Lime JuiceLimeの活動日記
アウトドア・鉱物採集・鉱山探索・自然観察・廃墟・ガラクタ収集、その他なんでもあります。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
夏の訪問者 01:37
0

    先週の大雨はもうそんな気配すら感じさせぬ・・・晴れあがった空!!

    眩しいくらいの太陽が、日本列島をじりじり焼いています。

    今日の気温は37℃の体温越えに突入・・・採集当日も36℃代をキープしてました。

     

    そんな夏の暑さにも負けず・・・、元気な学生さん達と鉱物採集に行きました。

    私のブログを見てコメントをくれたのがまじまり・・・お二人は京都にある「京都造形芸術大学」の4回生の学生さん達

    私から言えば、ちょうど自分の娘のようなお年の、若さあふれる学生さん

    こんな・・・しがないおじさんのやっているブログに、コメントを入れてくれた勇気と度胸に内心驚きながらも、若い方にお手伝いできる喜びを感じさせて頂いた一日であった。

     

    「採掘=マイニング」というコンセプトで・・・卒制(卒業制作)を完成させたい。 

    卒業制作や卒業論文・・・大学を卒業する際、最後の締めになるテーマで研究や制作を完遂する事・・・テーマ選定から含めかなりの苦労があるひと仕事なのだ・・・

     

    「鉱山のあった場所に行って何か採ってみたい・・・」そんな漠然とした内容からも解かるように、鉱物採集については全くの初心者さん達、数回のメールのやり取りにて岐阜県にあった銅鉱山に行く事になった。

    あと数か所候補があったのだが、他の候補にあがった産地は今の時期ヤマビルの巣窟・・・初めてなのにそんな過酷な環境に放り込むスパルタでは、折角の鉱物採集の面白さは解かってもらえない、なのでアクセス含め色々と検討した結果、この産地になった。

     

    当日、道路沿いにある蕎麦屋で早めの昼食を取る・・・国土沿いから旧鉱山部落であった限界集落に向かって車を走らせる。

    素晴らしく晴れ上がった空は、山の木々の緑を濃くする・・・コントラストは最高!

     

    到着すると最初の難関・・・渡河がある・・・先日の大雨での川の増水を心配していたが、多少水は多かったが渡れない深さでは無かったので良かった!!

    とにかく行動力あって、渡河も難なくこなし跡地にあるズリに早々に取り付けれた。

    とにかく、炎天下のズリは暑い! これに変わる言葉は見つけられない

    二次鉱物の緑色に鉱染した物を手に取り、早速写真で記録するNさん・・・果敢に灼熱のズリを歩きまわって目的の物を集めていました。

    スレンダーでちょっと小柄なお二人・・・その体系からは想像できないパワーを秘めています。

    Nさんの自己紹介・・・「京造ねぶた」で学長賞を取られた3人のリーダーのうちのお1人です。

     

    とにかく下の写真をご覧ください・・・芸術を志す方は考える事が違う・・・「重力」をテーマにこういうものが出来上がってしまうんですね。なんとも美しい・・・ ただ単に「重力」という言葉だけでなく、そこからブレイン・ストーミングでひねり出した・・・この「ブラジャーねぶた」が完成したらしいのですが、私のような理系頭では思いもやらない事なのだ!! これを見た時は自らの想像力の乏しさを痛感し驚きを隠しきれなかった。

    しかもこれってかなり大きいのです。

    左側がNさん(中川明衣さん)

    詳細なページをご覧なりたい方は、以下のリンクに飛んでください。

    http://www.kyotodekuraso.com/t/279

    裏話:実はこの記事、数年前に何かで見つけて読んだ事がありました。 凄い物を作る学生さんがいるなぁ〜と感心していたら、今度はその数年後の今・・・記事の中の方と会えるとは・・・ちょっとびっくりで不思議な感覚でした。

    これは偶然?もしくは必然だった?

