Lime JuiceLimeの活動日記
アウトドア・鉱物採集・鉱山探索・自然観察・廃墟・ガラクタ収集、その他なんでもあります。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
花崗岩ペグマタイトの観察 福井県門ヶ崎 17:44
0

    梅雨開けしたとたんに、この日本特有の夏らしい蒸し暑さが辛い、今日この頃です・・・

    今年は太平洋高気圧のでき方がちょっと不安定で、天気図を見ても高気圧の張り出しが確認できませんでした。 最近になってやっと夏の高気圧が日本に迫ってきたおかけで、この蒸し暑い夏がやってきたことが感じられます。

     

    実際に訪問したのは1ヶ月ほど前になります。 

    そして・・・・今回は鉱物採集カテゴリーではなく、あくまでも自然観察です。

    なぜこんな事を言うと・・・ここ門ヶ崎は福井県の文化遺産である事から、基本的には特別な許可が無い限り、岩石の採掘行為は禁止です。 ここでは観察するのはいいけれど決して採集行為はしないでください。

    なので今回はハンマーは車の中に置いての、観察だけにとどめました。

     

    以前の私の記事を見て・・・「福井県 ペグマタイト」で検索をかけられた方は相当いるはずです。 このキーワードで検索すると真っ先に出てくるのが、この「門ヶ崎」と数キロほど南方にある「弁天崎」が検索に引っかかるようです。

    後者の「弁天崎」もペグマタイトの脈が走っており、昔は水晶が採れたようです。 

    ただの転載記事になるだけなので、ブログではあえて記載しませんが、このあたりの地質がどのように形成されたかという、地質報告書もありますので探してみてみるのも面白いと思います。

    「弁天崎」は近年、岬の岩場が派手に崩されている事もあって、立ち入りを禁止する為か、入り口に頑丈な鉄柵が設けられてしまいました。ここの岩場は比較的立ち入りが容易なこともあり、遠目から観察しても一番高い岩場で上に祠がある場所の、中央部が大きく崩されていることが解ります。 明らかに鉱物マニアの仕業だと思います。 以前は採集に使ったと思われるロープが残っているのも確認しています。 近くを通られた時は、遠くから観察してみるのもいいかもしれませんね。

     

    それでは本題・・・今回行ったのは「門ヶ崎」に話を戻します。

    「門ヶ崎」は断崖絶壁なので、岩登りをしたことない方が立ち入るのは相当危険な場所です。

    岬の展望台までは、遊歩道が完備されてますので、装備が無い方はここからの眺望にとどめておいた方が無難な場所です。 それなりの装備がある方は奥にある海蝕洞がある場所まで行ってもいいかもしれません。

    地元の方の話によると、1970年代には相当大きな煙水晶が何本か採集されているようで、マニアにとっては興味が尽きない場所ともいえるのは間違いないでしょう!

    IMGA0149.JPG

    先端部の突堤から岩場を上がると、下にはこんな感じの断崖があります

    IMGA0152.JPG

    私が断崖の先端部に立ってます。 目の前は日本海です。

    IMGA0153.JPG

    息子が先行しますが、一つ間違えば20m下の海に転落します、この程度の高さが一番恐怖感が味わえる高さです。

    IMGA0154.JPG

    息子のいる場所から、断崖の下を覗きこみます。 見にくいですが中央部の四角い岩の、右側に草が生えていて白い場所がありますが、手つかずのペグマタイトが露出していました。

    IMGA0155.JPG

    海にある先ほどの四角い岩も拡大すると、晶洞の丸い穴が見えます。

    IMGA0156.JPG

    近くの岩にフックスロープを付けて、滑落防止をしながら断崖下を覗きこみます。

    景勝地なので岩場に傷をつけたりしないがためにも、カムやナッツなどナチュラルプロテクションを活用します。

    IMGA0158.JPG

    この場所から前方に見える岩場に向かうのですが、正面にあるこの断崖の上部にも立派な晶洞が口を開けていました

    IMGA0159.JPG

    拡大してみます。この程度で解ればかなりの眼力

    IMGA0160.JPG

    もっと拡大してみましょう! 中央部の黒い部分が晶洞になります。

     

