Lime JuiceLimeの活動日記
アウトドア・鉱物採集・鉱山探索・自然観察・廃墟・ガラクタ収集、その他なんでもあります。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
#おうち時間 #いえで過ごそう 「温室作り」 14:57
0

    外出自粛のため、休日は家で過ごすことが多くなっているが・・・しかしまぁ!なんともこの快晴がまた悩ましい!!

    でも外出は極力控えないといけません。 

    今年のゴールデンウィークはコロナ禍の中で、なんとなく世間はすでに「GWは終了!」の雰囲気です。 私もいろいろ外出する予定が全部変更になってしまいました。

    なので、家でできる楽しみに切り替えて過ごしています。

     

    まぁ気にせず出かける人もいるようだが、今回ばかりは、かなり気を付けたほうがいいのではないかと私は感じています。

    国内では、政府もいろいろなパニックを恐れてか、このウイルスに罹った患者の詳細な情報はあまり発信されていませんが、私はたまたま仕事柄医療関係に携わっていることもあり、国内外の親しいドクターとのやり取りで、いろんな情報を耳にする機会があり・・・なのでこの状況が余計に心配に感じてしまっている今日この頃なんです。

    速報されているペーパーでは、罹患している患者のかなりヤバイ病状などが伝えられているので、今回ばかりはちょっと先行きが心配だと感じています。 

     でも前にも伝えましたが、医学に関する特に人の病気に関することは、各個人の病状含めて、その他色々な複雑な倫理的な問題もはらんでいることが多いので、あえてここでは転記しませんが、もし興味ある人は調べてみるといいと思います。

    しかも、このウイルスの詳細な正体がいまだ判明してこないのも、なんとも不気味な感じがしてやまないです・・・。

    名言!「これは治療だ!」・・・笑 なんて言って、今は簡単に治療できる状況ではないことは確かだと思います。

     

    私の同居家族にも高齢の両親がいる。なのでもし外出先で私たちがウイルスに罹れば、高齢の両親に罹患させる確率は高くなるだろう。

    ある週刊誌に書かれていた記事によると、下手すると「一家全滅」することもあると書いてあった。(おぉ怖い!!)

    とにかく自分が原因となって、会社や家族または友人などへの、とにかく身の周りへの感染だけは避けたい・・・

    まぁそんなんで・・・もう少し事態が収束して、このウイルスの正体がわかるまで、今回ばかりは家でおとなしくしていたほうがよさそうだと思っている。

    「何かしらわざわざ用事を作ってみたり」「あそこなら人がいないから大丈夫」と勝手に決め込んで、どうしても出かけたい人がいるかもしれないが、もし罹患すれば、ただでは済まないかもしれないってことくらいは、腹に決めておいたほうがいいと思う、自分が絶望的な地獄を味わいたければそれでもいいし、家族が苦しむ地獄を見たい輩は好きにするがいいと思う・・・ただ罹患させられた人はたまったもんじゃないですが・・・

     

    突然だが・・・「温室が欲しい!」

    もう随分と前から、計画はされていたのだが、DIYとしてはなかなか大きなプロジェクトだったこともあって、建設場所や立地の問題含めて計画が先延ばしされたり変更があったりしていました。 それでも紆余曲折しながら、この度やっと施工することに決まった。

    決まる前は、近所の「使われていない温室を持っている方」から譲ってもらい、分解して移植するという案も持ちあがったこともあったが、自然災害への耐久性など、その他色々な事を考えても、何よりもカツカツすぎてスペース的に無理があったのでこの話も流れてしまっている。 しかもアルミフレームの温室は、アルミニウムの特性である熱の伝導性の良さが冬に災いして、外部の冷気がアルミから伝わってきて、断熱効率が落ちることが計画段階から懸念されてもいました。

     

    国内で「趣味で温室」を持つには、ホントただ単に道楽でしかない。 そこそこ大型になれば、下手すればバイクや2代目のスポーツカーを維持してゆくくらいの、余裕がないとやっていけないといわれている。

    特に日本では、冬に暖房を入れるコストを考えると、さすがに今ある市販の温室の断熱構造的にはとてもナンセンスで、運用するに電気代やヒーターに使う燃料代がバカにならないのである。

    なので、いっそうのこと使用する材料にこだわり、イニシャルコストはかかっても、比較的断熱性の高い温室を設計して、ランニングコストを下げようという事から、市販品を購入するのではなくて、立地に合った場所に、建築士である私の父に助言をいただきながら、自ら基礎から練り上げて設計して温室を立ててみることにしてみた。

    ここもある意味、こういう特殊な条件の構造物を立てることで、今後息子にとっても大きな経験となるだろうと感じている。

    場所は、我が家の母屋に面した部分に、貸してある借家があり、そこに隣接する畑に建設することになった。

    もともと工房の裏手にあるたる場所である・・・私の母が家庭菜園として使っていたのだが、後を継ぐ人もいないのでそこに建設することを考えた。

    畑の泥は貰ってくれる人がいて、その方の畑にダンプで2往復程運搬した。

    それから泥を均して、基礎を打つことから行っている。 

    土間打ち作業もすべて、コンクリートを練るところから行い、基礎となるブロックを積む作業が面白い・・・

    一応南東を向いているので、持っている塊根植物や多肉植物などにも、日当たりもいい場所なのだ。

    太陽光を少しでも蓄熱できるように、床面もコンクリートを打ち、温室内の湿度抑制から、こぼれた水などは速やかに排水できるように排水勾配を設けた。

    しかも、例年大型化する台風にも耐ええるように、木造ながら頑丈なつくりを目指しました。

    たまにはこういう大型な物を作ると、気持ちも大きくなって気分いいですね!

