Lime JuiceLimeの活動日記
アウトドア・鉱物採集・鉱山探索・自然観察・廃墟・ガラクタ収集、その他なんでもあります。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
岐阜県洞戸村 「阿部鉱山」の探索 16:24
0

    森の木々が深く色付き、鉱物採集にはもってこいの季節が到来です。

     

    岐阜県の関市にある洞戸村は県内でも有数のスカルン鉱床の産地で、昔はいくつかの金属鉱山がありました・・・

    有名どころは、かつて透輝石の良品が採れる洞戸鉱山(杢助坑)は、鉱物マニアには一度は訪れたい場所でした。 でも最近は小さな物でも中々見つけられなく、ボウズで帰る人も少なくないと聞きます。

     

    その周辺にも、柘榴石の産地や、「梅保木鉱山」や以前ブログ内でも紹介させてもらった「恵比須鉱山」が近くにあります。

    30年ほど前に、この周辺にある「阿部鉱山産」のちょっと変わった柘榴石の標本が市場に流れたことが有りましたが、当時では場所が定かではありませんでした。

    とにかくこのあたりは山の中は無数の試掘坑道が所々にあって、名前も無く・・・記録も無い小規模の鉱山跡も多く点在しています。

    最近になって地元の猟友会に所属している方から、その鉱山の大体の位置がわかったので訪問してみました。

    IMGA0569.JPG

     

    国道256から、林道を上がった場所に、ひっそりと鉱山の神様を祀った祠が目印になります。 ここに車を駐車して向かって右側の谷沿いの荒れた道を進むと、100m程度で谷に道が消えてなくなります。 実際の鉱山まではこの先400mほど先になります。

    この時点で、90%くらいの人が、「やめた!」と断念したくなるような光景が目の前に広がってます。(笑)

    植林された杉の、間伐材が谷に無数に倒れていて歩きにくく、夏場は蛭の巣窟です。 倒れた杉を乗り越えながら、時々見え隠れする獣道程度の山道を探しながら上流に向かいます。

    IMGA0571.JPG

    今の時期は、このようなスギヒラタケが生えた倒木もかなり目にすることができます。

     

    やがて左手に植林がまばらな場所で、上部に大きな岩屋があり、握り拳大の石が無数に落ちている場所が見えてきます。ここが「阿部鉱山」のズリです。

    ズリでは柘榴石や緑色の水晶など、一般的なスカルン鉱物が拾えますが、長年の落ち葉の堆積と土砂の流れ・・・無数に生えた山アジサイが邪魔して、表面採集がしにくい状態になってます。 鉱物採集がメインの方は熊手や小さなスコップを持ってきた方が作業がし易いかもしれません。

    とにかく・・・ズリが北斜面なので、天気が悪いと薄暗い中での採集になりますので、ヘッドランプがあると探しやすいかもしれませんね! それでも、かなり目を凝らさないと見つけにくい場所なので、苦労した割にはいい物が入手しずらいかもしれません。

    因みにこの日は、ズリでの観察のみで・・・坑道は確認できてません。たぶんこの上部にある岩屋周辺に坑道があるか、もしくは埋没している可能性があると思います。

    IMGA0568.JPG

    この写真にあるような林間部を歩いてゆきます。

     

    たまたま出たモコモコのカルサイト結晶が付いた物を1個持ち帰りました。

    IMGA0572.JPG

    杉は間伐や枝払いがしてあり、きちんと管理された植林地みたいですので、むやみに木を切ったり派手なズリの掘り返しは厳禁です。

    歩きにくいので予想以上に時間が掛かりました。 慣れない方は特に時間に余裕を持って入山することをお勧めします。

     

    ではでは・・・ 

    | 鉱山 | comments(10) | - | posted by Lime (ライム)
    Comment








    こんにちは。
    新しい産地に行く時はワクワクしますね。
    今の時期は紅葉もキノコも豊富なので、山の中を歩くだけで楽しいですし。
    洞戸村辺りは洞窟もあったはずなのでいつかその辺を探索してみたいと思う今日この頃です。

