Lime JuiceLimeの活動日記
アウトドア・鉱物採集・鉱山探索・自然観察・廃墟・ガラクタ収集、その他なんでもあります。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
点画が売れた・・・ 22:44
0

    息子が鉱物以外の趣味で書いている点画・・・点々で書いている絵の事

    以前の記事はこちら・・・http://limejuice.jugem.jp/?page=3&cid=6

     

    息子が通っている美容室・・・美容師さんはとても気さくな方で、お店もとても綺麗なところ・・・

    IMGP1478.JPG

    全体的に木を使った室内、私や息子好みの内装でとても素敵なお店です。

    ひょんなことから、息子の書いた絵を置かせて頂くことになりまして・・・そうして何日かたった頃、この美容室に訪れた女性の方から、絵のオーダーがありました。

    IMGP1476.JPG

    以前に書いた絵は正面に飾ってある物「エンセファラルトス・ホリダス」というアフリカのソテツ

    息子は別にプロでもないのですが、その方から「バラ」の絵を描いてほしいというオーダーであった。

     

    バラと言っても色々な品種や色や咲き方があるので、選ぶのはかなり迷ったと聞いてます。

    ネットや図鑑にあるものを写しても面白くないので、参考にして後は想像で描いたと言っていました。

    IMGP1475.JPG

    濃淡を出すため、いろんな色を点で入れていきます。 あとは脳が勝手に立体視するというもの・・・

    別に特別なペンを使っているものではありません。

    IMGP1480.JPG

    額装してお店(美容室)に飾ってもらいました。

    IMGP1479.JPG

    どこのどなたとは聞いてませんが、ちょっとした寸志を頂きました。ありがとうございました。

    息子は今も何か書いているみたいです、仕上がったらまたブログ内で紹介させてもらいますね・・・

     

    ではでは・・・

     

     

    | その他 | comments(4) | - | posted by Lime (ライム)
    鉱物標本棚 00:01
    0

      休日が雨に祟られている・・・

      これから二十四節季の小雪までは、偏西風の影響で大体1週間ごとに同じ天気が繰り返される、やがて朝霜が濃くなり、雨が雪に代わる頃、本当の冬が始まる・・・今年は黒潮の蛇行の影響で、冬の雪が多いと予想されているので、そうなれば鉱物採集はできない。

       

      ちょっと以前の記事をまとめました。

      親父の建築関係の仕事で、現場から出てきた昭和の時代に作られ古い棚

      決して大きくはないけれど、最近はこういうものが入手しづらくなってきた。 ホームセンターに行けばブラスチックで作られた味気のいない物はたくさん売られているが、部屋においても何かマッチングに乏しい感じになってしまう。

       