    これから展望台を回り込み、門ヶ崎奥の海蝕洞に向かいます。

    このあたりから周りの花崗岩は粗粒化していて、ペグマタイト化している場所も多くなります。

    IMGA0162.JPG

    IMGA0163.JPG

    カリ長石のピンク色と白い石英が目につきます。

    IMGA0164.JPG

    対岸に見えるのが、展望台側の断崖です。

    高度差が解りにくいですが、下に転がっている大きな岩は直径が1m程度ある大きさなので、いかに高所から撮影したか想像できるはずです。

    足を踏み外せば、確実に即死できる高さです。

    展望台から下に降りた場所は、この石が転がっている断崖絶壁の間にあります。 見事なペグマタイトがある海蝕洞方面には、大きな断崖絶壁を乗り越えないといけません。 ある意味ここが最も危険な場所になります。

    場所によっては海風や冬の凍結などで、浮石やもろくなっている岩も多いので、ホールドを確認しながら登って行きます。

    IMGA0165.JPG

    この上部には、大きな木が倒れてますので、不用意に触ると危険です。岩と木の間を上手くすり抜けます。

    IMGA0166.JPG

    ここを高巻きすればこんな素晴らしい景色が広がってます。

    IMGA0167.JPG

    左手の岩場にホールドを探しながら先を目指します。

    IMGA0168.JPG

    そうすると先ほどの展望台側から確認した、中央部に晶洞が開いていた岩の正面に立てます。

    本来ならこのまま下に降りて、波が打ち寄せる岩を飛び石して、正面の岩のテラスに行けるのですが、この日は波が強くて断念しています。

    IMGA0169.JPG

    この正面にデカい晶洞があるのに手が出せないもどかしさ! テラスに着いてもクライミングしないと、この晶洞は確認できないんですが・・・これはまた今度チャレンジします。

    IMGA0170.JPG

    望遠で出来る所まで拡大してみました。

    中央部左側のオーバーハングした所もペグマタイトが露出しているようで、ピンクのカリ長石の色が確認できます。

    ペグマタイトのこういった部分は特に崩れやすいので、月日が経つと周りの岩も一緒に突然崩れてしまいます。

    そういう時に含まれている大きな水晶が顔を出すわけです。

    IMGA0171.JPG

    足元を確認するとここにもペグマが・・・・

    IMGA0172.JPG

    ここから奥を覗くと、海蝕洞が確認できました。 ここから今度は断崖絶壁を下り海蝕洞に向かいます。

    IMGA0173.JPG

    この断崖を下ります。 クライミング技術を付けるために、懸垂下降でなく・・・三点支持でこのままホールドを確認して降ります。

    IMGA0174.JPG

    振り返ると「もんじゅ」が見えました。 「記事初めから3枚目の写真」初めに息子が下を覗いていた展望台側の断崖が見えます。写真の場所は途中に生えた松のあたりかな?

    IMGA0175.JPG

    この薄っぺらい「登山用語=ナイフ・リッジ」(岩稜)を下降します。

    ここまで来ると日本海の外海に面しているので、波が岩場に打ち付ける音が伝わってきます。

    IMGA0176.JPG

    危険な橋ではロープをフィックスします。多少手間でも安全を確保して、万が一の事故に備えます。

    IMGA0177.JPG

    先に降りた息子が私を撮影した一枚です。

    IMGA0178.JPG

    ペラペラのリッジから上手く降りた場所は、まさにペグマ天国です・・・

    IMGA0179.JPG

    足元には目立つ色の、カリ長石ときれいな石英脈の馬鹿でかいペグマタイトがありました。

    黒い部分は風化した雲母です。

    IMGA0181.JPG

    見あげるほどの断崖にも所々に晶洞のポケットや大きなペグマタイトの脈が走っています。

    IMGA0182.JPG

    IMGA0183.JPG

    小さなポケットには小さな煙水晶が沢山残っている物もまだまだありました。

    IMGA0184.JPG

    少し登って近づいてみました・・・・ペグマタイトの脈に開いた晶洞

    IMGA0185.JPG

    上の写真は、指差す場所にあります。 5m程度なので大した高さではありません。

    IMGA0186.JPG

    先ほどの海にそそり立つ断崖にある、ペグマタイトの晶洞を双眼鏡で観察してます。 はっきりとは確認できませんが、内部には大きな光沢のある黒い物があるみたいです。

    フリークライミングのグレードとしては5.11aくらいかな?