    ところで、以前写真のサイズ変更(圧縮)が大変とのコメントをお見受けしたのですが、リサイズツールはお使いでしょうか。
    私はいつも「縮小専用」というツールを使っていて、一括ドラッグ&ドロップで指定サイズに変更した画像を新規フォルダに入れ込んでくれるので便利で重宝しています。
    既にご存知でしたら大変恐縮ですが、色々と縮小ツールを紹介しているサイトがあったので、もしよろしければご参考頂ければ幸いです。
    http://freesoft-100.com/pasokon/reduce-image.html

    尚、縮小専用airというのもありますが、こちらは正直使い難いのでご注意下さい…。
    それでは。
    posted by もぐら | 2016/11/20 4:27 PM |
    もぐら様

    いつもコメントありがとうございます。(^O^)/
    そちらにも度々お邪魔させてもらってますので、またコメント入れさせて頂きますね

    >新しい産地に行く時はワクワクしますね
    いやぁ〜ほんとです。私たちは森に入る事だけでも大好きなので
    今の時期は虫や嫌な吸血動物もいないので快適です。
    それに紅葉や色々なキノコを愛でるにも最高ですよね! これで目的の鉱物が見つかればいう事は無いのですが・・・(笑)

    洞戸方面って洞窟あるんですか? 場所によっては石灰岩でカルストぽいところが美山町方面にありますが、私は聞いた事は無かったですね! 案外、いままで名も無き鉱山の坑道と思ってた場所が、天然の洞窟だったりして・・・と思わず思いにふけりました。

    リサイズツールの件・・・めちゃくちゃ便利な物があるんですね!パソコンがそんなに得意ではないので、大いに参考になりましたよ・・・(嬉涙)ありがとうございました。

    いままで、リサイズまでは出来てましたが、1画像づつ開き、リサイズ、保存と言うように単発で作業をしてました結果・・・無駄な時間と手間がかかって、とってもストレスが倍増してました(>_<;)
    早速、ダウンロードしてみたら、一括でリサイズ変換が出来るのがとってもストレスレスでいいですね! それも無料で・・・今までの時間を返して欲しいです。 
    十分に参考になって・・・いいツールを教えて頂きホントありがとうございました。

    こういう時に、ブロ友さんや、ブログのコメントのありがたみが実感できますね! いやぁ〜よかったです!!

    気になる記事もありましたので・・・
    またそちらにもお邪魔致しますね!

    ではでは・・・
    posted by Lime | 2016/11/21 3:53 PM |
    私も杢助坑でボウズだった一人です!(笑)
    蛭を避けた時期に行ったら、落ち葉だらけでどこを探せばよいのか途方に暮れました(^^;)
    熊退治を猟師に依頼していたということは、今も危ない場所なのでしょうか?
    それにしても、地元の人でも知らない場所をよく見つけられますね!さすがLimeさん!

    忙しい中ブログのアップありがとうございます。無理はしないでくださいね〜
    posted by MORI | 2016/11/22 9:14 AM |
    MORI様

    いつもコメントありがとうございます (^O^)/

    秋のズリでの採集は、ある意味落ち葉との闘いですね! 待ち切れず落ち葉が落ち始める・・・ちょっと暖かい季節に行くと・・・蛭にやられますね! 落ち切ってしまうとこの落ち葉が邪魔して探しにくいです。 フィールドを体験している方の悩みですよね

    杢助坑道の場所は、日が当たる時間が限られており、薄暗い斜面で探すのは目が疲れます。 以前ですが、ズリを熊手で掻いていた人も見かけましたが、泥だらけになるだけで、あまり効果が無かったみたいでした。 ヘッドランプが効果的かも知れませんよ・・・

    >熊退治を猟師に依頼していたということは、今も危ない場所なのでしょうか?

    今は定かではありませんが、獣道は鹿の足跡だらけでした・・・熊の足跡は確認してませんが、注意していた方がいい季節ですね!

    >それにしても、地元の人でも知らない場所をよく見つけられますね!さすがLimeさん!

