにそのサイズに合う、ワッシャーの入った箱となんとトラスネジまでが、手に握られていました。

    私が注文した時に、最後に「組みなし・・・ネジのみで」といえばよかったのですが、それでも先読みした対応がやっぱりプロのなせる業です。

     

    そういうと、店員のおばちゃんが、レジ前のアナログの針式スケールカウンターにネジをジャラジャラと入れて、はかりの文銅を調節して・・・2〜3本ほど追加したら完成 「はい!!200本ね!」と渡してくれます。いちいち数えません。 いつも買うのですが、数がまず違っていたことはないです。なのでプロなんですよね!

    私が支払いを済ませている間にも、レジには数人の作業服着た人たちが順番を待っていました。

     

    その他、ホームセンターでは入手ができなさそうな、特殊ネジや、ウイットワースネジやユニファイの細目なんていう特殊なネジなども在庫もあるので、古いバイクを修理したり、外国製の自動車をレストアするときは、かなり使えるお店です。

    他の通りには、このようなレンチ類なども売ってますが、海外のアクション映画で出てくるような、廃墟に追い詰めた犯人に、後ろから殴りつけられるシーンで使われるような、頭が50角をつかめる片口スパナなんかは、ここでしか実物を見ることができません・・・笑 この周辺で映画取るときは使えます・・・てか誰がいつ撮るんだよ・・・笑

    因みに私たちが持っている長いホジ棒の、元となるドライバーはこのお店で購入したものを加工して使っています。

    この棚は、ワイヤーや索道関係の滑車、吊り上げ、玉掛け作業に用いるようなものがあります。 ワイヤーロープなんかも末端処理のアイスプライスなどもやってくれるので、ほんと便利ですね。

     

    実はこれすべて1階のフロワーなんですが、実はこのお店は3階まであるんです。2階以上は水道配管関係やバルブなんかもあったり、関係者以外立ち入り禁止で、写真は載せれないような、さらにカオスな空間が広がっています。

     

    ネジなどは1本から購入は可能です、しかもホームセンターみたいに組んで包装されたビニールの袋に入っているわけではない代わりに、ネジ自体は安く購入できます。

    もしこのブログ見てここ知っていると思っても、お店の名前などは書きこまないでくださいね。 素人さんが来ることで、忙しくしてる本職の職人さんたちに迷惑が掛かってしまうので・・・

     

    でもここはすごいです。 

    ホームセンター好きや工具好きには一見の価値はあります。

     

    ではでは・・・

     

    | DIY | comments(4) | - | posted by Lime (ライム)
    Comment








    こういう店が近くにあると心強いですが、DIYレベルだと使うのが難しいですね。
    ネジ一本から購入可能!といいつつネジ一本だけは買いにくいw
    posted by 黄色いゲッコー | 2020/04/16 1:10 AM |
    黄色いゲッコー様

    いつもコメントありがとうございます。
    そうなんですよ・・・一般人がDIYレベルで使うのはかなり気が引けます。 それにフラフラと物色するような買い物ができないのも、何となく近づきがたい印象を受けますね・・・だからプロショップなんですけどね!
    >ネジ一本だけは買いにくい! まさにそうです!しかし十分手厚く相手してくれるので、そのあたりも含めてこちらの予想以上に相手はプロですよ・・・笑
    posted by Lime | 2020/04/16 9:38 AM |
    ネジ屋さん

    インチやミリネジ
    ほとんどそろっていて重宝します
    欲しい一本を探してくれるおばちゃんありがたい
    バイク 車 精密機械などネジはここ
    蝶番は 細畑のM盛金物さんへいけば なんとかなる
    ばら売りの老舗はありがたいです

    posted by トムヤン君 | 2020/04/21 11:51 AM |
    トムヤン君様
    いつもコメントありがとうございます。
    そうですか・・・細畑にもこんな金物屋さんあるんですね。
    ちょっと入りづらいですが、1本づつでも買っているうちに顔覚えられて常連扱いされるのがこういうお店のいいところなのかもしれませんね。
    ネット通販全盛の時代ですが・・・ネットでは買いづらいモノもあって、こういうお店いつまでも残ってほしいと思います。

    ではでは・・・
    posted by Lime | 2020/04/22 9:26 AM |
    << NEW | TOP | OLD>>