    IMGA0187.JPG

    岩がもろくなっているのでかなり危険だと思います。

    IMGA0188.JPG

    海蝕洞にドッカーンと波が打ち付けて、大きな音に驚きます。

    IMGA0189.JPG

    水平に走るペグマタイトの脈に5cm程度の晶洞が開いてます。中には豆水晶が残っている物も有りますが、ここでは採集禁止です。

    IMGA0192.JPG

    随分と昔に上から崩れて来たと思われる転石にも、ペグマタイトの脈が走っていました。

    IMGA0194.JPG

    そそり立つ岩に行くにはこの間を抜けて、岩を3個ほど飛びたどり着くのですが、この日は見ての通り、波洗いが凄まじくて断念してます。

    IMGA0196.JPG

    波が高いので、周辺の安全な場所から探索します。 

    大きなペグマタイトの脈があるので、息子が登ってますが・・・この場所もはたして安全なのかは個人の裁量に任せます・・・

    IMGA0197.JPG

    大きな晶洞があるので観察しています。

    IMGA0198.JPG

    この周辺は晶洞のポケットだらけのようです。

    IMGA0199.JPG

    何か話していますが、高度差もあって、とにかく波の音も大きく、中々声が通りません。

    IMGA0200.JPG

    真下からから見ると息子のいる場所はこんな感じです・・・・

    IMGA0201.JPG

    帰りはこのまま左にトラバースして帰る事にしました。

    足掛かりは悪くないですが、ソールが柔かい普通のトレッキングシューズでは大変危険です。

    IMGA0203.JPG

    ぐるっと回り込んで、初めに降りてきたナイフリッジの場所に来ました。

    中央部に見える岩戸の部分を向こうに渡ればもと来た場所に戻る事が出来ます。

    今度は私が登る番です・・・・

    IMGA0204.JPG

    IMGA0205.JPG

    この岩戸の間にも大きなペグマタイトのポケットがありました。

    IMGA0206.JPG

    戻った場所に転がっていた大きな長石

    IMGA0207.JPG

    ところで「水晶はあったのか?」気になると思いますが、今回は詳しく探索しませんでしたが、脱落している物などはどこかに落ちているかもしれません・・・岩登り好きです!という方は自分の目でぜひ確かめてみてください。

     

    この場所はある意味・・・鉱物好きにとっては宝の山か、もしくは竜宮城なのかもしれませんよ・・・・

    この先も大きな断崖を下らなくてはいけないので、まだまだ気が抜けません。

    今回はより厳しい産地に向けてのトレーニングのつもりで訪れましたが、ものすごく大きな晶洞やペグマタイトが見れて、息子も大満足でした。

     

    このように人が中々立ち入れない場所には、まだまだいい物が沢山あるのかもしれませんね! 

     

    ではでは・・・ 

     

     

     

    | 自然観察 | comments(8) | - | posted by Lime (ライム)
    Comment








    今回もすごい場所!
    火曜サスペンス劇場の崖を思い浮かべました(笑)
    写真をみているだけでゾクゾクします(;´Д`)
    posted by MORI | 2016/08/06 8:23 PM |
    MORI様
    おはようございます・・・・コメントありがとうございました。

    >火曜サスペンス劇場の崖を思い浮かべました(笑)
    面白いコメントありがとうございました・・・まさにそんな場所です。 船越栄一郎と刑事達にに囲まれて事件の回想シーンですよね。 
    刑事「どうしてこんな事件を起こしたんだ・・・」
    容疑者:妻「旦那が借金までして鉱物を収集しだした事にもう限界でした・・・涙」
    刑事「凶器は血の付いた採鉱ハンマーだけじゃあないよな!! 頭には相当な硬い物で殴られた跡があるんだが・・・」
    容疑者:妻「はい! 凶器は別にあります。」
    刑事「何を使ったんだ・・・」
    容疑者:妻「折角夫婦で旅行に行こうと、大好きな越前ガニをこれでもかっ!というくらい食べたかった・・・そのために貯めておいたお金だったのに・・・あんな産地が偽装された水晶に大金払うなんて・・・もう許せなかったんです・・・」
    「だって・・・産地も定かでないあんな水晶・・・私にはどうでもよかったんです・・・」
    刑事「で・・・その水晶を使ったんだな!」
    容疑者:妻「はいそうです! 我に返った時には夫は倒れていました」
    刑事「凶器は今はどこに・・・」
    容疑者:妻「この場所から海に捨てました・・・」
    波がザッバーンとなる・・・