    ありがとうございます (^_^)/
    こんなことばっかり長い事やっていると何となく怪しいという感が働くのでしょうか? あとは・・・とにかく行ける所まで行ってみる事は、見つける確率を上げる一番の方法なのかも知れませんよ・・・
    でも無理は禁物ですが・・・

    しかーし鉱物採集としては中々、良品ににたどり着けてませんが・・・

    ではでは・・・

    posted by Lime | 2016/11/22 11:40 PM |
    自然蒼鉛が獲られますね。阿部洞旧坑
    阿部洞旧坑と入力すればどんな感じのものか出てくると思います。
    posted by masahikochang | 2016/11/24 5:11 PM |
    masahikochang様

    こんにちは・・・これまたコメントありがとうございます。
    いつもならメールでコメント投稿通知があるのですが、なぜかこれを見落としてまして、返信遅れました事お詫び申し上げます。
    阿部鉱山の情報ありがとうございました。
    しかし、よく調べれれていますよね!! 感心してしまいまた・・・

    ここは阿部の部落周辺にスカルンの露頭が発見されて、そこから採掘が進んだようですが、鉱山の稼働としては、あまりいい物が出なかったと聞きました。

    もし探索されたいのなら、行き方や場所を連絡しましょうか?

    ではでは・・・
    posted by Lime | 2016/11/27 11:51 AM |
    返信ありがとうございます。連れ合いがたどりついているので大丈夫です。
    現地の方々とも仲が良いのでいろんな話はあります。
    恵比寿鉱山は探索したい思いはあります(笑)
    posted by masahikochang | 2016/11/30 2:46 PM |
    masahikochang様

    お返事どうも有難うございます(^_^)/

    お仲間の方がたどり着いていいらっしゃるなら、それは心強いですね! 余計な気をまわしまして、すみませんでした。

    >現地の方々とも仲が良いのでいろんな話はあります。

    私たちは、ここにたどり着くまでに、何人もの方(農作業している方や阿部の部落周辺で・・・)実際に訪問して聞き取りをしましたが、私たちはご存じの方にはたどり着けませんでした。
    さすがですね、その「色んな話し」と言うのが興味がありますので、ぜひ教えて頂きたいと思いました・・・
    長くなってもいいので、ここに書き込んでいただいても結構ですよ・・・(笑)

    >恵比寿鉱山は探索したい思いはあります(笑)

    変換間違いだと思うのですが、ここは・・こっちの「恵比須」だと思いますが・・・(笑)
    ここもなぜか、正確な場所を知っている地元の方には巡り合えてませんでした。 なので予想した場所を何回かに分けて探索しましたが、とにかく危険な沢を登るので、沢登り程度のスキルやロープワークは必要でした。

    マニアに荒らされていない大きなズリは圧巻ですよ・・・でもズリがデカすぎて、鉱物採集としては、未だまともに探索ができてないのが反省点ですが・・・(笑)

    洞戸周辺は他にも名前がついてないような小さな鉱山が沢山ありますので、これからも少しずつ時間をかけて周辺の調査をしてみようかと思います。

    ではでは・・・
    posted by Lime | 2016/12/01 9:51 AM |
    なるほどやっぱり険しいところなんですね。
    我が家にはあそこの異極鉱がありますが、他で見ない形状なんで良いなあと思っていたんです。
    洞戸周辺は古い資料におおよその位置の入ったものありますね。
    いつかどこかでお会いするかもしれません(笑)
    posted by masahikochang | 2016/12/05 2:10 PM |
    masahikochang様
    いつもコメントありがとうございます。

    異極鉱ですか! それはいいですね!(^O^)/
    実はこの産地のズリが広すぎて、探索が不十分なのではっきりとした事が言えないのが申し訳ないのですが、いまのところ私は確認してませんね! こんど行くとしたら気を付けてみてくるようにします。 5月の下旬に行こうとしたらすでに蛭が動き始めていて、途中で退散しました(笑)

    >洞戸周辺は古い資料におおよその位置の入ったものありますね。
    そうですね!同じかどうか解りませんが、詳細な物と有名どころしか記載していない物を見た事がありますよ・・・

    以前私の知っている学校の先生が、洞戸の小学校にいまして、そこに古い写真と大小の鉱山を記入した地図を見せてもらった事がありました。
    それを2万5千の地図に写させてもらいましたが、しばらくして・・・その地図は探索中にどこかに落としてきた苦い思い出があります。

    東洞方面は緑水晶の件でだいぶ荒れてしまいましたね!
    こちらこそ・・・どこかでお会いできましたら、その際は宜しくお願い致します。

    ではでは・・・

    posted by Lime | 2016/12/05 10:47 PM |
    << NEW | TOP | OLD>>