    さてさて、このダメージ・ジーンズで参加のYさんは、同じ造形芸術大学に通うNさんのお友達

    今回はNさんが一人で参加は危険という事で・・・(笑) ある意味ボディーガード役で参加してくれました・・・(笑)

    なぜか?私が渡したルーペで観察して感動してましたね・・・ここでの斑銅鉱(トカゲ箔)は貴重です。

    Nさん曰く、創作料理がめちゃ上手だそうです。 実際に学校でも創作料理をテーマに制作物を作り上げて高評価を得たそうです・・・私の話した「小学校の科学クラブの授業:液体窒素でアイスクリーム」に食いついてくれました。

    私も料理は芸術の一つと思っています。・・・特に日本食は目でも食べるというくらいなので・・・そんな芸大生が作る創作料理って、想像するだけで美味しそうですよね・・・

    http://limejuice.jugem.jp/?eid=41

     

    今回の当事者であるNさん・・・学校の課題で「砂鉄から釣り針を作る」というこれまた難題を克服した人物

    私も聞いた時めちゃくちゃ驚きました。

    鉄づくりは世の大人でも経験や知識が無ければ、これまた難解な冶金技術の筆頭なので、たたら製鉄なんかもよく勉強されていました。 最近の芸大生はいい意味でヤバイです。

     

    ここで採集される銅鉱石は、黄銅鉱(CuFeS2)です・・・長年の風化作用で表面は焦げ茶色に変色していますが、手に取った時その重さに驚くはずです。

    なので、色と重さで見つけてもらいました。

    そして、持ってきたハンマーで叩いて割って、断面の美しさや・・・硫黄化合物特有のイオウ臭さも体験してもらいました。

    日差がもっとも高い所に登って、ズリの表面温度もじわじわ上がり始めます。 軍手をしていないと、鉱石は熱を吸収して素手では持てない温度になっていました。

    染み出る汗に、イチモンジチョウが汗からミネラルを吸いに採集者の周り飛び始めた頃、今日の採集は約2時間程度で終了です。

    これ以上は熱中症の危険もあります。

    さて自分達で採集した銅の鉱石・・・これからどういう風に一つの芸術として形になって行くか私はとても楽しみです。

    帰宅してからも私の興味は尽きませんでした・・・

     

    一つの物にこだわるばかりでなく、こうやって自ら五感を活用、さまざまな目線で見て実体験を積んで得られた経験は、将来新たな道を開く時の鍵になる事は間違いないでしょうね・・・困った時、何かに行き詰った時にその経験は知識の鍵となり、時には逃げ道のバックドアの扉をあける鍵に・・・そして次の世界への扉をあける為の鍵になる事は間違いないでしょうね


     

    これからの新しい社会の変革に携わる若者たちに、少しでもお手伝いできる事が出来て良かったと思いました。

     

    ではでは・・・

     

     

    | 鉱物採集 | comments(2) | - | posted by Lime (ライム)
    夏の植物たち・・・ 11:46
    0

      ※ 2018.07.05 一部文章の修正

      台風は大した被害をもたらさなかったですが、前線の影響で降った雨では、河川の増水が起こっている所もあるようです。

      また明日からは、梅雨前線が活発になるようで、全国的に強い雨が予想されているようです。

      雨がやんでも、土日に好物採集に行く予定がある方は、増水した河川には極力気を付けたいものです。

       

      夏は暑くて採集は大変ですが、私が育てている植物たちはこの時を持っています。

      まず・・・日本の反対側に近いアフリカのソマリア地方が産地と言われていて、分類はミルラノキ属に属するコーデックス

      その名は、「Commiphora sp. Somalial,Eyl;コミフォラ.SP ソマリアル,エイル」分類上はコミフォラ科なのですが、実は詳細がよくわかっていないんです・・・なので学名にも未だに「sp.」がついてしまっています・・・苦笑

      昔は、学名の語尾に付く「ソマリアル・エイル」という名前もついていましたが、最近ではあまり使われないようですね。

      素性や栽培方法がよくわかっていない割に、最近は流通経路に乗る事が多く、ネットなどでは販売される事がありますが、比較的高価な部類のコーデックスになります。

       

      日本の植物には見当たらない結節状のボコボコとした特徴的な枝をして、横に広がるように育ちます。

      ちょうど現地での雨期に当たる頃に、そのグロテスクな枝からは想像できない、三つ葉アケビの葉のような、かわいらしい葉っぱがいっぱい茂ってくる姿は圧巻です。 

      流通があっても、一般的に名前が通っている多肉植物やコーデックスに比べるとまだまだ高価な方です。 

      そして、極度に乾燥した場所に育っているせいか、栽培方法にちょっとクセがあり、管理を誤ると枯らす可能性が高いので管理にはちょっと気配りが必要になってくる個体ですね・・・

      なにせ高価なのと、管理方法が手さぐり状態なので、このような植物に関して全くの初心者の方は、ちょっと手を出さない方がいいかのしれません。

      もし可能であれば・・・市場での流通量が多く、植物の状態も選びやすい同属の「コミフォラ・カタフ」などで通年の管理方法のコツをつかんで、3年以上維持ができるようにスキルを上げてから購入する方が無難だと思います。