      ある人に、「鉱物の整理棚持っている?」と聞いたら、無いとのこと・・・「それでは適当な棚が入ったので作るよ・・・」と行ったのが夏まえの話・・・

      夏は暑いので採集はお休み中に、ボチボチとレストアを開始しました。

      IMGA0044.JPG

      とにかく塗装も禿げて、ボロボロ・・・引き出しの底板も割れてしまっていました。

      IMGA0046.JPG

      引き出しの引き手も、ガタガタの状態

      IMGA0049.JPG

      磁器でできた物、とても味がある物でしたが、再利用は不可で、これは取り外しました。

      IMGA0047.JPG

      本体も引き出しもすべてペーパーがけして、古い塗装を落としてゆきます。

      これが結構大変な作業

      IMGA0048.JPG

      引き出しのガイドも割れてしまっているものも数か所あり、細木を使って修正

      IMGA0050.JPG

      引き出しには、標本を分別して収納できるように、格子を入れるようにしました。

      IMGA0051.JPG

      アガチス材で組み木できるように、丸のこ盤でスリットを入れてゆきます。

      IMGA0052.JPG

      ある程度、仮組みしてガタを調整したら、次は塗装します。

      IMGA0053.JPG

      マホガニー色のステインを使って着色

      IMGA0054.JPG

      これを組み付けるとこんな感じになります。

      この作業を全部の引き出しに用います。

      IMGA0086.JPG

      そして次は本体の塗装を行います。

      ちょっと濃いめのオーク材の色のステインで塗装しました。

      IMGA0087.JPG

      引き出しと、本体の塗装が乾くまでに・・・今度は引き手を作ります。

      材料は15mmの真鍮材を使って作成します。

      IMGA0088.JPG

      小型旋盤を使って、数物を一気に仕上げてゆきます。

      IMGA0089.JPG

      ねじ穴の作りこみと、「突っ切り」と言われる方法で、真鍮の丸棒から駒取りをしてゆきます。

      IMGA0090.JPG

      穴をあけたら必要な長さに突っ切ります。

      IMGA0091.JPG

      このような作業を引き出しの数だけこなします。

      IMGA0092.JPG

      最後まで突っ切ると、作った物が飛んで、傷が付くので、あえて”へそ残し”で切り取ったら、手でポキッと折って外してゆきます。

      IMGA0093.JPG

      裏側には穴があいてます。

      ここに取付用のネジを切って完成です。

      IMGA0094.JPG

      再び、旋盤にセットして、残したヘソと面取り(C面)を行います。左が仕上げ品

      C面をつけると、やっとツマミらしくなってきました。

      IMGA0096.JPG

      旋盤ではこのように作業してます。 これから面取りです。

      IMGA0095.JPG

      後は、時間と暇にまかせて、引き出しのなかに入れる小箱を作ります。

      相当数の箱を作るので、テンプレートを作って一気に作りますが、箱作りはすべて手作業なので、

      好きな映画を見ながらコツコツと仕上げてゆきます。

      IMGA0163.JPG

      これが一番小さな箱、その他大きさが大きいものが2種類ほどあります。

      IMGA0167.JPG

      こちらは大きなサイズ・・・取ってきた標本によっては大きなものもあると思い、特大サイズも組み入れました。

      IMGA0165.JPG

      大きさは大中、小とありある程度の標本の大きさにも対応できるように工夫しています。

      IMGA0164.JPG

      組み木された中に、紙製の箱をセットします。

      標本ラベルを立てれるように、箱の瀬の部分は少し高くしてあります。

      IMGA0162.JPG

      納品前に写真を取りました。 

      採集してきた標本は、特別な一品はたぶん特等席に飾られると思います。 

      ちょっと捨ててしまうのが惜しいような2級品や小さなものは、この棚の箱の中にいれておくと、標本を石友さんにプレゼントする時にも、この中から選んで取り出せます。

      そんな風に使っていただけると嬉しく思います。

      さて・・・明日は納品です。

       

      ではでは・・・

       

       

       

       

       

       

       

      | DIY | comments(11) | - | posted by Lime (ライム)
      斜め上を行く・・・ 16:31
      0

        今年は遅くまで、暑さが残った10月であった・・・

        暑い暑いと思っていたら、雨が降って突然気温が下がってびっくりするほど涼しくなった。

         

        稲刈りの終わった田んぼはすっかりさびしくなって、夏の若青のイネの葉が夏風に撫でられる風景も懐かしく思える。

        散歩で行きかう、堤防道路の草花もこれから寒くなるごとにだんだんと葉を落として季節は冬に向かってゆく。

         

        今年の夏に道路で遭遇した自動車

        あまりの「斜め上の」仕様に驚いて、思わずデジカメで写真を撮ってしまった。

        軽車両のワンボックスタイプで、後ろの荷台部分がオープンタイプになっているタイプで、車種まで調べる興味は無い。

        その後も何度か同じ時間に遭遇するようになっていたので、ちょっとした観察が楽しみになったいた。

        私は途中で道をそれてしまうので、運転手とは全く面識がないが、今でも、もしコンビニなどで会ったらぜひ声をかけてみたい気持ちで一杯です。

         

        植物の外観から推測するに、たぶんゴーヤだど思われる。 まだ暑い時期は遠目に花と思われるものは確認できたけれど、実がなっていたのは見たことなかった。

        道路交通法上にも問題がないように、後部ウィンドウー部分には植物がかからないように、ツルを這わせているところにも、オーナーのこだわりが感じられて素晴らしいと思ってます。

         

        とにかく揺れるので、実をつけたとしても、振動や搖動によって落ちてしまう可能性もあるかもしれませんね!

        「これで排出するCO2はどの程度減らせれるのか?」そんな興ざめするような事は私は聞きたくないと思っている。

         

        ここからは私も妄想と偏見なになるが、後部座席には小型冷蔵庫が積まれていて、そこに木綿豆腐と豚肉と卵が入っていると思う

        同時に小型コンロと中華鍋も積まれているので、昼時に遭遇すれば美味しいチャンプルをごちそうになれるかもしれないと思い、いつも眺めていた・・・(笑)

         

        それからしばらくして、私の時間が合わず・・・再び遭遇した時にはこのような状態になっていました。

        やはり夏の植物、もう時期的に無理なんでしょうね!

        育てているオーナー様も、植物たちもお疲れ様でした・・・(^O^)/

        私なりに楽しませてもらいました。 感謝です・・・

         

        この記事に関する写真は、オーナー様の承諾は得ておりませんので、もし何かある場合(削除など)はコメントいただけると幸いです。

         

        ではでは・・・

        | 植物 | comments(4) | - | posted by Lime (ライム)
        | 1/48 | >>