    何かを作るのはホント楽しいですよ・・・

    設計した形になってゆくのはホントうれしい。

    自分でできる利点はやはり、「建設コストが大幅に抑えられる」という事・・・でも土日作業になるのでスピード感はないですが・・・笑

    この「#おうち時間&、#いえで過ごそう」を有効に活用して、ストレスにならないためにも程よい運動にもなっていいですよ〜

    そしてこの休み前に業者に頼んであった材木が入ってきました。 建材専門の材木販売業者から買い付けるんですが、これがすごく安いったらない、ホームセンターなんかで買う半値以下で購入できるので助かっています。でもほとんどが定尺なので置き場には苦労します。

    加工前の材木類は、まず工房前の自動車修理用のドツグを整理して、材木類を搬入、この場所で墨付け作業と、大きなスライド丸鋸を使って設計した寸法に切ってゆきます。

    専用の治具を作って、墨付け作業に入ります。

    柱はホゾ組みするので、ホゾ加工用の墨付けです。自作の「ホゾ・ケガキ治具」を作ってケガキ線を入れてゆきます。

    ほぞ穴を開口するための、角ノミ盤も久しぶりの出番です。

    ※角ノミ盤 四角い穴を開けれる専用のドリルみたいなものです。

    作業場所が広くないので、材木は段取りよく組み違いしながら、効率よく作業を進めます。

    普段から「段取り慣れ」してないとできません・・・笑

     

    このようにホゾは角ノミ盤で穿孔して、細かい部分は丸鋸や手鋸、最後に仕上げの手ノミ作業で刻んでゆきます。

    息子がノミをうまく使って、ホゾ穴をあけてます。

    因みにこの玄能(げんのう)は、今はもういない職人が作った手打ちの超高級品・・・因みに頭だけでウン万します。

    でもいいものは、作業効率にも絶対的な差が出ます。

    墨付けした部分を、角ノミ盤で穿孔して、自分で手ノミを使って彫り込みするので、愛着のわく温室ができると思います。

    ノミだけでホゾ穴を調整するのですが、普段からノミの扱いに慣れてないと難しい作業です。

    こちらはノミを使ってのホゾの面取りです。 初めの食いつきを入りやすくするためです。

    角を斜めに落とします。

    鋸で落としたホゾの面をノミで調整します。先ほど開けたホゾ穴に入ってゆくと、自然にきつく締まるように少し太めに加工するのですが、この調整が慣れないと難しいです。

    こんなことをやっていると・・・「#おうち時間」なんて、あっという間に過ぎてゆきます。

    この調子だと、ゴールデンウィーク中でなんとか棟上げまで行けそうな感じです。

     

    なんでもそうですが、このように自ら手づくりしたものには、沢山の思い出と愛着が詰まってゆきます。

     

    「#おうち時間」の有効利用でストレスフリーです。

     

    ではでは・・・

    | DIY | comments(4) | - | posted by Lime (ライム)
    Comment








    おお!相変わらず度を越してますね。

    まあ押切と角鑿があればやろうという気になるかも(笑

    私も実は二年前に10坪で家ほぼ自前で作りました。
    posted by フクダユタカ | 2020/04/28 8:44 PM |
    フクダ様
    いつもコメントありがとうございます。
    おうち時間いかが、お過ごしでしょうか? 「こちとら、自営業なので休んでなんかいられるか?」という声が聞こえてきそうですが・・・笑
    そうですね角ノミがあると、かなり作業効率が上がりますよ。
    あとは分担していかに作業をこなすかですね・・・

    フクダ様もたてられてますか!! DIYで行うには10坪は結構大変な大きさですね・・・きっと色々と楽しそうなお話がありそうな予感がしました。また聞かせてください。

    ではお互いコロナ感染、気を付けましょう!!(^O^)/

    ではでは・・・
    posted by Lime | 2020/04/30 9:27 AM |
    ブロック積んで
    ホゾ加工ですか!
    すごいな

    最近はプレカットという機械で加工しちゃうから
    墨付けや仕口加工する大工さんの姿みかけなくなったです
    手書きの軸組図も懐かしくなっちゃたです
    大学時代はT定規・・・・鉛筆ナイフで削りましたツンツンに
    会社入ってドラフター・・・0.3个離轡磧璽廛撻鷸箸い泙靴
    今はCAD・・・・マウス
    線を曳く道具も変わりましたです
    posted by トムヤン君 | 2020/05/07 8:27 AM |
    トムヤン君様

    いつもコメントありがとうございます。(^O^)/
    今更ながら、勢いに任せて何かとんでもないことに手出したような感じです・・・笑

    書かれていることを見ると・・・製図詳しそうですね、ひょっとして建築関係のお仕事されてたのでしょうか?

    ドラフターって今はほとんど使いませんが、私はPCのCADよりも直感的で好きですね。
    鉛筆の先を研ぐ摺り砥石を使ってた覚えもありますね・・・
    ほんと、製図も変わりましたよね・・・今の子たちはほとんどCADを使いますね・・・私は遅かったので覚えるのに知恵熱でます・・・マジで(笑)

    所で・・・トムヤン君様のブログにもたまに遊びに行くのですが、コメントって会員しか入れれないんですか?
    また教えてください!!

    ではでは・・・
    posted by Lime | 2020/05/08 2:30 PM |
    << NEW | TOP | OLD>>