    MORIさんが想像したのは、こんな感じだったでしょうか?
    火曜サスペンス劇場「みちのく消えた水晶と越前ガニ食べ放題・・・拡大版スペシャル」風に書いてみました。

    >写真をみているだけでゾクゾクします(;´Д`)
    個人差はあるようですが、人は5m〜20m程度が一番恐怖を感じる高度みたいですね! ほんとに恐怖を感じると、足が前にでなくなりますよ(笑)・・・(^O^)
    危ないと思っているうちは、事故になりにくいものなんです・・・なので慣れが一番怖いです。

    ではでは・・・
    posted by Lime | 2016/08/08 9:32 AM |
    なかなかすごい所を行ってますね〜・・・。
    (^_^;)

    面白そうですが岩山を上ったり下りたりは体力が続きそうにないですね。
    posted by 大阪屋 | 2016/08/11 1:43 PM |
    大阪屋様

    いつもコメントありがとうございます(^O^)/

    >面白そうですが岩山を上ったり下りたりは体力が続きそうにないですね。
    いやぁ〜ほんとです。 私は年齢的にもだいぶきつくなってきましたね! 息子はどんどん行ってしまうのでやっぱり若さには勝てないものがあります。

    岩場は体力的にも精神的にもかなり疲れるので、途中で気持ちが折れると事故につながるので危険ですね

    ではでは・・・
    posted by Lime | 2016/08/12 8:37 AM |
    はじめまして。こんにちは。
    Limeさんの活動はどれも面白そうでワクワク読ませて頂いております。
    危険だけど取り付きができれば宝が、と言うと広島の江田島を思い出します。
    晶洞の紫水晶を狙うも見つけられず、懸垂下降で崖でも探せばもしかしたら見つけられるかな ハハハ とか思ったものですが、この記事を読んで可能性結構あるんじゃないのかと思ってしまいました。
    posted by もぐら | 2016/08/16 1:12 AM |
    もぐら様
    こんばんわ・・・はじめましてLimeです。
    コメント頂きましてありがとうございます・・・(^O^)/

    恥ずかしながら、貴方様のホームページは知りませんでしたので、本日ゆっくりと拝見させて頂きました。 その為、お返事遅れてしまいましてすみませんでした。

    こちらこそ貴方様の「HP;もぐらのせっちん」は、私の好奇心を刺激されるような素晴らしい内容と、素敵な写真で活動内容も含め、とても魅力的なホームページに感動させて頂きました。
    そして・・・もぐら様はケイバーさんでもあるんですね! これはますます興味深々です・・・

    さてさてまずはコメントの内容からですが・・・

    >危険だけど取り付きができれば宝が、と言うと広島の江田島を思い出します。
    晶洞の紫水晶を狙うも見つけられず、懸垂下降で崖でも探せばもしかしたら見つけられるかな ハハハ とか思ったものですが、この記事を読んで可能性結構あるんじゃないのかと思ってしまいました。

    いやぁ〜鋭いところを突いてきましたね・・・www(>_<)/
    江田島の現在の状況は、普通に入れる所はすべて探されていると思います・・・後はもぐら様がおっしゃっているように、海岸沿いの絶壁や、登山技術が無いとちょっと行けないような場所はまだ残っているようです。 
    今回のコメントは、私たちが以前、同じように思っていた事を、核心を突かれたかに思いとても感心しております。

    ケイバーさんなら、ロープワークもさることながら、かなりの登攀技術もお持ちとお見受けしましたので、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

    実はと言うと、私たちは陸路では行けない場所をカヤックでアプローチかける計画も練っていた所です。でもかなり遠方で時間も作れなくて今のところ未定ですが・・・(笑)

    これから鉱物採集の世界に入られる方は、産地の荒廃や枯渇で、なかなか厳しい時代です。 でもまだまだある所にはあるんですよね!
    でも良い物を採取するなら、やっぱり厳しい産地しか残ってないのが現状です。

    まだまだお若いとお見受けしました・・・鉱物の世界でも新しい産地を是非切り開いてください・・・ご活躍に期待しております。

    所で廃墟やキノコもお好きなんですね! 私も同じなので、お話が合うかも知れませんね!