       

      このエイルは、年間の降水量が150mmそこそこの乾燥地帯に育っているせいか、特に水やりには気を付けた方がいいです。

      調子が悪いと、夏になってもこのように沢山の葉っぱが出なくなってしまいます。 根は細く弱いので樹体を不用意に動かすのも厳禁なので、鉢や用土を検討することが必要ですね・・・

       

      ちょうど初夏の日差しが出る頃、なるべく朝から夕方まで陽が当たる場所で管理をした方が調子がいいみたいです。 葉が出そろったら夜露に当てるのも調子が出てくるような感じがしました。 しかし葉が出そろわない状態での長雨や頻繁な水やりは、根腐れを誘発するので気を付けた方がいいです。(水やり・・・これが一番難しい・・・)

      比較的夏の暑さには耐えれますが寒さには特に弱く、冬場に霜が降りるよう地域・・・東北や日本海側にあたる地域では温室などで18度を切らないように管理した方がいいと思います。 冬場は葉は無くなってしまいますが、それでもボコボコとした枝によく見ると葉緑素がありますので、この部分で光合成をして生きていると考えられていますので・・・

      なので、冬場でもできるだけ日光に長く当てれる場所に置き管理した方が調子がいいみたいです。 冬場でも天気のいい日には100cc程度の水を3週間に1度だけあげるようにしています。 

      梅雨時は空中湿度が高いので、水やりは控えめにして、室内でも扇風機などでよく風に当てて、朝方や夕方に霧吹きをかけると調子がいいです。

      日光によく当てると、かわいい葉っぱに繊毛状の細かな毛が出来て、ビロード状に輝きます。 オペルクリカリアのようにクチクラ層が発達して、ピカピカにはなりませんが、独特な幹と細かい葉が茂る様子は、短い間ですが楽しめれること間違いありません。

       

      さてさて次は蘭の紹介です

      花が咲いているのに確認を忘れてしまい、急いで写真を撮影しています。

      その蘭の名前は「クスクスラン」原産は沖縄方面です。 株が充実しないと中々花を付けてくれないので、株が小さなうちはほぼ観葉植物状態が続きます・・・

      直射日光はダメですが、木漏れ日からの日差しにはきちんと当てないと、これまた花が咲かなかったり葉が貧弱になってしまうので育てる環境にもちょっと気を配る必要があります。

      この蘭は先程のコミフォラとは正反対の高い空中湿度を欲しがります。

      なので私の栽培している場所は、メダカがいるスイレン鉢が3個並べてある上の木の枝に吊り下げてあります。

      この蘭も中々流通量が少ないので、葉が数枚ついた小さな物でも結構高価な値段で売られていますが

      なぜか流通量が少ないので、欲しい人は見つけたら買っておいた方がいいですね・・・

      日本の風蘭とは違って、ちょっと南国風の花が魅力な蘭でした。

       

      ではでは・・・

      | 植物 | comments(2) | - | posted by Lime (ライム)
      クセのあるヤツ 晶癖 10:19
      0

        梅雨だ!!ということで・・・雨が降れば採集はお休み・・・

        なに!? この採集に適した気温は・・・という日もありましたが、このところ気温も湿度も上がって日本の梅雨らしくなりました。

         

        まるで変温動物なみな温度感受性を持っているのか? 真夏の採集は避けたい・・・とにかく日本の暑さは苦手だけれど・・・それでも夏は好きです。

        でも暑くなったら基本採集はお休み・・・行くとしてもなるべく水際で楽しめれるような場所がうれしいです。

         

        なので・・・涼しく採集できるような

        渓流のポッドホールに手を突っ込んでの、トパーズや水晶のタンブル探しできる所なんかがあればどなたか誘ってください。

        おやつのスイカくらいは持っていきます・・・(笑)

         

        唐突ですが・・・クセのある人は面白い! 嫌味な言い方じゃなくて!こだわりや個性的な生き方している方は、ホント魅力たっぷりです。

        それは性別年齢に関係なく言えると思います。 

        幸か不幸か・・・私の周りにもそんな刺激的な人が沢山います。

        なので良くも悪くも影響を受けますが、大事なことは、流されてまねにならない事・・・他人から見てただの人マネしているだけになってしまうので注意が必要です。こういう人よくいます。 

