Lime JuiceLimeの活動日記
アウトドア・鉱物採集・鉱山探索・自然観察・廃墟・ガラクタ収集、その他なんでもあります。

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
多肉植物の本 新刊「CAUDEX」 10:47
0

    東北地方や北海道方面はこの所、降雪もあり寒い日が続いています。 太平洋側は乾燥が続き・・・ぼちぼちインフルエンザの流行のニュースも聞くようになってきました。 うがいや手洗いは大切ですが、室内の湿度を上げる事もポイントみたいです。

     

    昨日、探している本を見つけるために、ふと本屋に立ち寄りました。 ちょっと訳があってギリシャ語の辞書を探しています。

    そして・・・

    いつものように、流行ものガジェットのモノマガジンやカメラ系・登山系の雑誌・・・そして車やオートバイの雑誌コーナーを見てから産業や科学雑誌のコーナーで時間を費やし・・・興味が無いアイドル誌や韓流タレントの雑誌コーナーは見事に素通りして・・・”なんのためらいも無く”小汚い作業服姿で女性誌のコーナーへ乱入!・・・和楽やインテリア関係の雑誌を立ち読みしてから、ガーデニング&植物系の雑誌コーナーで、山野草や盆栽の雑誌を物色していると、なんとこんなピンポイントの本を見つけてしまいました。

    IMGA0592.JPG

    残り2冊だったので、大人買いで2冊とも購入しました。

    多肉植物のコーデックス(根塊植物)は、その独特な風貌と個性的な生育状態でマニアのコレクション心をくすぐります。

    我が家にも沢山の植物がありますが、古木の盆栽を見ているようなその姿はとても素晴らしく思います。

    初めて見るとちょっと気持ち悪いような感じを受けますが、その形や姿こそが自生地のその過酷な特殊環境で生きるが上での進化なれの果てです。 年に数mm程度しか成長しない物もあり、10センチ程度の植物体でも優に100年以上の年齢を得た物も存在しています。

    IMGA0594.JPG

    この本のいい所は、なかなかショップでも見る事が出来ない珍しいコーデックス類が網羅されており・・・面白い所が大凡の流通価格までが記載されています。

    最近はワシントン条約の影響もあり、輸入ができない物も増えてきました、お金持ちの方は投機目的にコレクションされる方も増えてきているようで、ある品種は流通量の少なさもあって、1鉢50万円を超えるまで存在します。

    でも生き物なので、育て方を間違えれば枯らしてしまう危険がひじょうに高いです。 とくに日本では自生地とは真逆の環境であり、しかも高温多湿の夏や、雪が降ったりと・・・この植物達にとっては自らの自生地よりも厳しい環境で暮らすことになります。

     

    この本は、ただの図鑑的な位置づけでは無く、植物と暮らすための、とてもおしゃれなインテリア的な写真も多く掲載されているので、インテリアに興味がある方でも十分に楽しめる内容です。

    「発刊数が少ないですよ・・・」と書店の店員が言ってましたので、興味ある方はお早めに入手されるのがお勧めです。

     

    ではでは・・・

     

    | 買い物 | comments(4) | - | posted by Lime (ライム)
    << | 2/4 | >>