    はじめてホームページのお名前見たら、「ナガエノスギタケ」の話を真っ先に思い出してしまいました。 とっても面白いですね・・・

    お気に入りに登録させて頂きましたので、これからも拝読させて頂きます。
    こちらこそあらためまして、これからも宜しくお願い致します。





    posted by Lime | 2016/08/16 9:47 PM |
    わわわ。とても丁寧にご返信頂きありがとうございます。

    鉱物、廃墟、キノコに加え、カヤックもされるのですか!
    私も大学時代の部活でシーカヤックとリバーカヤックに出会ってからカヤック大好きです。
    カヤックで人が行けないところに近付いて鉱物探すなんてワクワクしますね。

    話変わりますが、ケイバーと言えども横穴しか入らない人はスキル全然無いんです…笑
    大学入学したての新入生でも入れるくらいですから。
    私は竪穴も入るので少しだけ登攀技術をかじっていますが、ブログをお見受けする限り、確実にLimeさんの方が数段技術力が上だと思います。
    ケイビングのロープワーク、登攀技術はアルパインの技術を過去に取り入れたものなので、ガッツリ登山やクライミングをされている方からしたら古臭く物足りなく感じる部分もあるんじゃないかと思います。

    なので、Limeさんのブログを読むと、鉱物でもクライミングでも、すごいなぁと興味が尽きません。
    これからも更新楽しみにしております。
    posted by もぐら | 2016/08/17 11:01 PM |
    もぐら様

    こんにちわ・・・こちらこそ丁寧なお返事ありがとうございました。
    >私も大学時代の部活でシーカヤックとリバーカヤックに出会ってからカヤック大好きです。
    カヤックで人が行けないところに近付いて鉱物探すなんてワクワクしますね。

    実際に探すのは大変ですが、カヤックに乗っていることがすでに面白いので、十分に満喫できますよ・・・鉱物採れなくても、ビーチコーミングになったりと・・・
    私のブログ記事で「内外海鉱山」は実際にカヤックで絶海の鉱山に訪問してます・・・お時間がある時にでも覗いてみてください!

    >ケイビングのロープワーク、登攀技術はアルパインの技術を過去に取り入れたものなので、ガッツリ登山やクライミングをされている方からしたら古臭く物足りなく感じる部分もあるんじゃないかと思います。

    そんな事はないと思いますよ・・・逆にケイビングは私から見ても特殊な部類だと思います。
    私はクライミングをやっている方は沢山知ってますが、その中にケイバーさんは一人もいませんよ・・・どちらかと言いうと沢登りをされる人の方が多いですかね・・・もう随分と前になりますが、秋芳洞の観光ルートから外れたコースを案内してもらったことが在りましたが・・・めちゃくちゃワクワクした覚えがありました。 漆黒の闇に綺麗な川が流れていたり・・・色々な冒険活動がある中でも特別絵になる風景と思います。 でもゲジゲジやカマドウマが怖い人にはだめかもしれませんね f(^O^;)

    >なので、Limeさんのブログを読むと、鉱物でもクライミングでも、すごいなぁと興味が尽きません。
    これからも更新楽しみにしております。

    こちらこそ・・・とてもいい刺激になっていますよ・・・
    そうそう江田島の情報なんですが、山中でも斜度が厳しかったり、崖の部分は一般のマニアさんでは手出しできてないところが、まだまだあるみたいですよ・・・こういう場所を狙うといいと思います。

    まだまだお若いので、これからもっと活動域を広げてみてください・・・これからも応援しております・・・(^_^)/

    ではでは・・・
    posted by Lime | 2016/08/19 1:31 PM |
    << NEW | TOP | OLD>>