        それではその人が持っている折角の個性が隠れてしまい、それ以上に残念な結果になってしまいます。 まぁ・・・あえて個性的になる必要もないんでいいのですが・・・

         

        先日も手作りでルアーや毛バリ(その方はフライと言ってました・・・)を自分で作っている方とお話しする機会がありました。

        訪問した自宅には、下から見れるようになったアクリルの浅い水槽が置かれていて、その下にカメラが取り付けてあって、いわば魚目線で自作したジグ(そう言うらしい?)を泳がせたりして確認できるようになっていました。

        水槽は少し勾配が設けてあり、流れが出る作りになっていたのも驚きでした。 水はオーバーフローして末端で下に落ちるのですが下の水槽から再び汲み上げられてエンドレスで流れが出る作りはちょっとしたオブジェのような感じがして、いつまでも見ていれました。

        ちょうどその時は、アラスカなどの雪解け水を再現する為に、水に絵の具で青白く着色して、製作したルアーが魚にどのように見えているか確認しているところでした。 まさにそこまでやるのか!!という感じです。

        私が携わったのは、絵の具を使って、ホワイトウォーターの水の色を再現することでした・・・バケツを借りて持っていった水彩絵の具を使って再現しました。

         

        ほんとただの趣味人なんですがそこまでヤルか!を地で行ってます。 さらに部屋の中には毛バリ用の「マテリアル」と呼ばれる色とりどりの鳥の羽(本物の死鳥した鳥の羽部分を骨ごと根元から切った物)が沢山あって、ウンダーカンマーの珍奇博物館さながらの風景にちょっと驚きと何とも言えない興味深さががありました。これは毛バリを巻くときに使う素材だそうです。

        私はルアーや毛バリよりも、そちらの方に興味を抱いてしまいました。

        その中には特別にガラスケースに収められている、まるで色とりどりの金糸や銀糸で刺繍されたの如くの、メタリックの色彩を放つ鳥の羽がありました。私の見立てではケツァールか何かだと思いますが・・・怖くてあえて聞きませんでした。

        とにかく方側の羽根だけで何十万円もの価値がある、エクアドル産の鳥の羽もあってもうとにかく興味が尽きませんでした。

         

        話の中、お茶を入れてくれた、その方の御嬢さんの耳にぶら下がっていたピアスも、小さなトラウトをかたどったその方の手作り品のルアーに、これまた驚いてしまいました。まるで本物の小魚がぶら下がっているようにしか見えなかったから・・・

        にっこり笑って言い放った・・・娘さん「お父さんは極端なこだわり癖がある」との一言が何ともほほえましく思えました。

         

        前置きはさておき、癖といえば結晶にも独特な癖があります。

        たとえ同じ結晶構造や結晶面を持っていても、その環境での異方性によって晶癖の異なった結晶が生成成長することがあります。

        晶相が異なる事は別として、それは生まれてきた場所の記憶であり、その複雑な産状を示す履歴のようなものであるのかもしれません。

         

        トパーズ一つにとっても、マクロで見た産地は一緒であっても、ミクロで見た場合のできたガマの場所、一つ向こうに山を越えるだけで採集できる物が変わったりします。

         

        これは・・・中津川周辺で採取したトパーズの一部 個性的な結晶から・・・

        細身で条線がはっきりした物、ずんぐりして透明度がとても高い物、蝕像が強い物など

        これでも結晶は斜方晶形なんです。

        同じ斜方晶形でも頭が出来ていない物もあったりと、この子がどういう環境に育ったのかその個性がどう出るのかが、

        この鉱物採集の面白い所だと思います。

         

        これでも立派な斜方晶形の結晶です。大きいとなかなか透明度が出ませんね!

        条線が判り易く、夕日にかざして写真を撮影しました。

        ここまで来ると結晶の晶癖がよくわかります。 

        この自由度が高い結晶が育った環境は、熱水中の中に浮かぶように成長していたでしょう!

         

        鉱物の晶癖は鉱物の個性です。 これまた、そんな変わり物を見て採集者は一喜一憂するわけです。 

        物や情報があふれる中、どうしてもはやりのトレンドに流されやすくなります。 採ってきたいろんな形状の結晶を見て、今一歩立ち止まり自分自身の癖を際立たせることから始まるのかも?と思う今日この頃です。 

        私も少しでも個性ある人を目指したいと日々思っています。

         

        ではでは・・・

         

        | その他 | comments(6) | - | posted by Lime (ライム)
        << | 2/67 | >>